雑誌連動

連れて来られたらハイスペック認定?おしゃれな会員制バー【銀座編】

LIFESTYLE

♡4MEEE Vol.3 p.60 〜「やっぱりハイスペ男子に愛されたい。」

会員制バーは、あらかじめ決められた人しか入ることができない場所!おしゃれで落ち着いた雰囲気のバーが多く、特別感がある場所を求めている人にぴったりです。

大人の街、銀座にある会員制バーには、どのようなものがあるのでしょうか?会員制バーの仕組みや、デートで連れて行ってもらえたらテンションが上がること間違いなしの、おしゃれな会員制バーをご紹介します♪

【会員制バーとは?】

会員制バーと聞いて、敷居が高いイメージを持つ人は多いことでしょう。
お店がある場所に看板が出ていなかったり、メニューや価格もわかりやすく掲示されていなかったりと、紹介者がいなければお店に入りずらいような店構えですよね。

「特別でおしゃれな場所」というイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。

銀座の会員制バーは顧客を獲得するために、広告を利用することはありません。
一体、どうやって経営しているのか不思議に思う人もいることでしょう。
実は、会員制バーのほとんどは、お客さんから新しいお客さんを紹介してもらうことで成り立っているのだそう!

すでに会員になっている人が、お店を気に入ってくれそうな他の友人を連れて訪れるため、お客さんを獲得することが可能な仕組みとなっているんです。

銀座のおしゃれな会員制バーは、どうすれば会員になれるの?

おしゃれな会員制のバーの会員になるには、お金持ちでなければならないのでしょうか?
その答えは、必ずしもYESではありません!すごいお金持ちでなければ会員になれないというわけではないようです。

店によって入会の条件が異なることが大きな特徴です。
審査を受けなければ入会できない場合や、多額な入会金・年会費が必要な場合も中にはあります。

高級店ほど入会金が高い傾向がありますが、一般・プレミアムというように会員の種類がわかれており、一般会員は一般的なサラリーマンでも支払うことが可能な範囲で設定されていることもしばしば。

ただし、銀座にある会員制の高級バーは、すでに会員になっている人の紹介が絶対条件となっているお店が多いようです。

銀座のおしゃれな会員制バーへ通うのはどんな人?

紹介者が必要となっている、銀座のおしゃれな会員制バーの中には、ハイスペックな人々がたくさん集まるお店もあります。

経営者や一流企業の管理職といった人々の知人や友人は、それなりの年収であることが予想されますよね。
たとえば、医師や弁護士といったお客さんが多い会員制バーでは、自然と同じ職業の人々が集まることが多いそうです。

友人の友人というように顧客が広がっていくため、自然と高い質のお客さんが集まるような仕組みとなっています。

銀座のおしゃれな会員制バーは、普通のバーとどんなところが違うの?

一般的なバーへ行くと、混雑していたりうるさかったりする場合がありますよね。
客層が常に一定というわけではないため、酔っ払い過ぎている人がいたり、場のシックな雰囲気にそぐわない人たちがいることもあります。

一方、銀座の会員制のバーには、すでに会員となっている人から紹介されたお客さんしかいないので、お店の雰囲気やコンセプトを深く理解しているお客さんが集まっています。

もちろん、一般的なバーであってもおしゃれな雰囲気づくりにこだわっているお店もありますが、高品質なサービスを提供してもらえるという点では、会員制バーの方がワンランク上にあると考えていいでしょう。

会員制バーの場合は、会員それぞれの好みに合わせて、お酒の銘柄や料理の焼き加減など、きめ細かいところまで気を配ってくれることが多いので、一般的なバーよりも満足度が高いと考えられます。

それでは次に、銀座にある会員制バーをいくつかご紹介いたします!

銀座のおしゃれな会員制バー①Ne Plus Ultra 銀座

Ne Plus Ultra 銀座 www.facebook.com

銀座コリドー街の近くにある、Ne Plus Ultra(ネプラスウルトラ)銀座は、大人のための会員制シガーバーです。
シガーバーとして全国的に知られた存在であり、ドラマの撮影に使用されたり、メディアから取材を受けたりと注目を浴びているそうです。

シガーバーはただお酒を飲む場所ではなく、葉巻を楽しむ大人のための空間。
まさしく、ダンディな大人の男性に相応しい場所だといえます。
若い女性が気軽に1人で行ける場所ではないため、もし、連れて行ってもらえたらかなりラッキー♪

入り口で専用のICカードをかざして入店する仕組みとなっているのだそう!
店内は重厚感のある内装にこだわった、落ち着きのあるおしゃれな空間です。映画のワンシーンのようなひとときを過ごすことができるでしょう。

◆Ne Plus Ultra 銀座(ネ プラス ウルトラ)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-11 横須賀第五ビル B1F
電話:03-5537-6531
営業時間:月~土 15:00~翌3:00 / 日・祝 15:00~翌1:00
会費:入会金 31,500円 / 年会費 15,750円
定休日:不明

Ne Plus Ultra 銀座

銀座のおしゃれな会員制バー②イル・ルオーゴ 銀座

イル・ルオーゴ 銀座 www.illuogo.jp

イル・ルオーゴ 銀座は会員制のワインバーです。バーだけでなく、ビストロとしても使用することができるお店です。

店内は居心地のいいカジュアルな空間ですが、品の良さが感じられるおしゃれなインテリアで統一されています。

銀座のど真ん中にある立地の良さも魅力!会員は「銀座に自分の店を持っている」という感覚で、イル・ルオーゴ 銀座を訪れることができます。
1人1人がお店のオーナーとなっているような、親密な空気が感じられるお店なのだそう。

支払った年会費は、店内で使用可能なバウチャーと交換してもらえるため、会員制バーとしてはお財布に優しいタイプのお店といえますね。
特別なワインがコスパのいい価格でいただけるのも、イル・ルオーゴ 銀座の会員ならではの特典♡

◆イル・ルオーゴ 銀座
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-8 isg BUILDING 5F
電話:03-6264-6156
営業時間: 平日 17:00~1:00 / 土曜 17:00~0:00
会費:年会費 30,000円
定休日:日曜・祝日

イル・ルオーゴ 銀座

銀座のおしゃれな会員制バー③KOMATSU BAR

KOMATSU BAR www.ginza-komatsu.co.jp

表に看板もメニューも出ていない、まさに知る人ぞ知るお店といえるのが銀座にあるKOMATSU BAR(コマツバー)。
銀座のすずらん通りに面した、ギンザコマツ西館の7階にあります。

カウンターテーブルには京都の銘木を使用した一枚板が使用されており、高級感があります。
テーブル席には、レトロなソファが配置されており、すべてを統一せずにあえて違ったデザインのものを置いているところがおしゃれなポイントなのだそう!

会員制バーですが、事前に電話で予約がとれれば入店可能というスタイルを採用しているので、敷居はあまり高くないといえそうです。

◆KOMATSU BAR(コマツバー)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ 7F
電話:03-6280-6690
営業時間:16:00~23:00
会費:不明
定休日:土曜・日曜・祝日

KOMATSU BAR

銀座のおしゃれな会員制バー④Blue Red & Blue

Blue Red & Blue www.brb.co.jp

Blue Red & Blue(ブルーレッド&ブルー)、通称BRBは、銀座7丁目に店舗を構える会員制のレストラン&バー。
なんと、慶應義塾出身者(塾員)が会員となっており、卒業生が親交を深める社交場として知られています。

バーやラウンジはおしゃれで落ち着いた空間。
店内で使用されている食器には慶應義塾のシンボルとして知られる、ペンマークがデザインされているんだとか。

慶應義塾出身の彼氏や友人がいるなら、ぜひ連れて行ってもらってはいかがでしょうか。

◆Blue Red & Blue(ブルーレッド&ブルー)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8第2丸高ビルB1
電話:03-3541-0801
営業時間:月~金 17:00~23:00 ※土曜は会員のみのパーティー開催
会費:入会金 50,000円 / 年会費 30,000円
定休日:日曜・祝日

Blue Red & Blue

銀座にある会員制バーは、限られた人しか利用することができない、特別でおしゃれな空間です。
会員になるための費用が必要という点だけでなく、会員になることができるだけの交友関係を持っているかどうかという点にもつながります。
もし、彼氏や狙っている男性がひいきにしている会員制のバーに連れて行ってもらうことができたら、大切な存在だと思われていると考えていいでしょう。