地震のときのために備えておきたいグッズ!いつかではなく今すぐに。

災害は、いつどんなタイミングで訪れるか分からない。
今日も明日も平和な日々が続くなんて誰にも保証できませんよね。
今回は、地震のときのために備えておきたいグッズをご紹介します。

ひとり暮らしの女子こそ、地震のときのための備えをするべし!

防災用品

なにかあったとき、すぐ側に頼れる人がいない女性こそ、防災対策には力を入れるべきでしょう。

たとえば避難所ではなく、自宅避難をする場合も、ストックがあれば、しばらくは食べるものや飲むものに困らないかもしれません。
地震などの災害が起きてから慌ててストックを買いに行っても、もうその頃には各お店の棚はガラガラの状態……。

お財布とも相談しながらになりますが、食料品や生活品は多めにストックしておくのが理想的です。
日本は決して災害のない国では、ありません。
いつ何が起きてもいいように、今すぐ対策を!

ここからは、一人暮らしの女子が地震のときのために備えておきたいグッズをご紹介します。

地震に備えて毎日持ち歩きたいグッズ。

女性のバッグ

地震はいつ起きるか分かりません。
いつ起きても冷静に対処できるように、最低限必要な防災グッズは鞄の中に備えておくようにしましょう。

<①ウェットティッシュ>
ウェットティッシュは災害が起きなくても、鞄の中に入っていると便利なもの!
アルコール除菌のできるウェットティッシュの場合、万が一地震で水が使えなくなってしまっても、除菌することができます。
ウェットティッシュで手をふくことが「洗う」代わりになるんですよ。

また、ウェットティッシュとは別に、アルコール除菌のミニボトルも一緒に入れておくと便利です。

<②生理中ではなくても生理用品を持ち歩く>
生理中はナプキンが必要になるので、外出時にも持ち歩きますよね。
ところが生理とは関係のない周期に入ると、つい荷物が重たくなるのを避けるようにナプキンの袋を置いたまま、出かけていませんか?
防災対策をとりたいなら、生理用品を多めに持ち歩くのも一つの対策になります。

地震が起きてから、すぐに自宅へと帰れるとは限りません。
当初予定していた日よりも早く生理になってしまったら大変なことに……。
生理中ではなくても、生理用ナプキンを持ち歩くのも、防災に繋がるのです。
キャンデー

<③使い捨てカイロや冷却シートも鞄の中に>
季節によっては暑さ・寒さ対策も必要になります。
たとえば、これから秋冬を迎える場合は使い捨てカイロを多めに入れておきましょう。
暖房のきかない場所で寝泊まりすることになってもカイロがあれば寒さをしのげますよ。

夏も同じで、冷却シートがあるのとないのとでは、体調の良し悪しも変わってくるでしょう。
とくに最近の夏は猛暑になる傾向があり、冷却シート以外に冷感タオルや持ち運びできるミニ扇風機などもあると便利かも!
季節に合わせて、バッグの中に備えておく防災グッズも総点検しましょう。

地震が起き、避難している間、環境の整った場所にいれるとも限りません。
暑さ・寒さ対策もすべて自分でしておくのが大事なのです。

<④飴やキャラメル専用のポーチを入れておく>
災害が起き、避難所にたどり着いたとしても、すぐに食料・飲料が回ってくるとは限りません。
また災害の規模が大きければ、一人に配られる量もさらに限定され、日ごろのようにお腹いっぱいに食べられるわけでもありません。

もし、空腹のまましばらく過ごすことになっても、飴やキャラメルのように糖分を持っておくと安心ですよ。
甘いものを口にしていれば、きっと気持ちが落ちついてくるはずです。

地震の時のために、お家に備えておきたいグッズ。

食料品のストック

防災グッズを準備するとき、とくによく考えたいのが食料について!
食料のストックの目安は大体3日間といわれています。
ストックしているうちに古くなった食べもの・飲みものは、ありたがくいただき、減った分、また足しておきましょう。
基本的にこのサイクルを繰り返していれば◎

<①ゼリー飲料>
意外と便利なのは、ゼリー飲料!
最近は栄養ドリンク系のゼリー飲料も登場し、さらに飲みやすくなっていますよね。
こういったものを普段からストックしておくと、地震の時だけではなく、風邪をひいた、あるいは胃腸の調子が悪いなど、小さな体調不良時にも活躍しますよ。
もちろん、防災としての役割も、きちんと果たしてくれます。

<②簡易お味噌汁>
お湯をとかせば、すぐにできるお味噌汁♡
最近は種類も増え、美味しいお味噌汁がたくさん登場していますよね。
スーパーやコンビニで気軽に入手でき、ストックしておくとなにかと便利です。
お湯でとかすだけで飲めるので、料理が苦手な女子にもおすすめですよ。

古くなったら、お家でご飯を食べるときに使うのも◎
保存性もあり、防災用としてもストックできるので、多めに買っておくだけでかなり安心できますよ。

他にもお水やお米、パスタソースなど、基本的な食材を備えておくだけでも、ひとり暮らし女子にとっては強い支えになります。
地震のときのために備えておきたいグッズはいかがでしたか?
日本の各地で起きる大規模な災害は決して他人事ではありません。
自分も同じ経験をする確率は、どちらかというと高いのです。
ひとり暮らし女子の場合は、ひとりだからこそ日ごろから防災を意識した行動が必要ですよ。
「いつかしよう」「時間があいたら準備しよう」ではなく、今日少しでも時間があるなら、地震に備えての準備を進めること!
それが最終的には自分を守る行動でもあり、いのちを救うことにもなるんです。

【関連記事】地震のときのために備えておきたい非常食10選!美味しさにホッする。

日本各地に大きな地震が予測され、災害時の備えというものが改めて見直されてきています。そ...

地震 防災

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる