最強ボディに!ダイエットに効果的な「TGGヨーグルト」を始めよう

BEAUTY

素敵女子のみなさん!“TGGヨーグルト”を知っていますか?
今年の5月頃から、「腸美人」を目指す女子たちの間でじわじわと話題になっています!
このヨーグルト、便秘解消だけでなく“美乳”作りにも効果的ということでさらに注目を集めているんです♡
今回はその秘密&作り方をご紹介したいと思います♡

ダイエット効果バツグン♪What’s “TGGヨーグルト”??

TGGヨーグルトの”TGG"とは…「“T・G・G”=“豆乳・ぐる・ぐる”」の略です♡

みなさんご存じのとおり、普通のヨーグルトは牛乳を使ってつくるのですが、この“TGGヨーグルト”は豆乳と玄米だけで作るんです!
牛乳は一切使いません!なので、乳製品アレルギーの人や乳製品はNGとしているマクロビアンの方たちも、乳酸菌を摂取できると注目しているそう♡

はじまりは今年5月に発売されたレシピ本。
発売後すぐに増刷が決定し、Facebookの「TGG豆乳ヨーグルト同好会」の会員が7300人を超えちゃってからというもの一気に話題に!

この人気から、9月にまた“TGGヨーグルト本”が発売されました♡
この注目度の高さにはちゃんと理由があるんです。

ダイエットだけじゃない!美容効果もある“TGGヨーグルト”の魅力にせまる!

《TGGヨーグルトの魅力》
①高い整腸効果が期待できる♡
豆乳と玄米を合わせることでできる植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と違って胃酸に強く、生きたまま腸に届いてくれるんです◎
なので、牛乳から作られるヨーグルトよりも整腸作用が高いということになります。

②乳酸菌が十数倍!?
市販の牛乳を使って作るヨーグルトと乳酸菌の数を比較すると…“TGGヨーグルト”は乳酸菌の数が1gに約19億個も!
市販のヨーグルトと比較すると十数倍多いんだそう。今注目されている腸内フローラを整える力がバツグンに高いと言えます♡

③白砂糖をなかったことに!?
身体に悪いと言われ続けている白砂糖。この白砂糖の入っているシュガースティック3本とTGGヨーグルトを一緒に食べ、生体電子反応テストを行った結果は“プラス”!
この“プラス”の意味は、身体が食べてOKというサイン。
白砂糖だけだと“NG”なのに…これはスゴイ!

TGGヨーグルトに欠かせない!まずは「種菌」の作り方♡

TGGヨーグルトの材料はたったの2つ♡
まずは約3日間かけて“種菌”をつくります!
季節・気温などによって放置時間が変わってくるので様子を見ながら育ててあげてください。

《材料》
・玄米(無農薬) ティースプーン1杯
・無調整豆乳 適当

《“種菌”の作り方》
①メイソンジャーのようなガラス容器の底に玄米を入れます。※なければタッパーでもOK
②玄米が見えなくなるくらいまで豆乳を入れて、フタをします。※混ぜないでくださいね!
③容器を傾けても豆乳が動かないくらいまで常温で放置。※約1日~2日半くらいかかります。
④豆乳が固まったら、それの倍くらいまで豆乳を注いでスプーンで軽く混ぜます。再度フタをして放置。※2回目の発酵は半日くらいで固まってくれます。
⑤“④”をもう1度行います。※菌が活発化しているので5~8時間くらいで固まります☆
⑥表面が固まったら“種菌”の完成♡

さぁ!ダイエット効果バツグンのTGGヨーグルトを食べる準備です♡

“種菌”ができたら、食べたい量分のTGGヨーグルトを作ります。
一晩置く必要があるので、食べる前日に準備しましょう♡

《作り方》
①ティースプーン1杯分くらいの“種菌”を別のカップなどに入れ、適量の豆乳を入れます。(私は種菌の2倍くらいいれました!)
②“①”をぐるぐるかき混ぜます。
③“②”にラップをして、一晩くらいおけば食べきりサイズの完成♡

残りの“種菌”は冷蔵庫で保存してください。
玄米ぎりぎりくらいまでは食べられるので、“種菌”がなくなってきたら豆乳を追加して作ればOK!

特に「何回まで使って大丈夫」というのはないようなのですが、味や匂いが変わってきたりしたら“種菌”から作り直すのが安心です♪

植物性乳酸菌の力で腸キレイ TGG(豆乳グルグル)ヨーグルト

¥1,080

販売サイトをチェック

腸内環境が整ってればダイエットの成功率はもちろん、美肌作りにも大きく影響してくれます♡
良いものを取り込むためには、出すべきものをしっかり出すのが大事っ!
何をしても便秘が解消しないと悩んでいる人にも、ぜひ1度試して欲しいです♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。