結婚式の受付をお願いした友人へのお礼はどうする?相場と渡し方

結婚式は、新郎新婦2人だけの力で成り立つものではなく、参列してくれる全ての人の協力によって成り立つ、感謝の場。
受付1つをとっても、協力してくれる友人あってこそ、ことがスムーズに運ぶのですよね。
今回は、この“受付”に着目して、お願いした友人にどうお礼をするのかについてご紹介していきます。
すでに結婚式を挙げた先輩花嫁さんたちは、受付をお願いした友人へのお礼はどうしているのでしょうか?
早速ご紹介いたします。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼①受付をお願いした友人にお礼は必要?

結婚式を挙げる時、ほとんどの新郎新婦が受付を友人や親しい同僚などにお願いするのではないでしょうか。

これに対して、「仲良しだし、仰々しいお礼はナシでOK!」と思ってしまうのはマナー違反です。
どんなに仲の良い友人や同僚であっても、お礼をするのがマナーです。

実際に結婚式の受付をしてくれる友人は、参列してくれるゲストの誰よりも早く会場に入り、最後の1人が来場するまで作業を続けてくれています。
それだけでなく、ゲストへ芳名帳の記入をお願いしたり、お祝儀を受け取ったり、お車代を渡したり……と結婚式に関する重要な業務を担うわけですから、それなりに負担はかかっていますよね。

それでも受付を頼まれた友人や同僚は、新郎新婦の晴れの日を盛り上げるべく、時間や労力を割いてまでも協力してくれています。

こうした場こそ、まさに「親しき仲にも礼儀あり」!

きちんと結婚式の受付をお願いした友人や同僚への厚意に感謝を示して、お礼をしましょう♡

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼②受付をお願いした友人へのお礼の相場って?

結婚式の受付をお願いした友人へ渡すお礼の相場は、どれくらいなのでしょうか。

実際に友人の結婚式で受付をしたことのある人は、いくらいただいたかという経験から大体の想像がつくかもしれません。

そうでない限り、全く見当がつかないというプレ花嫁さんもいるでしょう。

すでに結婚式を挙げた先輩花嫁さんの中では、友人に喜ばれる品物を渡すか、現金でお礼をしたという人がほとんどでした。

現金でお礼する場合、相場の額は3,000円〜5,000円です。

なにか品物を選んで渡す場合にも、現金で渡す際と同額程度のものを選んで購入するのが無難でしょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼③1万円以下ならポチ袋を使うと◎

では結婚式の受付のお礼を現金で渡す際、どのような形で渡すべきなのでしょうか。

現金は必ずご祝儀袋かポチ袋に入れて渡すようにしましょう。

この時の金額が1万円以上であれば“お祝儀袋”を使用するべきですが、1万円以下の場合には、“ポチ袋”を使うと良いでしょう。

ご祝儀袋を利用する際には、紅白の“結び切り”の水引きを選び、「御礼」・「お礼」と熨斗に書き、下には依頼側の名字を記載します。

ポチ袋を利用する際も同様に、表書きには「御礼」・「お礼」と書き、下には依頼側の名字を記載しましょう。

表書きは、毛筆で記載するのがマナーです。もし毛筆に自信がない場合には、筆ペンも可。

あらかじめ毛筆や筆ペンの練習をしておくと良いですよね。
そして包む現金は、新札を用意することを忘れないようにしておきましょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼④受付をお願いした友人へのお礼は、だれが渡す?

しっかりと受付をお願いした友人へのお礼を用意したら、次に確認しておきたいのが、だれがそれを本人へ渡すかということです。

結婚式の大役である受付業務を担ってもらうので、結婚式が始まる前に両親から挨拶を兼ねて渡してもらうのが好ましいでしょう。

この際、新郎新婦それぞれの友人にお願いするケースが多いので、それぞれの両親から、受付を頼んだ友人に渡してもらいます。

「自分たちから直接渡したかったのに……」
と思う新郎新婦も中にはいますが、その際には受付をお願いした友人に対して、手紙を添えたお礼を渡すのが◎

もしくは、現金ではなくお礼の品物を用意している場合には、退場時にプチギフトと一緒に、直接お礼の一言を添えて手渡すのも良いでしょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼⑤お礼の準備▶新札の準備

受付をお願いした友人へのお礼として現金を渡すのであれば、新札を用意しておくのがマナーです。

新札を使うとわかっていても、他の結婚式準備に追われてしまい、用意するのがぎりぎりになってしまって、焦ったという先輩花嫁さんも少なくありません。

ギリギリでの用意になってしまうと、銀行での新札両替が終了していた……というアクシデントに出くわしてしまう可能性もあるので、余裕を持って準備をすることを心がけましょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼の新札を用意するタイミングで、お車代や宿泊費など、他にも現金をお渡しする方がいるのであれば、その方の分も用意しておきましょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼⑥お礼の準備▶ご祝儀袋・ポチ袋の準備

新札の用意を済ませたら、当日スムーズにお渡しできるように、ご祝儀袋やポチ袋を用意しておきましょう。

「コンビニにも売っているし、焦らなくても大丈夫♪」と思っていると、なかなか気に入るデザインに出会えなかったり、たまたま品切れだったり……なんてことも。

こちらも早めの段階で用意しておくことをおすすめします。

ご祝儀袋やポチ袋は、結婚式当日に急遽必要になる可能性もあります。

こうした事態に備えて、多めに買って結婚式当日に持参しましょう。
本当に結婚式当日に急きょ必要になったシーンを想定し、筆ペンも一緒に用意しておくと◎

ご祝儀袋やポチ袋は、百貨店や文房具店に売っているので、時間がある時に探して、お気に入りのデザインのものを用意しておきましょう。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼⑦お礼の準備▶宛名書きをする

新札&ご祝儀袋・ポチ袋を用意できたら、次は宛名書きを行います。

ご祝儀袋の場合は毛筆もしくは筆ペンというイメージが定着しているので問題なく準備できますが、ポチ袋の場合でも毛筆もしくは筆ペンでの記入がベター。

普段使用しているペンとは違って、なかなか上手に書けないというケースも多いので、まずは練習を行うと◎

慣れてきたところで宛名書きをするなど工夫すると、書き損じを防ぐことができますよ。

結婚式の受付をお願いした友人へのお礼⑧お礼の準備▶誰に渡すか一目で分かるように付箋を

宛名書きを済ませたら、もうこれで準備は終了♪と思ってしまいがちですが、最後の準備を行って、当日慌てないような工夫をしておきましょう。

準備したものを結婚式当日に自分で手渡せるのであれば平気かもしれませんが、両親にお願いをする際には、誰に何を渡すのかが一目で分かるように、工夫をしておく必要があります。

付箋などを使って渡してもらう両親へのメモ書きを添え、だれに渡すのかを明確にしておく方法がおすすめです。

ご祝儀袋やポチ袋に記載してある「○○様」という名前だけではどなたなのかわからない場合には、“高校友人の○○様”などと、両親が見てわかりやすい関係などを記載しておくことをおすすめします。

当日焦ってお礼を渡せなかった……という事態にならないように、事前の準備が大切です。
それと同時に、それを渡してくれる人へ伝達することも、お忘れなく!
親しき仲にも礼儀あり♡
楽しく幸せに満ち溢れた結婚式を迎えるには、さまざまなところでたくさんの人たちの協力が必要になってきます。
感謝を込めたお礼は、やっぱり大切にしたいですよね。
今回ご紹介した内容を参考にして、受付をお願いした友人へのお礼の仕方を彼と考えてみてくださいね。

【関連記事】おもてなしに欠かせない♡【ウェルカムボード】の基本をおさらい!

結婚式でゲストをお迎えするウェルカムボードは、新郎新婦の結婚式の、いわば表札的存在。こ...

結婚式 受付 お礼 ゲスト マナー

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる