暑い季節は痩せにくい?夏に向けて基礎代謝を上げる方法

あなたがもし、「夏は痩せやすい」と思っているのなら大間違いです。
私たちの体の構造上、夏は基礎代謝が落ちて、痩せにくい季節といわれています。
でもやっぱり痩せたいのは、冬よりも薄着のこの季節ですよね。
暑さに便乗して、痩せにくい体の脂肪を燃やすためのハウツーをご紹介します♡

夏は痩せにくい?基礎代謝を上げる方法①まず夏が痩せにくい理由を理解しよう!

夏はたくさん汗をかき、体温も高いので「基礎代謝が高くなる」と勘違いしている人が多いのではないでしょうか?
実は、寒い冬の方が暑い夏よりも私たちの基礎代謝は高く、痩せやすい時期といわれています。

その理由は、季節による基礎代謝の変動が関係しています。
基礎代謝とは、じっとして何もしないでいる時にも、生命を維持する上で必要な体内エネルギーのことをいいます。
基礎代謝が高いと痩せやすい体になるため、ダイエットにはこの基礎代謝量がポイントになります。

夏は外気温が高く、体温を保つためのエネルギーを体内で燃やす必要が無いため、基礎代謝が下がる仕組みになっているといわれています。

夏は痩せにくい?基礎代謝を上げる方法②夏前に運動する習慣をつける

夏が来る前から基礎代謝を上げるために習慣的に行って欲しいのが、体を動かすこと。

暑い夏が来ると、じっとしているだけで汗が出てきますよね。そのため、おのずと暑いところを避けて汗をかかないように生活をする人が多いのです。

夏以外の季節には歩いていたところも「タクシーに乗ろう」と車移動に頼ったり、のんびり散歩でもしようものなら「室内に入ろう」「暑いからどこかでお茶飲もう」となったりします。

夏場は暑さから動くことが億劫になり、運動量が低下する傾向にあるそうです。

夏が来る前に、朝ランニングの習慣や定期的なヨガやエクササイズ、テニスや水泳などのスポーツをする習慣をつけておくと◎
いざ夏が来た時も習慣として続けられるのでおすすめです。

夏は痩せにくい?基礎代謝を上げる方法③飲み物・食べ物に注意!

もともと低下している代謝をさらに低くしてしまう原因が、内臓冷えにあるといわれています。

「冷たいものは体に良くない」と分かってはいても、夏は暑くて、つい冷たい飲み物や冷たい食べ物ばかりを選んでしまいますよね。
冷たいものは体の芯を冷やして基礎代謝を下げ、太りやすい体にしてしまうだけでなく、健康にも美容にも悪影響です。

そして夏は食欲が落ちやすいため、そうめんや冷麺のように喉越がツルツルとした、すぐに飲み込めるような食事を好む人が増えます。
すぐに飲み込めるような食べ物は、噛む回数が減るので、満腹中枢が刺激されず食べ過ぎてしまうことも。
“噛む”というエネルギーを使わないことで、さらに代謝が下がる原因にもなるのだとか……。

夏は痩せにくい?基礎代謝を上げる方法④夏本番が来たら冷房対策はしっかりと!

基礎代謝を上げるために、まず気をつけたいことは、冷たい飲み物ばかりを飲まないこと。

屋外にいる時にホットドリンクは辛いと思いますが、室内でエアコンのかかっている場所なら、入店してしばらくすると体の火照りも落ち着いてきますよね。
室内でドリンクをいただく時には、温かい飲み物を選ぶことで体の芯を温めるのがおすすめ。

また薄着をしていると、室内に入った時にエアコン冷気との外気温の温度差に、体が冷えてしまうことも。
1枚羽織りものをカバンに備えておくと◎

食事の際にはよく噛んで食べることや、室内でもこまめに動くこと、可能であれば運動習慣を続けることが基礎代謝向上のために効果的といえそうです。
いかがでしたか?
基礎代謝を上手に上げて、2017年の夏こそ理想の体型を手に入れましょうね♪

【関連記事】インスタで話題の「#腹筋女子」に迫る!女性が腹筋を鍛えるメリット♡

ここ最近、“腹筋女子”と呼ばれる、腹筋を鍛えている女子が増えているのだとか。なんとInstagr...

痩せにくい 基礎代謝 上げる方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる