スヤスヤ休めている?自分の睡眠タイプを見極めて良質な眠りを♡

人間にとって、睡眠は大切なものですよね。
現段階での自分の睡眠タイプを見極めて、自分にあった睡眠時間など理解しましょう♪
良質な睡眠をとるために、それぞれの睡眠タイプと、その特徴をご説明していきます!

睡眠タイプ別♡良質な眠りを手に入れる方法① ロングスリーパー

まず初めにご紹介する睡眠のタイプは、「ロングスリーパー」です。
ロングスリーパーとは、10時間程の睡眠を必要とする人のことを指しています。

自身がロングスリーパーである場合、仮に十分な睡眠時間を確保することができなかった日には、睡眠不足となってしまう場合もあります。

こればかりは体質の問題なので、短い睡眠時間で満足できる方法というのは存在しません。
できるだけ日々充分な時間の睡眠ができるように努めることと、あとは枕などを変えて上質な睡眠に切り替えられるようにすることがオススメです。

睡眠タイプ別♡良質な眠りを手に入れる方法② ショートスリーパー

次にご紹介する「ショートスリーパー」とは、6時間未満の睡眠で健康上全く問題ない人のことを指します。

短時間の睡眠で健康でいられるなんて、起きている時間を有効に使うことができて羨ましいですよね♡
しかしショートスリーパーは遺伝でなる人が多く、誰でもなれるというわけではありません。

ショートスリーパーでない人は、最低でも1日4時間半の睡眠時間は必要なので、無理をして実践しないようにしてください!

睡眠タイプ別♡良質な眠りを手に入れる方法③ バリュアブルスリーパー

毎日平均で6時間〜9時間の睡眠をとる人を、「バリュアブルスリーパー」と呼びます。
日本人の人口の中の殆んどの人が、バリュアブルスリーパーだといわれています。

ちなみに、一番寿命が長いといわれているのもこのタイプ。
そのメカニズムは、寝ている時間と起きている時間のバランスの良さに秘密が隠されているそうですよ。

何事も“ほどほど”が一番ですが、睡眠に関しても同じことがいえるようですね。

良質な眠りのために知っておきたい♡「8時間睡眠」のメリットデメリット

前述の通り、日本人の人口の殆んどがバリュアブルスリーパーで、「8時間睡眠が良い」と聞くことも多いですよね。

バリュアブルスリーパーのメリットは、目覚めもよく病気予防の効果もあること!

その一方でデメリットは、稀に8時間睡眠にしたことで、寝つきが悪くなってしまうというケースもあることです。
いかがでしたか?
睡眠には様々なタイプがあり、持つ悩みもそれぞれです。
自身の睡眠タイプを把握した上で、良質な睡眠に関する情報収集をする必要がありますよね。

【関連記事】私の悩みは朝起きられないこと。原因と改善方法とは?

ぱっと目を覚ましたいと思っているのに、どうしても朝起きられないと悩んでいる人って意外と...

睡眠 タイプ 良質 寝不足 ベッドルーム 健康 睡眠時間

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる