「え?もう終わり?」ひと夏の恋を上手く見極める方法♡

LOVE

長い夏休みこそ、時間もたっぷりあって恋をしたくなる子が多いはず。
しかし、よく耳にする「ひと夏の恋」というワードも引っかかりますよね!
そこで今回はひと夏の恋になってしまうパターンや、冷めない恋にするための方法をご紹介します♡

ひと夏の恋になってしまうパターン①相手がパーティーピーポー

引用:www.sheknows.com

夏といえばイベントも多い分、出会いも盛んにありますよね!
そんな夏に出会った男性とは慎重に恋愛へと発展させていくべきなのです。

なんといっても、イベント好きなパーティーピーポーな男性は、開放的な気分になりやすく夏こそナンパのチャンスであると考えているのです。
ナンパでも、長続きするような素敵な恋愛へと発展している人も多いですが、全員がそうとは限りません。

彼にとって自分が「特別」であるか、をしっかりと見極めて恋愛に発展させていけば、ひと夏の恋になってしまう心配はないのいです。
パーティーピーポーな男性に遊ばれてしまわないように、夏の恋こそ慎重にするようにしてくださいね♡

ひと夏の恋になってしまうパターン②生活環境が違う

引用:www.skyscanner.net

夏休みなどの長期期間を利用して住み込みバイトをしたり、夏休みは学校などもないため自由な時間が多いですよね。
ひと夏の恋になってしまう恋の特徴としては、夏が終わり秋を迎える時に生活環境が違うことに気付くということ♪

夏休みが明けるに遠距離恋愛になってしまったり、生活リズムが違ったり…と、もし夏に恋してしまったら夏休み後の生活を覚悟する上で付き合っていくべき。
長く恋をし続けていきたいのであれば、お互いの生活環境が近いということが重要なポイントになってくるのです♡

ひと夏の恋になってしまうパターン③夏のロマンチックな雰囲気に流された

夏の夜は過ごしやすい気候の日が多く、夕方から行動を開始するなんて子もいるほど!
夏マジックというものがあるように、夏の間はロマンチックに感じたことも冷静になったら遊ばれていた、なんてことも。

夏はどこに行っても、ロマンチックな雰囲気で溢れていますよね♪
ついついロマンチックな雰囲気に流されて告白をOKしてノリで付き合ってしまったという子も多いのだとか。

夏のロマンチックな雰囲気に流され過ぎず、いかに相手を見極めることができるかが、ひと夏の恋になるかならないかのポイントになってくるのです♡

ひと夏の恋になってしまうパターン④夏休みの開放感に乗ってしまった

夏になると誰もがハイテンションになりがちですよね。
街中の雰囲気がワイワイしています♪
学生は長期間の夏休みがスタートすることもあって、開放的な気分になる子も多いのです。

なんといっても、開放的な気分になってしまうと誰でも冷静な判断ができなくなってしまって鈍ってしまう現象があるのです!
そこで、夏休みの開放感に背中を押されてしまってノリで付き合わないようにするためにも、冷静になる時間を確保することも大切。
冷静な判断をすることができなくなってしまって、ひと夏の恋になってしまわないようにしてくださいね♡

いかがでしたか?
どれも「ああ、たしかに」と感じる子も多いはず。
夏の恋におびえることはないですが、ひと夏の恋になってしまわないようにチェックしてみてくださいね♡