人生で得ばかり!仕事の「密度」をあげて定時退社するコツって?

LIFESTYLE

毎日帰宅時間が遅く、疲れ気味……。
そんな女子の皆さん!必要な残業は仕方がないですが、毎日無駄な残業時間を過ごしていませんか?
1日1時間の残業を減らすだけで、なんと月に約1日得をすることになりますよ☆

「なんとなく」の残業にピリオド!

ついダラダラとする残業。
いくらやっても仕事が終わらなかったり、残業している人が仕事に真面目に取り組んでいる人だというような暗黙のルールが存在していたりと、残業の理由は様々です。

しかし、「なんとなく」残業するのは、もうやめましょう。
「まだ○時だし……いっか。」と残業しているかもしれませんが、それって一生の時間で換算するととってももったいないんです!

必要な残業はするべきですが、「なんとなく」の残業には、今日限りでピリオドを打ちましょう。

残業を減らせば、プライベートが充実する♡

毎日遅くまで仕事をしていたのに、今日から突然「定時退社」をするのは難しいかもしれません。

しかし、残業を減らすことで、どれだけのメリットが得られるかを知っておきましょう。

まず残業を減らしたことでできた時間があれば、睡眠や運動、勉強、家族との時間……など、様々なプライベートを充実することができます♡
こうしたプライベートタイムを充実させると、ストレスが減り、さらに仕事の効率が上がるのです!

実はいいことだらけの「定時退社」♡
これからはコツをつかんで、徐々に実践したいですよね。

時代の変化とともに、日本でも「定時退社」が推進され始めている!

これまでは、いかに努力をしているかという姿勢を重視しがちだった日本の社会。
しかし最近では、日本の社会でも「成果主義」が中心になってきています。

この成果主義では、こなした業務の量とそれに対してかけた時間とで、その人の効率の良さがわかってしまうのです。
つまり、いかに定時内の時間で効率よく仕事をこなせるかということが大切になってきているということ。

また、年齢が上がって体力が無くなったときに、残業ありきの仕事の仕方ではもたないですよね。長い目で見て、結婚をして出産をしても働きたいと考えているのであれば、効率良く仕事をこなす「定時退社」が、非常に重要になってくるのです。

仕事の密度をあげて定時退社するコツ①重要なものは朝一に済ませる

では、今日から定時退社を目指すために、効率よく仕事をこなすコツを身に着けていきましょう!

まず最初に心がけたいのは、「重要な仕事は朝一で済ませる!」ということ。
これまでの残業生活の中で、何が原因だと考えますか?
その大半は、「肝心な仕事が終わっていない!」というところにあると思います。

定時を過ぎてから、重要な仕事に取り掛かるのではどれだけ時間があっても足りません。
出社したら、まずすぐに重要な仕事に取り掛かるようにしましょう♪

仕事の密度をあげて定時退社するコツ②時間で区切りをつける

そして次に気を付けたいのは、自分がこなすべき仕事を時間で区切ること!

効率良く仕事を済ませるように考え、ToDoリストを作成することも一つの方法です。

そのリストの内訳は、その日済ませなければ行けない仕事と、違うものの選別です。
これを選別したら、時間割を作るとさらに効率がアップしますよ♪

仕事の密度をあげて定時退社するコツ③役割分担

仕事において、密度アップを目指すのであれば、役割分担をすることはとても大切です。
今後残業をせずに定時退社をするのであれば、あなたの下を育てて、落とし込める作業を譲り渡していくことを考えましょう。

これは仕事の効率をアップさせ、定時退社をするためだけではなく、あなたが会社の中で今よりもっと上の業務をできるようになります。

会社からの評価も上げることができるのです♡

仕事の密度をあげて定時退社するコツ④翌日のイメージをする

そして最後にご紹介するのは、退社時に心がけたいことです。
一日の最後として、退社時に何をするかが大切になってきます。

定時が近づいてきたら、仕事を切り上げる準備をすることも大切ですが、それだけではなく、明日の流れを確認することもいっしょに済ませておきましょう!

退社時に明日の流れを確認しておけば、出勤して朝一の重要な仕事をスムーズに進めることができますよね。

仕事が早い人は、「想像力」があるといわれています。
それだけでなく、目標を達成させる“コミット力”も兼ね備えています。こうした仕事が早い人に共通して言えるのは、退社前に「翌日のイメージ」をしてから会社を出ることなのです。

「長時間仕事をしている人が偉い」そんな時代は、もう過ぎ去りました!
いかに仕事を効率よくこなし、定時退社できるかこそが、これからの会社でのあなたの評価につながっていきますよ♪