リップグロスにもなるの?アイシャドウを捨てる前に試したい活用法6つ

BEAUTY

いつも使う色が決まっている方や、つい新作を買ってしまう方、引き出しに使わなくなったアイシャドウが眠っていませんか?実はアイシャドウ、いろいろなシーンで活かせる万能アイテムなんです。

アイシャドウなどの化粧品はそのまま放置しておくと、品質が劣化してしまいます。せっかく購入したアイシャドウをごみ箱行きにしないよう、さまざまな活用法を取り入れて楽しくメイクをしてみましょう♡

使わないアイシャドウや、余ったアイシャドウ……そのまま捨てていない?

新作が出るたびに欲しくなるアイシャドウ。
「いつの間にか使いかけのアイシャドウばかりが溜まっている!」なんてことはありませんか?

また、パレットタイプのアイシャドウだと使う色が決まっていて、他の色が減らないということもありますよね。
そのまま捨ててしまうのは勿体ない……そこで今回ご紹介するのは、アイシャドウの活用法です。

意外といろいろな活用術があるので、使わず眠っていたアイシャドウをキレイに使い切っていきましょう♡

アイシャドウの活用法①カラーライナー

2017年の春夏メイクに欠かせないカラーライナーですが、アイシャドウで簡単に作ることができます。

使わないアイシャドウとリップクリームを細めの筆で混ぜていくだけで、作りたかった自分だけの理想なアイライナーが完成します!

手の甲で混ぜたら、そのまま上まぶたと下まぶたにのせてみてください。
ただし、メンソールのリップクリームだと目がスースーしてしまうので気をつけてくださいね。

アイシャドウの活用法②カラーマスカラ

カラーライナーだけでなく、カラーマスカラとしても楽しむことができちゃうんです。

マスカラ下地を塗ったら乾かないうちに、使いたいアイシャドウを筆でのせていくだけ!
綿棒で転がすようにつけていくとやりやすいです。

仕上げにクリアマスカラをつければ、カラーマスカラの持ちがアップしますよ♪

アイシャドウの活用法③ハイライトやシェーディング

ホワイト系のアイシャドウがある場合は、パウダーと混ぜることでハイライトとして活用することができます。

逆に濃いめのブラウンがある場合は、影をつけて立体感を与えることができるシェーディングとして活用することができます。

アイシャドウ一つで、光や影を操ることができるのは嬉しいですね♡

アイシャドウの活用法④チーク

赤やピンク・オレンジ系のアイシャドウなら、チークブラシにとって頬にのせれば、ナチュラルなチークにすることができます。

ラメ入りのアイシャドウであれば、いつものチークでは楽しめないキュートさを演出できます♡

暖色系を混ぜて、自分だけのチークカラーを作ることもおすすめです。

アイシャドウの活用法⑤リップグロス

透明グロスを用意すれば、自分だけのリップグロスを作ることも可能です。

ティッシュの上にアイシャドウをまち針などで削っていき、透明グロスのチップに少しずつ取り、グロスと混ぜていくだけで完成♡

肌の透明感がアップし、唇をぷっくりと見せてくれるブルー系がおすすめです。

アイシャドウの活用法⑥ネイルポリッシュ

最近人気なのは、アイシャドウで作るオリジナルネイルポリッシュです。

クリアなネイルポリッシュやトップコートを用意し、粉状に細かく砕いたアイシャドウを少しずつ混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができます。

いきなりたくさんの量を混ぜてしまうと、気泡などが入ってうまく混ざらなくなるので注意しましょう。

まだまだ使えるアイシャドウの活用法をご紹介させていただきました。
アイシャドウ+αで、いろいろなシーンで活用することができます。
気になる色だけど購入する勇気がないコスメやネイルも、眠っているアイシャドウで試すことができるのは嬉しいポイント♡
ぜひ気になった活用法を、試してみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。