「もう働きたくない……」仕事に疲れたときに考えたいこと5つ

働く女性なら一度は、「もう働きたくない……」と弱気になったことがあるのではないでしょうか。
そこで今回は、仕事に疲れたときに考えたいことをご紹介します。

働きたくない!仕事に疲れたときに考えたいこと① 割り切ることができているか

働きたくないと仕事に疲れたら、割り切ることができているか考えてみましょう。
「仕事だから仕方ない」と割り切らないと、気持ちがすぐ切り替えられないときもあると思います。

特に、仕事の人間関係を円滑に進めたいなら、適度な諦めも大事。
仕事仲間がたくさんいるなら、その中に理不尽な人は、1人か2人いるものですよ。

割り切りすぎてもよくないですが……気にしない、引きずらない心を育てるようにしましょう♪

働きたくない!仕事に疲れたときに考えたいこと② 結果をすぐに求めていないか

働きたくないと仕事に疲れたら、結果をすぐ求めていないか自問してみてください。
特に、新たな仕事に挑戦したり、慣れない作業が続いたりすると、いつも以上に心身がすり減りやすいので、すぐにでも大きな結果が欲しくなりがち。

しかし、努力が結果となって表れるのは半年くらい経ってからだと思いますよ。
結果にとらわれず、いま目の前のことにキチンと向き合えば、半年後にお楽しみが待っているかもしれません!

働きたくない!仕事に疲れたときに考えたいこと③ 自分のためにも働いているか

働きたくないと仕事に疲れたら、自分のためにも働いているか考えてみてください。
会社に属しているなら、会社のために働くのは当然ですが、自分のために働いていることを忘れていませんか?

自分の成長のためにも働き、社会に役立つ仕事ができたら、仕事に意味を見出せるのではないでしょうか。

自分のためというとピンと来ないかもしれませんが、プライベートの目的や夢を叶えるための仕事になってもいいと思います。
とにかく仕事に疲れやすいなら、仕事をすることだけが目的にならないように♪

働きたくない!仕事に疲れたときに考えたいこと④ 休むこともスキルアップになる

働きたくないと仕事に疲れたら、休むこともスキルアップのための方法のひとつだとわかっているか自問しましょう。

頑張り屋な働く女性は、休日も仕事のために時間を費やしているかもしれませんね。
ときどきなら問題ないと思いますが、まともな休みが数ヶ月ないなら、近いうちに燃え尽き症候群になってしまうかも……。

適度に休みながら仕事をしたほうが、客観視しやすくなると思うので、いい結果につながることもあります。

モチベーションを維持しながらスキルアップするのが理想的なら、「疲れたら休む」というルールを守ってくださいね!

働きたくない!仕事に疲れたときに考えたいこと⑤ 楽しむことを忘れていないか

働きたくないと仕事に疲れたら、楽しむことを忘れていないか考えてください。
仕事に楽しさだけを求めるのは限界がありますが、週5日働いているなら、楽しまないとやってられませんよね。

適度に休めば「仕事って楽しい」と思いやすくなるのでは?
また思い切ってたくさん休むと、「暇なほうが嫌だな」「仕事したいな」と気持ちの変化に気づくこともできます。

「上司に褒められる喜び」「いろんな人に出会える喜び」「お金が貯まる喜び」など、なんでもいいので、楽しいが原動力に変わる働き方を目指しましょう♪
「仕事に疲れたときに考えたいこと」をご紹介しました。
仕事に疲れやすいなら、少し肩の力を抜きましょう。自分を追い詰めてまで頑張るのは、間違った方法だと思いますよ!
無理しがちなら、「力抜きすぎ?」くらいがちょうどいいのかもしれませんよ♪

【関連記事】頭の中がパンクしそう!仕事が忙しいときこそ◯◯してリフレッシュ♪

仕事が忙しいと仕事だけの生活になりがちで、虚無感に襲われることも増えるかもしれません……...

働きたくない 疲れた 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる