いつだって自分らしく。他人に感情を操られないようにする方法3つ

LIFESTYLE

自分の感情は自分が決めているものと思いがちですが、もしかしたらそれは違うかもしれません。
私たちの感情はあなた以外の誰かによってころころと変えられてしまっているのです。

他人によってゆらゆら感情は揺さぶられている!!

感情は内側から湧き出てくるものなので、自分が決めていると思ってしまいます。

しかしそれはちょっと違います。

みなさんはきっと他人の目や意見を気にして生活していますよね。
人から褒められると嬉しいし、他人から嫌なことを言われたらこれまでかってくらい落ち込むこともあります。

今回は後者のネガティブな感情について、他人に干渉されない方法をお教えします!

他人に感情を操られないようにする方法①▷気持ちを落ち着かせてみる

もしも他人から嫌なこと言われたら、一旦気持ちを落ち着かせてみましょう。

一回深呼吸して、もう一度それについて考えるのです。

休憩せずにずっと他人の言葉を考えていると、視野が狭くなってきて、それ以外考えられなくなります。そうなると、あなたの感情はもうその人に操られているんです。

ちょっとして嫌味であなたがネガティブになる必要はどこにもないわけですから、真剣に考える必要もありませんよ。

他人に感情を操られないようにする方法②▷無視orスルー

“無視する”というのも、場合によっては十分アリ!

あなたが嫌な気分になる発言をしてくる人って、決まっていませんか?

もし顔が浮かんだのであれば、その人を無視してみてはいかがでしょう。

でも、完全に無視することができるなら人間関係悩まなくていいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

だから無視するというより“スルー”という言葉がピッタリ。
右から左へ一方通行。そうすると、二度とその言葉はあなたの頭をよぎることはありません。

他人に感情を操られないようにする方法③▷最終決定は自分

とはいっても、最終的な判断は自分次第。
落ち込むも落ち込まないもあなたが決めることです。

だた、100%すべての人から賞賛を受けられるものはないと考えてください。
何かにつけてケチをつけるような人は必ず存在します。
そんな人のためにあなたが落ち込んだり、行動範囲を狭めたりする必要は全くないということ。

あまりにも批判の声が多かったら考え直す必要もあるかもしれませんが、賞賛してくれる人が大勢いる中でケチをつけてくる人がいたとしたら、迷わずスルーでいきましょう!!

あなたの代わりにあなたの人生をやってくれる人はいません。
自分の思うように行動してみてください!そのために嫌味を言う人は無視してしまいましょう!