フードアナリストになりたい!資格を取得する方法

LIFESTYLE

現代の日本には、さまざまな種類の資格が多くあります。
そのなかで「フードアナリスト」という資格を知っていますか?
人々の健康のサポートをする、フードアナリストの資格を習得する方法をご紹介します。

フードアナリストってなに?

出典:www.foodanalyst.jp

フードアナリストとは、“食に関する専門家”として「食や食空間の評価・分析」を行うための資格です。
社団法人の「日本フードアナリスト協会」が認定している、民間資格を取得することができます。

食に関する専門的な知識から、応用的な知識までを学び、食の魅力、感動を知ることができ、今まで知らなかった食に関する知識を身につけるだけではなく、食に関する職業や食のあらゆるシーンで活躍できます!

フードアナリストの資格を取得したら、どんな職業に活かせるの?

出典:cdn2.mynvwm.com

フードアナリストの資格を取得すれば、“食”を通じてさまざまな世界が広がります!

食生活のアドバイザーやプロデュース、講師としてや、飲食コンサルタント、食の商品開発担当、マーケティング部門など、食に関連する分野で幅広く活躍することができます。

また、そのような自身の活動経歴やコラムをサイト上に公開させることにより、活躍の場を広げることができ、フリーのフードアナリストとしての活躍も期待できます。

フードアナリストの資格を取得するためには?

出典:googirl.jp

受験資格の18歳以上を満たしていれば、誰でもフードアナリストの資格を取得することができます。

まずは4級から取得し、3級、2級、1級へとステップアップしていきましょう。
食文化に興味のある方なら、大学や専門学校などを卒業していなくてもOK。

日本フードアナリスト協会が認定した養成講座でカリキュラムを修了したのち、修了試験に合格することができれば、フードアナリストの資格を取得することができます。
また、通信講座や検定試験などもあります!

フードアナリストの資格を取得するとどんなメリットが?

出典:www.news-postseven.com

フードアナリストの資格を取得すると、あなたに「フードアナリスト」という肩書がプラスされます。その名を名乗り、最新のレストランや、食文化について、食のトレンドなどの情報を自ら発信し、活躍することができます!

名が大きくなると、レストランのプロデュースをしたり、食の企業と直接関わったりと、さらに活躍の場を設けることができます。

また、食について勉強し知識を得ることで、自分や身の回りの人の健康に気を使えるようになることも魅力の1つです!

いかがでしたか?
資格のなかでは意外と名の知られていない「フードアナリスト」ですが、資格を取得することで食に関するさまざまな職業に役立てることがわかりましたね。18歳以上ならだれでも資格を取得できるのも魅力的!
この記事を読んで少しでも「フードアナリスト」に興味を持ってくれた方は、これを機に「フードアナリスト」の資格取得に挑戦してみませんか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。