髪の毛のうねりをなんとかしたい!原因や改善、緊急時の対策方法7選

まとまりにくい髪の毛のうねりに対して「原因はなに?」「改善方法が知りたい!」と悩む女性が多くいます。
とくに雨などで湿気が強くなると、うねりも強さを増し、嫌になってしまうこともありますよね。
そこで今回は、原因から改善、緊急時の対策方法までご紹介するので、うねりに悩んでいる女性はぜひ参考にしてください。

髪の毛のうねりは改善できる?

俯き加減の女性

サラサラの美しいストレートヘアに憧れていても、うねりがある女性は時間が経つとすぐに波打ってしまったり、パサついたりしてしまいますよね。
髪の毛のまとまりも悪くなり、忙しい時間帯でのヘアセットも厄介になります。

「このうねり髪は治るのかな?」と気になっている女性も多いのではないでしょうか。
髪のうねりは、原因によって改善できるものもあれば、できないものもあるといわれています。

改善ができない場合でも、うねりを抑えることは期待できるので、まずは髪の毛がうねる原因を知ることが大切になりそうですよ。

髪の毛のうねりの原因とは?

髪の毛を見る女性

まずは、髪の毛のうねりの原因がどこにあるのかチェックしていきましょう。

・遺伝
小さいころからうねりのあるクセ毛であれば、遺伝によるものです。
ご両親や祖父母などがクセ毛である場合、遺伝しやすいといわれています。
この場合は、美容院などで相談して縮毛矯正などをかけることでうねりを抑えることができます。

・髪の毛へのダメージ
間違ったヘアケア方法やパーマやカラーリングなどによるキューティクルの傷み、乾燥、ドライヤーの熱、紫外線など、あらゆるダメージによって髪の内部の水分や脂質が減少したところへ、新たな水分が入り込むと膨張してうねってしまうといわれています。

・毛穴のゆがみ
顔と頭皮は一枚の皮膚で繋がっているので、加齢によって顔がたるむと頭皮のゆがみにも繋がってしまうそうです。
このゆがみによって、新しく生えてくる髪の毛がうねるといわれています。

原因がわかったところで、ここからは髪の毛のうねりの改善方法をご紹介いたします。

髪の毛のうねりの改善方法①ブラッシングをするときに工夫する

ブラッシングをする女性

髪の毛のうねりを改善するために、強めのブラッシングを長くしている女性はいませんか?
それは、うねりのある髪の毛にとって逆効果なブラッシングかもしれません。

うねり髪にはうねり髪のブラッシング方法があるので、チェックしておきましょう。

《うねり髪のブラッシング方法》
①まずは毛先の絡まりを優しく梳かします。
②毛先中心が滑らかに整ったら、根元から梳かしていきましょう。

シャンプー前にブラッシングをすることで、余分な汚れや絡まりをとることができ、シャンプーもスムーズにできるようになるので、ぜひ意識してみてください。

髪の毛のうねりの改善方法②シャンプーを見直す

シャンプーとリンスのボトル

髪の毛のうねりの改善方法として、シャンプーを見直すことも簡単に始められます。
健康な頭皮環境を守るためには、自分の髪の毛に合ったシャンプー選びが欠かせません。

そこでおすすめなのが、頭皮を弱酸性に保ちながら、優しく洗い上げることができるアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーとは、主成分がアミノ酸でできていて、低刺激であるのが特徴のシャンプーになります。

洗浄力が弱めではあるものの、余分な汚れや皮脂は洗い方次第で丁寧に取り除くことができますよ。

また、頭皮環境を整えるスカルプシャンプーもおすすめですが、男性用だと必要な皮脂までも取りすぎてしまう可能性があるので、必ず女性用を選ぶようにしてくださいね。

髪の毛のうねりの改善方法③正しい洗い方を身につける

頭皮マッサージをする女性

ブラッシング、そしてシャンプーの見直しができたら、正しく洗えているのか見直しましょう。

《正しい洗い方のポイント》
・ぬるま湯に設定したシャワーで、まずはしっかり予洗いをする
・泡立てネットなどを活用しながらシャンプーをしっかり泡立てる
・指の腹全体を使って、優しくマッサージをするように揉み込む
・すすぎ残しがないように、予洗いよりも時間をたっぷりかけて汚れや皮脂、シャンプーを洗い流しましょう。

シャンプーをしているときに頭皮マッサージを取り入れることで、皮膚のたるみを改善することが期待できます。
さらに、頭皮の血行がよくなることで、髪の毛にも栄養が行き渡りやすくなりますよ。

コンディショナーを使う場合は、毛穴を塞がないように毛先中心に馴染ませ、シャンプーと同じようにしっかり流してくださいね。

髪の毛のうねりの改善方法④アウトバストリートメントを使う

風でなびく髪

うねり改善のために、アウトバストリートメントのような髪の毛をコーティングしてくれるようなアイテムを用意しておくこともおすすめです。

髪の毛をコーティングすれば、ドライヤーによる熱から守るだけでなく、乾燥や紫外線、͡コテなどによるダメージからも守ることができますよ。

ですので、朝のスタイリング時などもコーティングしておくと安心です。
雨の日などもセットのもちがよくなるので、ぜひ取り入れていきたいですよね。

髪の毛のうねりの改善方法⑤乾かし方に気を付ける

ドライヤーを使う女性

タオルドライ後のドライヤーはもちろん、朝起きると髪の毛のうねりがひどい場合は、ドライヤーを使った乾かし方も見直してみましょう。

アウトバストリートメントで髪の毛を保護したら、ドライヤーは頭から20cmほど離して素早く乾かしていきます。
このとき気を付けたいのが、滴り落ちてくる毛先ばかりを乾かさないこと!

根元からしっかり乾かさないと、うねりの原因になってしまうので、根元を先に乾かしていくようにしてみてください。

全体が乾いたら、最後にうねり改善のために冷風で仕上げます。
そうすることで、熱で開いた髪の毛のキューティクルをキュッと引き締めることができ、ツヤのある仕上がりを長持ちさせることが期待できますよ。

髪の毛のうねりの改善方法⑥生活習慣も見直す

目をつぶる女性

偏った食生活や過度なダイエットなどで栄養が不足してしまうと、身体などに害が出るだけでなく、健康的な髪の毛を育てることもできなくなってしまいます。
規則正しく、バランスのとれた食生活を1日3食摂ることが大切ですが、その中でも髪の毛にいい食材を積極的に摂ることもうねり改善のためにおすすめです。

《髪の毛にいい食べ物》
・髪の毛の主成分になるケラチンに欠かせない「タンパク質」
・タンパク質から髪の毛を合成するときに欠かせない「ミネラル」
・髪の成長を促したり、頭皮を保護したりする「ビタミン類」

また、睡眠不足もよくないので、遅くまでスマートフォンやパソコンを使用することは控えましょう。
就寝する1時間くらい前からは、ぐっすり眠れるようにリラックスして過ごすといいですよ。

髪の毛のうねりの改善方法⑦縮毛矯正を考える

ストレートアイロンを使う

根本的な改善にはなりませんが、どうしてもストレートヘアに今すぐなりたいときや、遺伝で改善が難しそうな場合は、縮毛矯正をかけるという手段もありますよ。

しかし、縮毛矯正は薬剤や熱を利用して髪の毛を真っすぐにしていくので、ダメージを与えることになってしまいます。
ダメージだけでなく、人によってはボリュームがなくなってしまうこともあるそう……。

また、当然ですが新しく生えてきたところはかかっていないので、2~3ヶ月に一度くらいのペースで美容院へ行かなければならないこともあるので、美容師さんに相談するのがおすすめです。

美容院によっては、気になる部分だけストレートパーマをかけてくれるところもあるそうなので、顔周りだけでも何とかしたい場合は聞いてみてくださいね。

髪の毛のうねりを活かす方法♪

振り向く女性

髪の毛のうねりに対する改善方法をご紹介させていただきましたが、うねりを活かす方法もあります。

それがヘアアレンジ!
うねりがあることで、パーマをかけているように見えるので、軽くワックスを揉み込むだけでこなれ感のあるヘアスタイルに決まりますよ。

また、うねりは水に塗らすと強くなることがあるので、あえてトレンドのウェットヘアでうねりを強調させておしゃれに見せることもおすすめです。

髪の毛に長さがあるようであれば、ハーフアップやポニーテール、お団子などでうねりを活かしながらヘアアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。
髪の毛のうねりについてご紹介いたしました。
日々のケアでうねりを抑えたり改善したりすることができますが、今ではうねりを活かした方法もあります。
自分に合った方法で、うねりと上手に付き合ってみてください。

【関連記事】美容師さんに聞きました!天パ&うねりを時短でまっすぐにする方法

ひどいクセ毛にお悩みの方も多いと思います。縮毛矯正をかけるのが手っ取り早い方法ですが、...

ヘアケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる