これで仕事のメールもばっちり!お礼の書き方のマナー

LIFESTYLE

打ち合わせなどやりとりがあった仕事相手に、マナーを守ったお礼のメールは書けていますか?
お礼のビジネスメールについてご紹介します!

”お礼”メールのビジネスマナー①お礼はすばやく

出典:isfnetbenefit.com

基本的にどんなビジネスメールも24時間以内に返信することがマナーとされていますが、お礼のメールを送るなら、さらに意識してすばやく送りましょう。

たとえばメールでのやりとりであればメールを受信してすぐの返信が望ましいです。
会議等でメールボックスの確認が遅れてしまった場合、その旨を一言お詫びしましょう。

打ち合わせに出向いていただいたお礼なら、当日中にメールを送るのがベストです!

”お礼”メールのビジネスマナー②自分の言葉でお礼を伝える

出典:chusho-it.net

せっかくお礼のメールを受け取るのなら、テンプレートそのままの機械的なメールより、人柄の見えるあたたかいメールを受け取りたいですよね。

とはいえお礼を伝えるためのメールを長々と書いても仕方ありませんので、自分の言葉を使って、しかし簡潔にお礼を伝えるのがポイントであり、マナーでもあります

また、何に対してのお礼なのか、要点をはっきりさせることも意識しましょう。

”お礼”メールのビジネスマナー③お礼はストレートに

出典:mame-tanku.com

お礼のメールを書く場合も、「いつもお世話になっております」などの文頭の挨拶を忘れずに。
ビジネスメールを送るマナーとして、どんなときでも自分の名前と挨拶は忘れないようにしましょう。

そして内容は簡潔に、具体的に。
今日あった打ち合わせのお礼であれば、「本日はお忙しいところ、貴重なお時間を割いていただき誠にありがとうございました」など。

さらにもう1、2文、あくまで長くなりすぎない程度にお礼の内容について触れると◎です。
相手からの返信が要らない場合、「お礼ですので、返信はお気になさらないでください」などと返信不要の旨を付け加えておくと、より好印象です♡

”お礼”メールのビジネスマナー④メール返信へのお礼

出典:pro.foto.ne.jp

いただいたメールに対してお礼のメールを送ることは、相手のメールを確かに受け取った、確認しましたよという意思表示にもなりますので、なるべく迅速に返信しましょう。

仕事内容にもよりますが、基本的には深夜に送るのはマナー違反です。相手の就業時間内に送りましょう。

メールの送信時間を確認し、
・遅い時間ですのにご対応いただき、ありがとうございます。
・朝一番にメールをくださり、ありがとうございます。

またすばやい対応をしてもらったときには
・早急なご対応、いつもありがとうございます。

などと状況によってアレンジをすると、より感謝の気持ちが伝わります。

お礼のメールは送る機会も多いですが、時間をかけすぎず、かつスマートに返信ができればあなたの評価も上がること間違いなし。
これを機会にビジネスメールのマナーをおさらいしておきましょう。