仕事を妨げる女はNG!愛され彼女でいるために覚えておきたいこと

仕事を妨げる女はNG!愛され彼女でいるために覚えておきたいこと

LOVE

「仕事と私、どっちが大切なの?」このセリフ、彼に対して口にしてしまった経験はありませんか?
いつまでも愛される彼女でいるためには、実はこのセリフはNGなんです。
”愛され彼女”でいるために、覚えておきたいことを4つご紹介します。

愛される彼女で居続けるための方法①女子と男子の脳は違う。「かまって」アピールはNG!

彼との付き合いが長くなり、「付き合いたてのようなラブラブ感がなくなってしまった」と悩む女子は少なくありません。

そんな時、「仕事を言い訳にしているけれど、本当かな?」などと怪しく感じ、「仕事と私、どっちが大切なの?」なんて問いただしてしまったことはありませんか?

確かに「仕事が忙しくて……。」ばかりを口にする男性の言動を怪しんでしまう気持ちはわかりますが、意外とこの理由は、嘘でないことが多いのです。

男性は仕事に関してキャパオーバーしてしまうと、恋人にまで気が回らなくなることが多くあります。
その結果、仕事が落ち着くまで、恋人のことをほったらかしてしまう……なんていうことも、よくあるのです。

そもそも、男性と女性では脳の構造が異なります。
女性はたとえどんなに仕事が忙しくても、頭のどこかで恋人のことを考えることができますが、男性の場合は、それができないことが多くあるのです。

こうした男性特有の理論を頭に入れ、忙しい彼に「かまって!」アピールをしないことこそが、愛され彼女の秘訣なのです♡

愛される彼女で居続けるための方法②責める気持ちを持つのはNG!

本当に仕事が忙しい彼に対して、「仕事と私、どっちが大切なの?」や「仕事ばかりじゃなくて、たまには私とも遊ぼうよ♪」などという「かまって!」アピールだけではなく、責める気持ちを持つこともNGな行為です。

「少しは私のことも考えてよ!」という責める気持ちを持ってしまうと、男性はこのままあなたとの関係を継続すると、仕事に支障をきたしてしまうと考えるようになってしまいます。

男性がこうした気持ちを持ってしまったら……。そこに見えてくるのは「別れ」です。
こうならないためにも、責める気持ちは捨て、「ここがあなたの居場所だよ♡」という安心感をもたらす姿勢で彼に接することが大切です。

愛される彼女で居続けるための方法③彼の「わざとじゃない」気持ちを分かってあげる♡

「かまって!」という姿勢もNGで、「どうして仕事ばかりなの!?」と責める姿勢もNG!
これでは、自分自身の恋愛に対する気持ちを、「どう処理したらよいかわからなくなってしまう……」と悩む人もいるでしょう。

そんな時には考え方を少し変え、彼の“わざとじゃない”気持ちを分かってあげる、と思いましょう♡

男性は一つのことに没頭し、それを成し遂げる性格を持つ場合が多く、忙しい時期にあなたのことを気に掛けられなかったり、連絡ができないのはわざとじゃないんです!

こう考えれば、「もう!しょうがないなぁ♡」と思えますよね。

愛される彼女で居続けるための方法④仕事が終わったら真っ先に気にかけてもらえる女性になる♡

愛され彼女でいるために、最後に心がけたいのは、「仕事が終わったら、真っ先に気に掛けてもらえる女性になる」ということです。

仕事が忙しい時期は、仕方がありません!仕事中は、彼には仕事の事だけに集中してもらえるようサポートし、欠かさず「お疲れ様♡」の一言をかけてあげましょう。

これを欠かさないことで、仕事で疲れ切ってエネルギーがなくなっても、またあなたのもとに来ればチャージできると感じてもらえるはずです♡

かまってほしい気持ちを前面に出し、かまってアピールを繰り返すことで、大切な彼が離れて行ってしまうことも、少なくありません。
あくまで男性と女性の思考回路は違うのだということを理解し、暖かい気持ちで迎え入れてあげることこそが、愛され続ける彼女の秘訣なんですね♡