これでもう大丈夫!実は苦手&緊張してしまう美容室を克服する方法

LIFESTYLE

美容室はなんだか緊張してしまうし苦手だなぁ…と思う方はたくさんいると思います。
それでも髪の毛は伸びるもの。ならば、克服してしまえばいい!
今回はそんな、美容室が苦手な方の為の、克服できる方法をご紹介していきます。

苦手な美容室を克服する方法① 予約の時点で話すのが苦手だと伝えておく♪

これが一番わかりやすくて、気疲れしない方法です☆
美容院を予約する時点で話すのが苦手だと伝えておくだけで、美容師さんも理解してくれます。

必要な会話だけで後は放っておいてくれるのが大体です。
美容師さんからしても、話さなければならない!というプレッシャーがなくなるので逆にありがたいという声も上がっているくらい♪

美容院が苦手ならば、あらかじめ先に言っておくのが手かもしれませんね。

苦手な美容室を克服する方法② 同じスタイリストさんに頼む☆

それこそ、毎回同じ美容室の同じスタイリストさん、にカット・カラーをお願いすれば、あなたのことを来るたび理解してくれるようになるでしょう。

苦手でも、同じスタイリストさんにやってもらうことでこちらも慣れてきて、気づいたら話せるようになるかも…♪

行きつけの美容室を決めて、スタイリストさんを指名してみてはいかがでしょうか?

苦手な美容室を克服する方法③ 寝るorうたた寝をする!

美容室が苦手な人は、施述中に寝ちゃう!これも一つの手ですね。
施術してもらっているときに少し眠るだけで、起きた頃には全て終わっている…!というメリットも♡

しかし本気で寝てしまうと、シャンプーの後に起こされた時、少し気まずい空気が出てしまうかもしれません。

なので、軽くうたた寝をするか、寝たフリをすることで、美容師さんが話しかけてくる可能性は低くなりますよ☆

苦手な美容室を克服する方法④ 雑誌を黙々と読み続ける☆

美容室が苦手ならば、「話しかけられたくありません」オーラを出すのも、ひとつの手でもあります。

下をむいて顔をあげず、黙々と雑誌や本を読んでいると、不思議と人は声をかけにくもの。

中には、あまりにも真剣になりすぎて、聞こえないフリをする、という強者もいたりします。ただし、これはさすがに美容師さんも可愛そうなので、ある程度は対応しましょう。

最近の美容院は事前に、アンケートでお話しが好きか、嫌いか、話しかけられるのが嫌かなど答える紙を渡されるところが多いので、そこまで心配しなくても大丈夫ですが、苦手な人はぜひご紹介した克服法を試してみてくださいね♡