結婚式に一人だけ呼ばれない人の特徴4つ!当てはまったら要注意

LIFESTYLE

自分では仲が良いつもりだったのに、結婚式に呼んでもらえなかった経験ってありませんか?
しかも、同じグループの他の友達は呼ばれていたのに自分だけ声を掛けてもらえなかったときはショックですよね。
でも、もしかしたら呼んでもらえなかったのは、あなたにも理由があったのかもしれません。

結婚式に呼ばれない人の特徴① 空気が読めない

結婚式は、新郎新婦にとってとっても重要なもの。
親族はもちろん、仕事関係の方も出席したり、自分が人生の中で関わった人たちが集まるので、人生の中でも大きなイベントです。

そんな大事なパーティーの場なのに、空気を乱すリスクの高い人がいたらと考えると……招待するべきかどうか躊躇してしまいますよね。

ゲストのみなさんに気分よく楽しんでもらえるためにも、トラブルメイカーだと参加させてもらえません。

結婚式は自分だけではなく、パートナーにとっても大切なものなので迷惑をかけるわけにはいかないのです。

結婚式に呼ばれない人の特徴② ケチ

結婚式の招待客をリストアップするときは、素直に祝福してくれる友達を選ぶようにします。

こちらがせっかくおもてなしをしているのに、ブーブー文句を言ったり愚痴をこぼすような人は絶対にNG!

あとから思い出話として語るときにも、文句を言われるのはストレスですよね?

逆に、普段からも心から友達の幸せをお祝いできる、心に余裕のある子だと誘いやすいですね♡

結婚式に呼ばれない人の特徴③ ひがむ

結婚式というシーンでなくても、普段からネガティブな発言をしている人は一緒にいても楽しくないですよね。

日頃からHAPPYオーラが全開で笑顔が素敵な友達と一緒にいたら、ポジティブな気持ちも伝線してモチベーションが上がりませんか?♡

いつも「キラキラしている魅力的な友達にあやかりたい!」と思ってもらえていたら、その友達に自分の人生の中で大切な結婚式というシーンにぜひ立ち会ってもらいたいと頭に思い浮かびあがりますね♪

ただでさえ、自分の人生で付き合ってきた友達の中から招待する人を厳選しなくてはならないので、ひがむような人は選抜落ちしてしまいます。

結婚式に呼ばれない人の特徴④ そもそも友達だと思われていない

結婚式では呼びたい人を全員呼ぶというのは難しいので、招待客を絞らなくてはいけません。

でもその時に「パッと思い浮かばなかった」ということは、悲しいことですが極端に言うとあなたは候補としても挙がらなかったということ。

もちろん、「どこからどこまで呼べばいいか悩んだ」という意見もあると思います。

事前に結婚するという報告がなかったりすると残念だと思いますが、結婚式がすべてではないので、本当に自分がその友達のことを好きならば違うシーンでお祝いしたりすることはできます!

今までの友達との関係を見直して、「なんであの時、この子を呼ばなかったのだろう?」とこれから思ってもらえるくらいの対応を心掛けましょう。

アラサーになってくると結婚式に参加する機会も増えてくるので、こういった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
自分が好きな友達の結婚式に参列したいのなら、普段から周りの人を大切にしましょう♪
いつも人と向き合う姿勢が素晴らしい人は、他のゲストにも誇りを持って紹介したいと思ってもらえますよ♡