髪は女の命!美髪ケアに欠かせない、ヘアオイルとヘアミルクの違い

髪は女性の命!
美しい髪を保つために、多くの女性が取り入れているヘアケア。
ヘアケアといってもさまざまな種類がありますが、その中で人気の高いものが、ヘアオイルやヘアミルクではないでしょうか。
なかなか詳しい違いが分からないという方も多いと思うので、それぞれの魅力についてご紹介します♪

美髪に欠かせないヘアケアアイテム

美しい髪を保ち、健やかな頭皮を維持するために欠かせない、ヘアケアアイテム。
髪のダメージが気になったときや、美髪をキープするために取り入れている方も多いのではないでしょうか。

最近ではさまざまな種類のヘアアイテムが発売されていますが、その中でも人気のあるものがヘアオイルやヘアミルクです。

どのような特徴があるのか、それぞれの違いは何なのか、ご紹介していきます♪
それぞれの特徴や魅力を知り、自分に合ったヘアアイテムを選びましょう!

ヘアオイルとヘアミルクの違い▶︎ヘアオイル

ヘアオイルとは名前の通り、オイルを原料にしたヘアアイテムです。
天然オイルまたは、合成油脂で出来ています。

ヘアオイルの魅力は、保湿力が高いこと!
入浴後のドライヤー前にヘアオイルを使うことで、髪にツヤを与えながらコーティングしてくれるので、水分や栄養を閉じ込めたまま乾かすことができるんです♪

また紫外線をブロックする働きがあり、熱にも強いので、ドライヤーの熱風から髪を守ってくれます。

傷んだ髪の修復に役立つだけでなく、朝のヘアセットもしやすくなるので、ヘアアイテム界の優れ者と言っても過言ではありませんね♡

ヘアオイルとヘアミルクの違い▶︎ヘアミルク

続いてご紹介するヘアミルクは、水や乳糖・クエン酸・エタノール・グリシンなどの成分から出来た、水性タイプのヘアアイテムです。

ヘアミルクの魅力は、パサつきによる髪の広がりや枝毛を主に修復してくれること!
ヘアオイルと同じように保湿力が高く、使い心地が軽いので、サラッと使うことができますよ♪

髪の毛全体に使うことができ、柔らかくなめらかな髪に導いてくれるので、髪質が硬い方やパーマやカラーで傷んでいる方におすすめです。

傷んでいる部分は、少し多めに馴染ませてあげると、潤いをキープすることができますよ♡

ヘアオイルとヘアミルクの違い▶︎正しい使い方や注意点

それぞれの魅力があるヘアオイルとヘアミルクですが、共通点は髪の内側に含まれている、水分の蒸発を防いでくれることです♪
ヘアオイルやヘアミルクを、効果的に使う正しい使い方もご紹介します!

①手のひらに2~3滴垂らしたら、両手を擦りながら手のひらや指の間にしっかりと馴染ませます。
②軽くタオルドライをした濡れた髪の毛先から上に向かって揉み込むように馴染ませていきましょう。このときに内側からつけることがポイント。
③最後に外側へ薄く伸ばしたら、ドライヤーで乾かせばヘアケアは終わりです。

ヘアオイルもヘアミルクも使い方は同じですが、ヘアオイルを使う場合は、量に気をつけなければなりません。
オイル特有のベタつきがあるので、量はもちろん頭皮につけることも避けましょう。
美髪を守るために欠かせない、ヘアケア。
ヘアオイルとヘアミルクの違いについて、ご紹介しました。
共通点はあるものの、感触や仕上がりが変わってくるので、自分の髪に合わせて使い分けることが大切です♪
自分の髪にはどちらが必要なのか、しっかり見極めて美しい髪を保つためにケアをしてみてくださいね!

【関連記事】ホームケアこそ肝!自宅で使いたいサロン発おすすめヘアケアアイテム

ダメージヘアを防ぐために欠かせないヘアケア。キレイな髪を保つために、サロンで本格的なケ...

ヘアオイル ヘアミルク 違い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる