ティム・バートン監督!映画「アリス・イン・ワンダーランド」をご紹介

LIFESTYLE

ジョニー・デップが奇抜な衣装とキャラクターを演じるティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」はもう観ましたか?
「不思議の国のアリス」なら誰しもが知っている童話。そのアリスの“2回目”となる不思議な体験を描いたストーリーです。

ティム・バートン監督にて魅せられる新たなアリス・ワールド映画「アリス・イン・ワンダーランド」

児童文学家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」に続く新たな冒険を、ティム・バートン監督がその世界観を発揮し独創的に描くファンタジーストーリー。

映画「アリス・イン・ワンダーランド」!

アリスを演じるのはオーストラリア出身のミア・ワシコウスカさん♡
ストーリーのキーマンとなるヒロインさえも飲み込む強烈なキャラクターである帽子屋を、ジョニー・デップが演じます。
その他キャストにヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイと豪華キャストが出演する話題作です☆

ティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」

引用:eiga.com

ティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」のストーリーをご紹介!

ストーリーは冒険から13年後、アリスは19歳。最愛の父を亡くしたアリス・キングスレーはパーティに出席します。

しかしこのパーティーはアリスの母と姉が企画したアリスの婚約パーティでした。アリスは貴族の御曹司・ヘイミッシュからプロポーズされるも、驚きのあまり逃げ出してしまいます。
アリスはその昔迷い込んだ不思議の国を再び訪れ、その昔出逢ったマッドハッターやチェシャ猫達と再会☆

しかし不思議の国は13年前とは変わり果てあの頃の輝きはなく暗く澱んだ世界……。
アリスは元の世界へ戻すため、暗黒の世界の原因となった“赤の女王”と戦います!

ティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」はみどころたっぷり!

引用:image.space.rakuten.co.jp

ティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」は、キャストやストーリーも素敵ながら、やはり目を奪われるのはその映像やキャラクターの個性爆発のド派手なメイク。

ティム・バートン監督といえば、ファンタジー作品に強く、作品毎にオリジナルの世界を強く打ち出してきました。

今回も期待以上、それぞれのキャラクターがどれも主人公のように丁寧に、かつ個性的に作られていますよ。映像の美しさ、ストーリーテンポの良さも、観ていてとても軽快です★

映画「アリス・イン・ワンダーランド」の監督ティム・バートンさんの世界観って?

引用:drama.nagoya

映画「アリス・イン・ワンダーランド」の監督「ティム・バートン」さんは、アメリカ合衆国の映画監督、プロデューサー、脚本家。1958年生まれの現在57歳。

ディズニーのアニメーターとして「トロン」に参加した後、実写短編犬がフランケンシュタインになるという「フランケンウィニー」を演出し有名になりました。

ゴシックやホラー、ファンタジーなどに群を抜く独創的なセンスをもっています。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」は原案・原作ともにティム・バートンによるもので、その絵本やキャラクターグッズ、アニメは日本でも人気となっているんですよ♪

ティム・バートン監督の映画「アリス・イン・ワンダーランド」をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ティム・バートン×ジョニー・デップ7回目の共同作品です。
その独創性をひた走る監督の“魅せる”作品に触れてみませんか? ぜひぜひ、オススメです!