運動神経は大人でも良くなる!運動神経を高める方法♪

BEAUTY

体力がなくて疲れやすかったり、身体を使うとすぐどこかを痛めてしまったり…。
「あー運動神経が高ければなぁ…」なんて思うことはありませんか?
でも、大人だからもう無理…?いえ、そんなことはありません!
今回は運動神経が効果的にアップする方法をご紹介します☆

運動神経を高める方法① イメージ力!

みなさん、スボーツをよく見ますか?

実は『イメージ力』も、運動神経のキーを握るのです!
体を動かすときは脳から筋肉を動かす指令が出て、その指令に合わせて体の筋肉を動かします。

運動神経の良い人は、脳でイメージしたものから筋肉へスムーズに指令が出されるということなんです。

ということは、脳に具体的なイメージ力が必要ということ。
アクティブに体を動かせるようになりたい方は、スポーツ観戦から初めて見るのもオススメです♪

運動神経を高める方法② 体との結びつきを強化する!

イメージはできても、まだ体がついていかない…
そんな方は、体との結びつきを強化させることが大切です!

一度体が覚えた動きは、脳からの指令に反応することができます。
これを神経ネットワークというのですが、このネットワークが形成されるのは、幼少期だと言われています。

幼少期にたくさん運動をしていると神経ネットワークが形成され、大人になってもスムーズに動けるようになるんです。

運動神経を高める方法③ 反復する!

じゃあ、子供の頃に戻らなくてはいけないの…!?なんて、諦めなくて大丈夫です!

大人になってからでも、時間はかかりますが、ネットワークを作ることはできるんです。

ここで重要なのは、反復すること!
同じ動きを続けて体に覚えさせることで、ネットワークが形成されます。
そして、イメージ通りに体が動くようになってきます。

運動神経を高める方法③ 続けること

運動神経を良くするのは、大人になってからでも決して遅くはありません。

しかし、子供の頃と比べたら、多少時間はかかってしまう可能性は高いです。
ですが、大切なのは諦めず続けること!

続けていれば、必ず、体(筋肉)は動きを覚え脳からの指令に素早く反応してくれるようになります。

まずは簡単な運動から初めてみましょう。

いかがでしたか?
運動神経が良くなれば、体も丈夫になりますし、運動も楽しくなりますよね♪

今年は運動神経をアップさせて、活動の幅を広げてみてはいかがでしょうか?