「バイト行きたくない病」に打ち勝つ方法とは

LIFESTYLE

誰しも「今日はバイト行きたくないなぁ」なんて思う時がありますよね。
そんな「バイト行きたくない病」に打ち勝てる方法をご紹介します♡

時給を計算する

みなさんは何のためにアルバイトをしていますか?
大半の人が「お金を稼ぐため」ですよね。

「バイトに行きたくないなぁ」と思ったときは、その日一日に稼ぐお金を計算してみましょう!

例えば時給1,000円で、8時間働くとしたら一日8,000円。

8,000円あれば、何が買えるでしょうか?
その日稼いだお金で買えるもの、食べられるもの、できることを想像して、モチベーションをあげましょう♡

休んでしまったらそのお金は手に入らないので、なんだかもったいなく感じてしまいます。
お家でゴロゴロしていても、お金は入ってこないので、自ずと「行こう」という気持ちになるはずです♪

ほしいものをリストアップする

モチベーションをあげるためには、具体的な目標が必要ですよね。

ほしいものをリストアップすることで、どれだけバイトを頑張れば手に入るのか、ということが明確に想像できます。

「今月頑張ったら、これを買おう♡」と自分へのご褒美を設定すると良いと思います。

ほしいものに限らず、バイトのあとに楽しい予定をいれるのも◎

美容院やネイル、買い物、友達とのご飯など、バイト後に楽しみなことがあると、たった数時間のバイトは乗り越えられるはず。
スケジュール帳に書くなどして、目標はできるだけ目に見えるようにしましょう!

SNSで同志を見つける

SNSや掲示板などで「バイト 行きたくない」「バイト 辛い」と検索して、同志を見つけてみるのも◎

行きたくない、辛いと思っているのは、自分だけではないと思えます。
同じ気持ちに共感できることで、なんだか行く元気も湧いてきますよ♪

中には、○連勤など自分より過酷な境遇にいる人もいるでしょう。
「この人に比べれば全然ましだなぁ」なんて思えるので、気持ちも楽になると思います♡

自分の中で期限を決める

いかなる方法でもモチベーションがあがらないときは、自分の中で「あと○ヵ月で辞める」と辞める時期を決めましょう。
いざ辞めると決意すれば、「どうせあと少しの辛抱だから」と気楽に考えることができます。

だからと言って仕事を適当にこなすのではなく、「どうせあと少しなんだから楽しんでやろう」ぐらいの気持ちで働くのが◎

必要以上に周りに気を使うことをやめれば、気持ちも楽になりますよね。
案外そのバイト先に愛着が湧いて続けられた、というケースもあると思います。

アルバイトだからと言って、お給料をもらっている以上、働く責任はそれなりに持たなければいけませんよね。
辛いからと言ってすぐに逃げ出さず、まずはモチベーションを上げる方法を考えましょう♡
楽しみがあれば、辛いと思っていたバイトもなんだかへっちゃらに思えるはずです♪