目指すはアンニュイGIRL♪脱力系ウェーブヘアが熱いんです!

Cover image: beautynavi.woman.excite.co.jp

ラフな見た目と、ゆるっと感が魅力の脱力系ウェーブが、おしゃれ女子を中心に注目を集めています。
飾り過ぎないヘアスタイルでありながら、女っぽさを忘れないナチュラルなシルエットが、高い支持を得ている理由です♡
脱力系ウェーブを取り入れて、大人のこなれた抜け感を楽しんでみてはいかがでしょうか!

飾り過ぎないナチュラル感が魅力のヘアスタイル♡脱力系ウェーブとは?

飾り過ぎないヘアスタイルが魅力だと、Instagram(インスタグラム)などで人気を集めているのが、脱力系ウェーブです。

柔らかさと女性らしさを兼ね備えており、リラックス感のあるシルエットが素敵なんですよ♡
また脱力系ウェーブを取り入れるだけで、外国人風のヘアスタイルを楽しめることも人気の一つです。

ラフな脱力系ウェーブにして、余裕のある大人スタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ナチュラルに生まれ変わったヘアスタイルは、きっと気に入ること間違いないですよ!

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦①ナチュラルな大人フェミニンスタイル

毛先に向かってふんわりとセットした脱力系ウェーブは、ナチュラルな大人フェミニンスタイルを楽しむことができます。

そこにうざバングを合わせれば、カジュアルさも演出できるので、いいとこ取りの贅沢ヘアに挑戦してみてください♪

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦②ミディアムヘアに合わせて上品に

大人気のミディアムヘアと脱力系ウェーブを合わせて、上品なヘアスタイルにしてみてください。

女性らしさを増したいときはベージュアッシュ系のヘアカラーにして、ふんわりと柔らかい印象をプラスすることがポイントです♡

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦③デートにピッタリのかわいいスタイリング

ロングヘアの方が脱力系ウェーブにすると、大人かわいい印象が強くなります。

フェミニンなヘアスタイルを楽しめるだけでなく、風でなびく脱力系ウェーブに周りの視線も釘付け♡
普段はもちろん、デートにもピッタリのヘアスタイルです。

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦④センターパートでかっこよさを演出

脱力系ウェーブとセンターパートを合わせて、大人かっこいいヘアスタイルにしてみてください。

センターパートだと上品な印象が強くなりますが、脱力系ウェーブにすることで程よい抜け感を演出できるので、カジュアルに決めることができます。

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦⑤アシンメトリーで色っぽさを強調

アシンメトリーにしたヘアスタイルに脱力系ウェーブを取り入れて、色っぽい印象が魅力的なヘアスタイルを楽しんでみてください。

前髪もサイドへ流すことで、こなれたおしゃれ感を演出することができます。

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦⑥シースルーバングにして抜け感を演出

脱力系ウェーブとシースルーバングを合わせて、抜け感のあるヘアスタイルにしてみてください。

さらに透明感のあるヘアカラーにすれば、大人かわいいヘアスタイルになるので、思い切ってイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか!

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦⑦サイドへ流してシンプルに

脱力系ウェーブにしたら、どちらかサイドに流して、シンプルなヘアスタイルを楽しんでみてください。

飾り過ぎないシルエットが魅力的なので、休日だけでなく仕事時にも取り入れられるヘアスタイルです。

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦⑧ボリュームを出して存在感を

ボリュームをつけながらセットした脱力系ウェーブは、存在感のあるヘアスタイルになります。

前髪もふんわりとセットすることがポイントです。
ラフだけど、おしゃれに気を抜かない魅力が漂っていますね♡

おしゃれなヘアスタイル・脱力系ウェーブに挑戦⑨オン眉であどけなさを残してみて

脱力系ウェーブとオン眉ヘアを合わせて、あどけなさが残る大人スタイルを楽しんでみてください。

黒髪だと幼い印象が強くなるので、ブラウンにしてカジュアルに決めることがポイントです♡
リラックス感が魅力の脱力系ウェーブを、ご紹介させていただきました。
どんなヘアスタイル・ヘアカラーにも合わせやすいので、誰でも挑戦できます。
脱力系ウェーブで、一味違うヘアスタイルを楽しんでみてください♡

【関連記事】もう浮気できない!ずっと使い続けたいヘアケアアイテム4つ♡

2016年のうちに自分の髪の毛のメンテナンスを済ませて、今後のヘアケアについて見直しておき...

脱力系ウェーブ ヘアスタイル ウェーブ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる