日常に幸福を♡幸福度をもっと増やすための4つの方法♪

LIFESTYLE

誰もが生きている限り幸せになりたいと思っているはず。
大きなイベントや好きな人とのデートはもちろん幸せですが、日常生活から幸せが感じられたらいいですよね♪
そんな日常で幸せを感じるための4つのアイディアを教えます。

高月ルナ
高月ルナ
2021.05.17

≪幸福度を増やすための方法①≫ 通勤・通学時間を減らす

通勤・通学の時間って、何かと神経を使っています。
音楽や読書をしていても、通勤ラッシュの時間帯は少なくとも血中のストレスホルモンの濃度が上がると言われているのです。

ましてや交通渋滞、遅延などがあればそのストレスはなおさら上昇。
オフィスや学校に近ければ近いほど、時間枠も増えて、やりたいことがやれる環境になります。
睡眠時間の確保や、朝活にゆとりが生まれるかもしれません。

≪幸福度を増やすための方法②≫自分自身の成長の過程を感じる

幸福度を上げるためには自分が成長できている!と感じることが必要です。
特に、成長後ではなく、「私今成長しつつある!!」という過程を感じ取ることができるのが一番いいです。

目標に向かって前進しているとき、脳からドーパミンが分泌され、幸福感を感じることができます。

シェイクスピアも「勝ち得たものは、なし終えたもの。楽しみは、なしつつあることにあり」と言っている通り、過程に重点を置いてみましょう。

≪幸福度を増やすための方法③≫フロー体験できることをする!

出典:www.nightnationrun.com

フロー体験というのは、時間を忘れて没頭することです。
時間を忘れてしまうことって、楽しいと感じる行為に対して起こることが多いですよね。
嫌々やっていたり、つまらないことは全然時計の針が進んでくれません。

できるなら時間を忘れて楽しめるほうが心身ともにいい状態を保つことができます。
時間を忘れて没頭できることを多く見つけることで、幸福度が上がると言えます。

≪幸福度を増やすための方法④≫友人関係に投資する

友人関係に投資するというのは、お金を快く貸してあげることではありません。
友達との付き合いにお金を投資するという意味です。

高い買い物をすることも幸せですが、友達とご飯に行ったり、遊びに行ったりするほうが幸福度が高くなります。

これは独身よりも既婚者のほうが平均的に幸福度が高かったり、残業が少ない人のほうが交友関係が良好だったりするのと同じです。

心が楽しいと感じれば身体の調子も良くなるもの。
日常的に幸福感を得られる体験をしましょう。
そこに少し意識を持っていくだけで、あなたの人生が変わってくるかもしれません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。