むくみを撃退して快適なフライトへ。機内でできるおすすめ体操6つ

BEAUTY

仕事や旅行など、さまざまな理由で飛行機を利用する方が多い今、女性にとって悩みの種となるのが足のむくみではないでしょうか?
狭い座席・長時間のフライトでは身動きがとりづらく、ストレスが溜まってしまいますよね。
そのままにしておくと、エコノミークラス症候群の原因にもなりかねません。
そこで今回は、機内でできるむくみ撃退体操をご紹介します!

機内でできるむくみ解消体操で快適なフライトへ

飛行機を利用した方の多くが経験する、足のむくみ。
履いてきた靴が入らなくなったり、足のだるさに悩まされたりする方も多いのではないでしょうか。

その原因は、長時間のフライトによって血行が悪くなることや、機内を動き回れないこと、低気圧、水分不足などが挙げられます。
そのままにしておくと、さらに悪化して「エコノミークラス症候群」を引き起こす恐れがあるので、ちょっとしたむくみでも油断してはいけません。

快適なフライトにするためには、定期的にむくみを撃退する体操を取り入れることがおすすめ!

狭い座席でもすぐ取り入れることができるので、飛行機に乗る予定がある方はぜひチェックしてみてください♪

機内でできるむくみ撃退体操①つま先の上げ下げ運動

まずご紹介する機内でできるむくみ撃退体操は、つま先の上げ下げ運動です。

①両足のかかとを床につけたまま、つま先だけを軽く持ち上げます。
このときに、ふくらはぎの筋肉が伸びているのを意識しながら行うことがポイントです。
②持ち上げた状態を5秒ほどキープしたら、元に戻します。
①と②を10回ほど繰り返しましょう。

つま先だけの動きなので、狭い機内でもへっちゃらですね♪

機内でできるむくみ撃退体操②かかとの上げ下げ運動

続いてご紹介する機内でできるむくみ撃退体操は、かかとの上げ下げ運動です。

①今度は、両足のつま先を床に固定した状態で、かかとを軽く持ち上げます。
このときに、スネと足の甲が伸びていることを意識しながら行いましょう。
②持ち上げた状態を5秒ほどキープしたら、元に戻します。
つま先の上げ下げ運動と同じように10回ほど繰り返してみてください。

こちらも大きな動きはないので、狭い機内でもできますね!

機内でできるむくみ撃退体操③片足ストレッチ

続いてご紹介する機内でできるむくみ撃退体操は、片足ずつ行う簡単なストレッチです。

①片足の膝部分を両手で抱えて持ち上げたら、つま先だけを体の方へ寄せるように手前に引きます。
②2秒ほどキープしたら、今度はつま先を外へ押し出すように遠くへ伸ばします。
③同じように2秒ほどキープするのを10回ほど繰り返したら、もう片方の足も同じように行いましょう。

足首をゆっくり前後に伸ばすだけで、血行を良くすることができるんだとか♪

機内でできるむくみ撃退体操④足首をぐるっと回す

続いてご紹介する機内でできるむくみ撃退体操は、足首をぐるっと回す方法です。

①机の下などのちょっとしたスペースを活かして、片足ずつ前に軽く伸ばします。
②そのままの状態で、足首だけを回します。
右回りや左回りを各3回ずつ行うといいでしょう。

やりにくい場合や動きが悪い場合は、もう片方の足の太ももに乗せて、手でつま先を持って回してみると◎

機内でできるむくみ撃退体操⑤足の指のグー・パー運動

続いてご紹介する機内でできるむくみ撃退体操は、足の指を使ったグー・パー運動です。

①両足のかかとを床につけたまま、つま先を軽く持ち上げます。
②そこからつま先を下げるときに、足の指に力を入れてグーを作ります。
③再びつま先を持ち上げたら、今度は足の指を開いてパーにしたまま下げましょう。
このグー・パー運動を10回ほど繰り返してみてください。

足の指も動かすことで、血行を促進することができるので、むくみもすっきりしますよ♪

機内でできるむくみ撃退体操⑥足全体に効くブルブル運動

最後にご紹介する機内でできるむくみ撃退体操が、足全体に効くブルブル運動です。

①両足のかかとをつけたまま、つま先を持ち上げたら、足の力を抜きます。
②力を抜いた状態で、両足を左右にブルブル振ります。
③何回か繰り返したら、今度はつま先を床につけ、かかとを持ち上げて同じようにブルブルしてみてください。

むくみ撃退体操をしたあとは、ふくらはぎを下から上へ、数回揉み込んであげると◎

機内でできるむくみ撃退体操を、ご紹介しました。
一連で取り入れることがおすすめですが、思いついた体操を取り入れるだけでも◎
長時間のフライトも苦にならないように、簡単なむくみ撃退体操を取り入れて、快適なフライトにしてくださいね♡