【DV気質がある男の心理と特徴】こんな人には要注意な対処法4つ!

LOVE

最初は優しい彼だったのに、一緒にいるうちに判明した『彼がDV男』という事実。
「どうして見抜けなかったの?」なんて後から後悔するのなんて絶対嫌! 
DV気質がある男には、共通した特徴があります。
あなたの身近な彼に当てはまっていないか、チェックして! 

DV男の特徴① 束縛が激しい

「今なにしてる?」
「なんでメールの返信が遅いんだ!」
なんて問いつめてくる男は、超危険! 

DV気質のある男は、彼女を自分の支配下におきたいと思っているので、彼女がどこにいて何をしているのかなんでも知りたがり、いつでも連絡がとれる状況でいてほしいのです。

そして彼女を自分の思うようにコントロールしたいと思っているので、自分の思い通りにならなかったとき、ついにDVに発展するのです。

好きな相手が何をしているのか知りたいのはカップルなら当たり前のことですが、あまりにも根掘り葉掘り聞いてきたり、怒鳴ったりしてくる男とは別れた方が良いでしょう。

DV男の特徴② 感情の起伏が激しい、情緒不安定

DV男は自分の感情をコントロールできません。
機嫌が良いときは「好きだよ」と妙にくっついてきたり、プレゼントを買ってきたり。これでもか!というくらい態度に表れます。

その逆に「そんなことで!?」と他人が思うほどちょっとしたことで落ち込み、怒り、さらにはその態度を異常なほど表現するので、怒鳴ったり暴力をふるってきたりするのです。

DV男は基本的に情緒不安定です。そんな彼に付き合っていたらあなたの身体だけではなく、心も傷つきます。

DV男の特徴③ 第一印象と暴力のあとは優しい

DV男は「優しい人だった」という第一印象が多いです。
そう、最初は彼も暴力をふるうつもりはないのです。

だけど、徐々に意見が食い違ったり、彼女が自分の思い通りに動いてくれなかったりすると、感情のコントロールができない彼は怒り、暴力をふるうのです。

「優しい彼」が印象に残っていると、1回や2回暴力をふるわれても「彼はそんなに悪い人じゃないはず」と思いこんでしまう人が多いようです。
ですが、1回暴力をふるうひとはこの先何回もします!
 
そうやって彼の暴力を許すせいで調子に乗り、どんどんエスカレートしていくのです。

暴力のあとに「ごめんね」と言ってきたり、抱きしめたりしてくるのがDV男ですが、そんなまやかしには騙されず、さっさと別れましょう。

DV男の特徴④ プライドが高い

DV男は、とにかくプライドが高いです。

例えば、冗談を言われても受け流すことができない、自分に非があっても謝らない、「俺はスゴイ」と思い込んでいるなどの傾向が見られたら要注意。

そういう男は、自分が1番上の立場だと思い込んでいるので、他人に気に入らない態度をとられたとき異常なまでに怒り狂うのです。
そして、その感情を自分よりも立場の弱い人間に向けてストレスを発散しようとします。

「最初はこんな人じゃなかったのに」といわれるのがDV男。
ほとんどの女性はDV気質があると見抜けないため、心も身体も傷ついてしまうのです。
ですが、自分の身を守れるのは自分だけ! 
この4つの特徴に当てはまる男がいたら絶対に近づかないで。