手作りアイテムで脱毛できる!?自宅でできるシュガーワックスとは

手作りアイテムで脱毛できる!?自宅でできるシュガーワックスとは

BEAUTY

シュガーワックスという脱毛方法をご存知でしょうか?
脱毛方法には様々ありますね。そのうちの一つとして、ワックス脱毛という方法があるんです。
シュガーワックスは、そのワックス脱毛の一種。
実はこれ、自宅で簡単に作れてしまうのです!

今回は、シュガーワックスの作り方や、使用方法、使用時の注意点などをご紹介します♪

お家で脱毛できる!シュガーワックスとは?

脱毛といえば、サロンでの脱毛を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

自宅でのムダ毛処理といえば、カミソリや電動シェーバー、毛抜きを使用する方法が一般的ですね。

そして、専用ワックスでも、自宅で手軽に脱毛ができるんです!

ワックスを肌に塗り、それを剥がすことで毛根から毛が抜けます。
そのため、約1週間から、長くて10日間まで、新しい毛が生えてこないんだそう!

永久脱毛ではないので、その後は通常通り毛が生えてきますが、剃毛するよりは持ちが長くてうれしいですね♡

ワックス脱毛には、様々なタイプがあります。
シートタイプも販売されています。

でも実は、シュガーワックスは、わざわざ購入しなくても、ほとんど自宅にあるものを使って、簡単に手作りできるのです!

シュガーワックスと、ブラジリアンワックスとの関係

ワックス脱毛といえば、ブラジリアンワックスという言葉を思い浮かべる方が多いと思います。
ブラジリアンワックスとは、ワックス脱毛に使用するワックスの総称なんだそう。

ブラジリアンワックスは、油性のワックスと、水性のワックスの2種類ありますが、シュガーワックスは、その水性のワックスのひとつ。

ブラジリアンワックスの専門店などで使用されているワックスは、松ヤニで作られている油性のワックスが主流のようです。
理由として、油性ワックスの方が水性ワックスよりも粘着力が高く、脱毛効果が高いためです。
しかし、固まる温度が水性ワックスより高いため、低温やけどをしてしまう恐れもあり、素人には扱うことが難しいようですね。

一方、水性のワックスは、常温で固まりません。
冷めたら徐々に固まるので、素人でも扱いやすく、自己処理におすすめなんです。

ワックス脱毛の仕組みとは

ワックス脱毛は、脱毛したい部位にワックスを塗り、ワックスと毛を密着させます。

ワックスが冷えて固まったら、べりっ!と一気に剥がして脱毛します。

シュガーワックスは、天然素材でできているので、肌に優しい点が魅力。
正しい方法で使用すれば、デリケートゾーンを含めた、頭髪以外の全ての部位の毛に使用できるようです♪

しかし、ワックスにくっつけて脱毛する方法なので、短い毛だと抜けない可能性も……。
ワックス脱毛をする際は、できるだけ毛が伸びている状態で行いましょう。

シュガーワックスやハニーワックスなどの、水性のワックスは市販のものもあるので、作るのが面倒だなと思う方は、購入しても良いですね♪

シュガーワックスの作り方

それでは、シュガーワックスの作り方をご紹介します。

材料のうち2つは、ほとんどの家庭にあるものなんです!
とってもお財布に優しく、手軽にできますよ♪

<材料>
・砂糖……450g
・水……450ml
・レモン汁……60ml(レモン2個分)

①鍋に上記の材料を全て入れて混ぜ合わせます。

②強火で熱し、焦がさないように木べらで混ぜます。
高温になるので、ヘラは溶けない素材のものを使用してください!

アイスの木の棒でも良いですが、アイスの棒は短いものが多いので、ヤケドをしないように気をつけましょう。

③沸騰したら中火にして、絶えず混ぜながら、約30分〜45分程度、煮込んでください。
泡がブクブク出てきます。大変焦げやすいので、しっかりと混ぜましょう!

④濃い飴色になったら完成です♪

完成したシュガーワックスは、粗熱を取ってから、レンジ使用が可能で密封保存ができる容器に移します。

作った後すぐに使用する場合は、熱くない温度まで冷ましてから使ってください。ヤケドをする恐れがありますよ!

シュガーワックスを作る時のコツ

シュガーワックスを作る時に注意したいのが、火加減と加熱時間です。

硬すぎず、柔らかすぎずの肌触りにするためには、水分量がポイントとなります。

加熱しすぎると、水分がそれだけ飛んでしまって硬くなります。
反対に加熱が足りないと、冷ましても固まりにくいんです。

慣れるまでは、バランスが難しいかもしれませんね。
コンロの火力によって、加熱時間に差が出るので、目で見て加熱時間を判断しましょう!

また、ワックスの粘度でも判断できるでしょう。
丁度良い水分量になるのは、常温(15〜25℃)のハチミツくらいの粘度になった時です。
ヘラでかき混ぜたり、少し持ち上げて上から下へ落としてみたりすると分かりやすいですね♪

シュガーワックスの使い方

シュガーワックスの詳しい使用方法をご説明します♪

<用意するもの>
・布(ガーゼやさらし。要らなくなったTシャツなどの古着でも代用できます。)
・木べら(スパチュラや、アイスの棒を綺麗に洗ったものでも大丈夫です。)
・シュガーワックス(冷えて固まっていたら、電子レンジで少しずつ溶かして使用しましょう。また、逆に熱くなりすぎたら、人肌の温度に冷ましてから使用します。)

<使用方法>
①脱毛したい部位にシュガーワックスを塗っていきます。
毛の流れに沿って塗るようにしましょう。
ボディクリームなどを塗っている場合は、クリームをしっかりと洗い落としてから、シュガーワックスを塗布するようにしましょう!

②シュガーワックスが冷えて固まったら、今度は毛の流れとは逆方向に、一気に剥がします。
ゆっくりと剥がしてしまうと、その分、痛みに耐える時間も長くなってしまいますよ。

③肌に残ったベトベトしたワックスは、ぬるま湯のシャワーなどで洗い流します。
肌が炎症を起こしていることがあるので、できるだけ石鹸を使用せずに洗い流すと良いですね。
冷水ではワックスが固まってしまうので、ぬるま湯で洗い流してください!

シュガーワックスを塗布する前に、脱毛したい部位にベビーパウダーを塗っておくと、毛とシュガーワックスがより密着しやすくなるようですよ♪

背中など、手が届きにくい部分も楽々!

背中のムダ毛の処理は、カミソリを使うことがなかなか困難ですよね。

代わりに友人や恋人・家族にやってもらうこともあるかもしれませんが、力加減が難しいため、やる方もやってもらう方も、ヒヤヒヤしてしまいます……!

かと言って脱毛サロンに通うことも、時間と手間、そしてお金がかかります。
脱毛サロンはメリットも多いですが、施術の仕組み上、即効性は期待できません。

一方、シュガーワックスを使用した脱毛は、皮膚に傷をつける心配もほとんどありませんし、人にやってもらう際も、お互いに不安が少ないでしょう。
そして、べりっと剥がすだけなので、即効性があります!

シュガーワックスで背中を脱毛して、スベスベな肌を手に入れましょう♡

シュガーワックス直後のケア

シュガーワックスを使用した直後は、肌が赤みや炎症を帯びることもあります。

毛を引き抜いたことで、毛穴が開くため、雑菌などが入りやすくなることもあるでしょう。

そのため、肌の炎症を抑えるためにも、毛穴を引き締めるためにも、肌のクーリングをしてください。

濡らした清潔なタオルや、保冷材を綺麗なハンカチなどに包んで、優しく肌に当てて冷やすと良いですよ♪

また夏場であれば、脱毛後の肌に残っているシュガーワックスを、ぬるま湯のシャワーで洗い流した後に冷水を浴びてみましょう。
ワックスの洗い流しとクーリングが一度にでき、手間を省けますね♪

シュガーワックス後のアフターケア

シュガーワックスを使用した後は、肌が炎症していたり、肌がデリケートな状態になっています。

肌のケアとして、脱毛後に気をつけるべきことを、下記の通りご紹介します。

<脱毛後の注意点>
◆入浴する時は、シャワーだけで済ませ、湯船には浸からないようにしましょう。
肌が炎症している時は、できるだけ温かい湯を避けた方が良いですね。

◆日焼けに注意しましょう!
日焼けは、文字通り“肌が焼ける”こと。
肌にダメージを与える行為なので、脱毛後は特に気をつけてくださいね。

◆一週間程度は、ピーリングやスクラブの使用を控えてください。
炎症している肌に対してピーリングやスクラブを使うと、さらに炎症してしまう可能性があります。

◆肌を擦ったり、不用意に触ったりしないでください。
肌への刺激をできるだけ少なくすることや、手についたたくさんの雑菌が付着することを避けるためです。

◆お肌に直接触れる肌着や洋服、タオル類は、清潔にしたものを着用・使用するようにしましょう。
炎症している肌に雑菌がついてしまうと、皮膚トラブルにつながりかねません。

◆石鹸をできるだけ使用するのを控えましょう。
もし使用する場合は、弱酸性タイプや、余分な成分が入っていない、肌に優しいタイプの石鹸を使用してください。

◆脱毛後はしっかりと保湿をしましょう!
乾燥は、肌の修復力を低下させる原因になります。また、何かしらの刺激に対しての、肌の抵抗力を下げる原因にも……。

保湿に使用するクリームなどは、使い慣れたものを選んでください。
できるだけ、肌トラブルの可能性を下げるものを選択しましょう。

ワックス脱毛の注意点

ワックス脱毛の注意点は、毛が埋もれてしまう“埋没毛”ができないように気を付けることです。

埋没毛は、カミソリで毛を剃った後、毛を抜いた後、毛が生え変わる時にできやすいんです。

埋没毛を防ぐためには、保湿をしっかりと行い、できるだけ肌を柔らかい状態で維持しましょう。

また、ワックス脱毛をする前処理として、お風呂に入って身体を温め、毛穴を開かせておくと良いですね。
毛が抜けやすくなるので、脱毛時の肌のダメージが少なくなりますよ♡

いかがでしたか?
シュガーワックスは、自宅でできる脱毛方法のひとつとして、少しずつ知名度が上がってきています。

今まで聞いたことがなかった方も、あまり知らなかった方も、少しでも気になるようでしたら、ぜひ一度試してみてください♪
シュガーワックスを使用したことで、スベスベな肌が手に入ると良いですね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。