フランス・パリでしか味わえない!「お店」&「カフェ」をご紹介♪

LIFESTYLE

以前母と夏休みにフランスに行った際の体験を元に、フランス・パリで行くべきお店をご紹介していきます。
フランスでは、夜ごはんは特に高いお店が多く、ご飯やカフェなどのお店選びになかなか苦労しました。
そこでお値段も比較的お手軽で、しここでしか味わえないグルメをご紹介していきたいと思います。

手軽に本場のフレンチを楽しむなら…<オペラ座周辺>日本語メニューもある『ルグラン カフェ カプシーヌ』

現地ガイドさんにオススメしてもらった雰囲気、味、値段ともにGoodなお店が、『Le Grand Café Capucines(ル グラン カフェ カプシーヌ)』です。

地下鉄オペラ駅の近くの、開けた通りにあるのでとっても便利。
赤い屋根のテラスが目印です♪
一階はカジュアルなカフェですが、二階は天井がアールヌーボー調の装飾で高級感があります。

メニューも日本語があるので、あれこれ悩まなくても平気です♪

前菜にお魚料理またはお肉料理、ちょっとしたデザートを付けて一人30€(ユーロ)くらいでした。
ここは24時間営業なので、あちこち出かけて遅くなっても食べられるのが嬉しいですね♡

夜は混む場合もあるので、現地の旅行代理店などのカウンターで予約してもらうと良いでしょう。

◆Le Grand Café Capucines
地下鉄オペラ駅から徒歩1分
住所:4 Boulevard des Capucines, 75009 Paris, フランス
電話:+33 1 43 12 19 00
営業時間:24時間営業
定休日:なし

本場のリッチなブランチ…<マレ地区>マリアージュフレール本店

『Mariage Frères Le Marais(マリアージュフレール)』とは、1854年にパリのマレ地区で生まれたフランスの老舗紅茶専門店です。

お店に併設されたサロンで紅茶を楽しめます♪
日本にもサロンがありますが、本場のサロンでのブランチは、リッチで記念に残るはず♪

ブランチはブリオッシュ、メインのお料理、ジュース、紅茶がついて33€(ユーロ)です。

紅茶はたくさんある中から選べます♪
日本で人気なのはマルコ・ポーロだそうですが、そのほかのものにもチャレンジしてみては♡
お料理は、ブリオッシュ(パン)、メインは抹茶塩のかかったスクランブルエッグとサーモンと海老の生春巻きでした。デザートは好きなケーキを選べます。

その他、ケーキと紅茶のセットもありました。

マレ地区には品の良い可愛いトレンドのお店が集まっているので、散策した後の休憩に使ってみるのも良いでしょう。

◆Mariage Frères Le Marais
地下鉄オテル・ド・ヴィル駅から徒歩3分
住所:30 Rue du Bourg Tibourg, 75004 Paris, フランス
電話:+33 1 42 72 28 11
営業時間:12:00~19:00(ショップは19:30まで)

パリにしかないラデュレのショコラ専門店…<オペラ座周辺>『レ・マルキ・ド・ラデュレ』

女の子なら名前を知らない子はいないマカロンのお店「ラデュレ」のショコラ専門店『Les Marquis de Ladurée(レ・マルキ・ド・ラデュレ)』が2013年にオープンしたんです!

チョコレートの祭典、サロンデュショコラで2014年に日本初上陸しましたが、お店はパリにしかないんです♪

マルキは日本語で侯爵(こうしゃく)という意味。
18世紀の伯爵たちをモチーフにしたカメオのようなデザインのチョコレートが特徴的です♪

こちらでは、チョコレートのみの取り扱いとなっています。
店内にいるだけでワクワクする空間でした♡

私は、チョコレートの詰め合わせボックスと、チョコレートのマルキスタブレットを数枚買いました。

お友達にお土産として買っていけば、喜ばれること間違いありません♪

◆Les Marquis de Ladurée
地下鉄チュイルリー駅から徒歩5分
住所:14 Rue de Castiglione, 75001 Paris, フランス
電話:+33 1 42 60 86 92
営業時間:10:00(土曜は9:30)~19:30(日・祝は19:00まで)
定休日:無休

お菓子とお惣菜の名店ジュラール・ミュロのサロン…<サンジェルマン・デ・プレ>『ラマリリス』

お菓子とお惣菜の老舗ジェラールミュロのサロン・ド・テ『L'Amaryllis(ラマリリス)』では、人気のケーキ、タルトタタン、キッシュなどが食べられます♪

白を貴重とした店内に赤いソファが映えて、可愛らしい店内です。
かわいいケーキが沢山並んでいるので、選ぶのに迷ってしまいます♡

店名になっているケーキ「アマリリス」が人気だそうですが、私は上の写真の、生クリームの乗った「サントノレ」を食べました♪
紅茶は4.9€(ユーロ)~、ケーキは7€(ユーロ)~で食べられます。

◆L'Amaryllis
オデオン駅から徒歩3分
住所:Rue Martorez, 71100 Saint-Rémy, フランス
電話:+33 3 85 48 12 98
営業時間:11:00~18:30
定休日:日曜、月曜

ムール貝を気軽に楽しみたい方は…チェーン店だけど味は本格的な『レオン・ド・ブリュッセル』

パリで、器に山盛りのムール貝が食べられるのが、『Leon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)』。

この名前の通り、ベルギーのブリュッセルが発祥のお店なのですが、シャンゼリゼ通りやオペラ地区など、パリに9店舗もあり、パリでムール貝といえばここなんだそう。

前菜、バケツいっぱいのムール貝(パン付き)または他の料理、クリームブリュレなどのデザート付きで21€(ドル)と、お手頃価格です♪

やっぱりオススメは、ムール貝の白ワイン蒸しです。
量だけでなく、ムール貝自体も、スープもおいしいので、満足すること間違いなし♡

◆Leon de Bruxelles(シャンゼリゼ通り店)
シャルルドゴールエトワール駅から徒歩9分
住所:63 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris, フランス
電話:+33 1 42 25 96 16
営業時間:日~木 12:00~0:00、金・土・祝 12:00~1:00
定休日:月曜日

なかなかリッチなものもありましたが、どこのお店も美味しくて評判です♪
ぜひパリに行かれる際に参考にしてみてください♡