本当は違う?間違ったスキンケアをしていないかチェック!

BEAUTY

肌をいつまでも美しく保つためのスキンケア。自分が今まで信じて続けてきたスキンケアが間違いだったら・・・とっても恐ろしいですよね。
何が正しくて何が間違ったスキンケアなのか、一度ここでおさらいしておきましょう!

本当は違った!間違ったスキンケア法① 化粧水をパッティング

化粧水を手に出して、両手で顔をパチパチパチ。
強く叩けば化粧水が肌にしっかり吸収してくれると思っていませんか?

実はパッティングは、摩擦が起きて肌を痛めてしまうからNGなんです。

「血行が良くなれば肌の調子も良くなる」という話もありますが、パチパチ強く叩くのは控えましょう。

化粧水をつけるときにオススメなのは「ハンドプレス」♪ゆっくり優しくハンドプレスすることで、肌を痛めずに化粧水をしっかり染み込ませることができます。

本当は違った!間違ったスキンケア法② 洗顔フォームを顔の上でしばらく放置

洗顔フォームを泡立てて、顔に塗って放置。こうすれば洗浄力もアップしてさっぱりスッキリ♪と思っている方、危険です!
確かに、洗顔フォームを顔に乗せてから何もせずに流してしまうのは、効果がないこと。

ですが、洗顔フォームを顔の上でそのまま放置したら、肌の必要な油分まで奪ってしまいます。
洗顔後、肌がつっぱる人は普段の自分の洗顔を見直してみましょう。

本当は違った!間違ったスキンケア法③ 何度もクレンジングをする

化粧をしっかり落とすために、2度はクレンジングを使って余計なものをスッキリ♥
なんていう方はいませんか?

実は、化粧よりも、日焼け止めよりも刺激が強いのが「クレンジング」なんです。
クレンジングは1回で十分。2度も3度も使うと肌に大きなダメージを与えてしまいます。

お化粧が落ちてないような気がする・・・という方は、お湯で落ちるタイプのBBクリームなどを使ってみましょう。

本当は違った!間違ったスキンケア法④ スキンケアの順番

引用:www.chanel.com

「スキンケアの順番は洗顔→化粧水→乳液が正しい」わけではないんです!
洗顔は基本最初ですが、乳液と化粧水は順番はどちらでもOK♪

「乳液のあとに化粧水だと、化粧水をはじかれそう」という印象を受ける方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これが意外と効果的♥

化粧水が入っていかないと感じている方、乳液を先にしてみてください。肌がもちもちしなやかになったあとに化粧水を入れると、すっと化粧水が入っていくのを実感できるかも♡

世間で出回るスキンケアの情報はたくさんあって分からなくなってしまいますよね。
何が正しくて何が間違っているのかをきちんと見極めながら、正しいスキンケアの方法を身につけて女磨きを楽しみましょう♡