肌トラブルの原因はクレンジング?肌質別に見るクレンジングの選び方

最近肌の調子が悪い……その原因、クレンジングのせいかも!?
肌に合わないクレンジング料を使用していると、肌トラブルの原因になることがあります。
今回はそんな肌トラブルを避ける為の、肌タイプ別に見るクレンジングの正しい選び方をご紹介致します♡

正しいメイククレンジングの選び方

洗顔の中で最も大切だといっても過言ではない、クレンジング料選び。
今では色んな種類のクレンジング料が販売されていますが、何を基準に選んだら良いのかわからなくなっていませんか?そんな時は「ベースメイクの濃さ」を基準に考えてみましょう。

クレンジング料は洗浄力の高い順に並べると、『オイルタイプ→リキッド→クリーム→ジェル→ミルク』となっております。そして、洗浄力の高さと比例するように、肌への負担が大きくなる事も忘れてはいけません。その為、必要以上に洗浄力の高いクレンジングを使用すると肌にも負担がかかってしまうので注意しましょう。

ポイントメイクだけが濃い場合も、ベースメイクの濃さを基準にクレンジングを選びましょう。ベースメイクが濃い場合にはオイルorリキッドでしっかり落とす、一方ベースメイクがナチュラルで薄い場合にはジェルorミルクの使用がおすすめです。

実は、クレンジングがあなたに合っていないだけで、肌トラブルの原因となることがあります。例えば肌が突っ張ったり、乾燥して粉吹きが気になり始めたら、それはクレンジングがあなたに合っていないせいかもしれません。
更に、肌に合わないクレンジング料を使用すると、肌に必用な水分や油分まで奪われて、乾燥肌になってしまうことも……!

「最近肌の調子があまり良く無いな……。」と感じたら、使用しているクレンジング料を見直してみましょう。

クレンジング料の選び方①しっかりメイクには「オイルタイプ」

www.threecosmetics.com

最初にご紹介するクレンジング料の選び方は、しっかりメイクのパターンです。
ベースメイクを厚塗りにしてしっかりメイクをしている人は、オイルタイプのクレンジングでメイクをしっかり落としましょう。

オイルタイプのクレンジングは油分を多く含む為、お風呂場や濡れた手でも使用できるアイテムが多いのがポイント。ほとんどのウォータープルーフタイプのマスカラも、スルッと落とすことができるでしょう。

しっかりメイクも抜けめなくオフできるオイルタイプのクレンジングですが、洗浄力が高い分、肌への負担が大きいという欠点も。オイルタイプのクレンジングは肌に十分密着できる分、必用な水分や皮脂まで洗い流してしまう可能性があるのです。その為、乾燥肌の人が使用すると、さらなる乾燥を引き起こす原因となることがあるので注意しましょう。

クレンジング料の選び方②脂肌には「リキッドタイプ」

www.do-organic.com

次にご紹介するクレンジング料の選び方は、脂肌のパターンです。
お顔のべたつきが気になるような脂肌の方は、リキッドタイプのクレンジングがおすすめ。オイルに比べるとサラッとしたテクスチャーで、さっぱりと洗い上げてくれるのが特徴!

リキッドタイプのクレンジングは、まつ毛エクステをつけている人でも使用できるものが多く販売されています。ベタつきが少なく洗浄力も高めなので、まつ毛エクステをつけているしっかりメイクの人にもおすすめなのがこのリキッドタイプのクレンジングです。

一方オイルタイプのクレンジング同様、洗浄力が高いためお肌への負担が大きいという欠点も。その為、リキッドタイプのクレンジングも、肌の乾燥が気になる際は避けるようにしましょう。

クレンジング料の選び方③乾燥肌には「クリームタイプ」

net.pola.co.jp

次にご紹介するクレンジング料の選び方は、乾燥肌のパターンです。
乾燥肌でお悩みの方におすすめのクレンジングは「クリームタイプ」。
しっかりとしたテクスチャーのクリームを選べば、普通~ナチュラルタイプのベースメイクをしっかり落とすことができます。普段使いにおすすめのクレンジングと言えるでしょう。

保湿クリームのようなクレンジング料が肌のクッションになってくれるため、肌への負担も軽減できると考えられています。

お顔をマッサージするようにクレンジングができるのも嬉しいポイントです。

クレンジング料の選び方④肌の調子が気になる日は「ジェルタイプ」

www.fancl.co.jp

次にご紹介するクレンジング料の選び方は、肌をいたわりたい日のパターンです。
肌の調子がいまいち……そんな時に使用して欲しいのが、ジェルタイプのクレンジング料!

ジェルタイプのクレンジング料は油性タイプと水性タイプの2種類があります。
油性タイプはオイルが混ざっているのでしっかりメイクにおすすめ、一方水性タイプはオイルを含まない為、まつ毛エクステをしている方や肌の乾燥が気になる方におすすめです。

ジェルタイプは弾力があり厚みのあるテクスチャーのものが多いので、クレンジングと肌の間にクッションができます。その為、洗顔による肌への負担が少ないのだとか。「肌の調子がいまいちだけどしっかりメイクをしちゃった……」そんな時は、油性タイプのジェルクレンジングがおすすめですよ!

クレンジング料の選び方⑤乾燥肌には「クリームタイプ」

www.dhc.co.jp

次にご紹介するクレンジング料の選び方は、敏感肌のパターンです。
敏感肌お悩みの方におすすめなのが、肌への負担が最も少ないと言われる「ミルクタイプ」。
ミルクタイプのクレンジング料は油分が少ない為、簡単に洗い流すことができるのが特徴です。

クリームタイプに比べ、含まれる油分が更に少ないので、肌への負担も少ないといわれています。洗い上がりはしっとり♡敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことができるでしょう。

一方、洗浄力はあまり強くないので、濃いメイクが落としにくいといった欠点も。
ナチュラルメイクの方はミルクタイプのクレンジングで十分ですが、しっかりメイクの方は少々物足りなさを感じるかもしれません。

クレンジングの選び方⑥眠さの救世主は「シートタイプ」

www.orbis.co.jp

最後にご紹介するクレンジング料は、クレンジングの救世主♡
帰宅後、眠くて疲れてどうしようもない!そんな時におすすめなのがシートタイプのクレンジングです。
サッと取り出して、顔を拭くだけでメイクオフできるので簡単ですよね!

ですが、シートクレンジングはクレンジング料の中で最も肌に負担がかかると言われています。油分の少ないシートで顔をゴシゴシ拭くと、摩擦によって肌が傷ついてしまう恐れがあります。

その為シートタイプのクレンジングは、疲れすぎてどうしようもない日や旅行先など、限定的に使用するようにしましょう。日常的な使用にはあまりおすすめできません。

正しいクレンジング方法

クレンジングを行う際は、乾いた手にクレンジング料をとるようにしましょう。
濡れた手でクレンジングを使用しても、その効果を十分に発揮できない可能性があります。

使用するクレンジングの量は、しっかり既定の量を守るようにしてください。
使用料より少ない量のクレンジングを使用すると、十分にメイクを落とすことができずゴシゴシとこすってしまい、肌への負担の原因となることがあります。

最後に、水で洗い流す際は30度前後のぬるま湯を使用するようにしましょう。
熱いお湯を使用すると、肌を乾燥させる原因となってしまうのでこちらも注意が必要です。
肌質別に見る、正しいクレンジング料の選び方をご紹介致しました。
自分に合ったクレンジング料をチョイスして、スッキリメイクオフを心がけましょう♡

【関連記事】落としながらケアする時代へ!肌トラブルを解決するクレンジング7選♡

女性なら誰もが毎日使うクレンジングですが、皆さんは何を基準にしてクレンジングアイテムを...

クレンジング 選び方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる