逆に太るかも!?知っておきたいスポーツジムに通うデメリット

LIFESTYLE

「ダイエットが上手くいかないからスポーツジムに入会しようかな」と、考えているそこのあなた!
“ジムに通えば痩せる”という考えは、失敗を招く可能性があります……。
ジムに入会する前に、スポーツジムに通うデメリットを知っておきましょう。

ダイエット目的でスポーツジムに通うデメリット① 安心感から余計に食べてしまう

ダイエット目的でスポーツジムに入会すると、ジムに通っているという安心感から、余計に食べてしまう可能性があります。

このパターンでダイエットに失敗し、入会前より太ってしまったという女性は多いので、安易に入会しない方が良いかもしれません。

ダイエット目的でスポーツジムに通うデメリット② 自己管理ができなくなってしまう

スポーツジムに入会すると、インストラクターの方にメニューを組んでもらい、指導をお願いすることもありますよね。

個人差はありますが、これに甘えると他人に管理されることが当たり前になり、自己管理ができなくなってしまう可能性があります。

自己管理力を鍛えるきっかけになるのなら問題ありませんが、筋肉を鍛える代わりに自己管理力を失いそうな人には、ジムへの入会はオススメできません。

ダイエット目的でスポーツジムに通うデメリット③ プレッシャーやストレスを抱えてしまう

スポーツジムの月会費は1万円前後なので、毎月大きな出費が発生します。

暑い夏や寒い冬になると、「暑いから行きたくないけど、月会費が高いから行かなきゃ。でも……」と、プレッシャーやストレスを抱えるかもしれません。

このパターンでやけ食いをしてしまう人も少なくないようです。

ダイエット目的でスポーツジムに通うデメリット④ トレーニングマシンがないと運動できない体になってしまう

スポーツジムでは、トレーニングマシンやフィットネス器具を使って運動をします。
この生活を続けると、トレーニングマシンに体が慣れるので、スポーツジムを退会した後に、トレーニングマシンがないと運動できない体になってしまうかもしれません……。

トレーニングマシンは3万円〜10万円前後なので、なかなか思い切って買えるものではありません。
スポーツジムに入会するときは、このリスクを忘れないでください。

ダイエット目的でスポーツジムに通うデメリット⑤ モチベーションが低下しやすい

スポーツジムに通うと、他の会員と親しくなることもあるので人間関係に疲れたり、トラブルが発生することもあります。

今まで挙げたデメリットからもわかるように、モチベーションが低下しやすくなるのが、スポーツジムに通う最大のデメリットではないでしょうか。

他人や環境に振り回されやすい人は、ジムに通わないで運動をするのが、ベストな選択かもしれません。

今回はデメリットを挙げましたが、「専門知識のある人にアドバイスをもらえる」「ストレスを解消できる」「ジム内の室温がちょうど良いので運動しやすい」など、メリットもたくさんあります。
自分がスポーツジムに通って、運動をするのが向いているのか向いていないかを見極めてください!