もしかしたら逆さまつ毛かも?疑うべき症状と手術の種類をご紹介!

なんだか目がゴロゴロする。
ゴミが入っているわけでも、ものもらいがあるわけでもない。
そんな時は、逆さまつ毛かもしれません。そこで、逆さまつ毛の症状と手術の種類についてご紹介していきたいと思います!

この記事の監修

湘南美容外科 Dr. 梶山 典彦

まずは逆さまつ毛の症状を知りましょう!

逆さまつ毛の症状は、いくつかあります。

✔︎目がゴロゴロとして異物感を感じる。
✔︎明るい場所や光が眩しい。
✔︎何もしていないのに目が潤んで、涙が出る。
✔目が赤く充血してしまう。目やにが頻繁に出る。

など、特徴的な症状があります。

このような症状が理由もわからず長引く場合は、逆さまつ毛の可能性があります。
目の異変の原因が全くわからないときは、早めに病院にいきましょう。

それらの原因が逆さまつ毛だとすれば、手術を行うこともあります。

症状別に見る逆さまつ毛の手術:上瞼の逆さまつ毛を修正する場合(切開なしの埋没法による二重整形手術)

上瞼の逆さまつ毛は、埋没法による二重整形手術でも治すことができます。

埋没法は、瞼の切開を行わずに糸で数か所縫合を行う簡単な方法です。瞼に局所麻酔をするので、麻酔のチクっとした痛みを乗り切ってしまえば、施術はほぼ無痛で受けられます♪

まれに僅かな傷跡が残ることがありますが、二重ラインのシワに沿うためほとんど目立つことはありません。

症状別に見る逆さまつ毛の手術:上瞼の逆さまつ毛の修正を行う場合(切開手術を用いた二重整形手術)

逆さまつ毛の症状が重度の場合は、瞼を切開する二重整形手術を用いて治します。

手術内容は医師によって異なりますが、皮膚を30mmほど切開し、場合によっては皮膚のたるみも切除した上でそのラインに二重を形成し、傷を丁寧に閉じてきます。

切開法の場合は眠る麻酔を選択される方が多く、その場合は局所麻酔時も含め、手術中痛みを感じることはほぼありません。ただし、大きく切開する分、その傷跡が目立たなくなるには月単位の時間が必要となりますので、しっかりと医師と相談してください。

逆さまつ毛の方以外にも、まつ毛をしっかり前に向けたいと思っている方におすすめの治療法です。

症状別に見る逆さまつ毛の手術:下瞼の逆さまつ毛を修正を行う場合(上瞼と同じ手術方法)

下瞼の逆さまつ毛の場合、切開手術なしでの矯正は困難です。不可能ではありませんが、上瞼の埋没法手術のような安定感を得ることはとても難しくなります。

そのため、下瞼の逆さまつ毛を改善するためには、上瞼の切開手術と同じような内容になります。

痛みも麻酔を使用するため無痛で、傷跡も時間が経過すれば目立たなくなりますが、切開をしているので何か異変があった場合はすぐに医師に相談しましょう。
逆さまつ毛の治療には、いくつかの種類があります。
医師の説明をよく分析して、自分の逆さまつ毛の種類を把握し、どのような施術を受けるかを決定しましょう。
逆さまつ毛の手術は、保険適応が可能です。
保険のことも医師と話し合い、料金も考慮してどのような施術を行っていくのかを綿密に話し合いましょう。

【関連記事】もう痛みに耐えないで!放置するほど危険な「逆さまつ毛」は手術を

時にはひどい痛みが生じる逆さまつ毛。実は痛みだけではなく、さまざまなリスクがあり、放置...

逆さまつ毛 症状 手術 手術

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

柏木麻衣子

はじめまして! 美容と健康に力を入れています! 趣味はショッピングで、コスメショップ巡りなんかが大…

>もっとみる