いつやるのが正解?朝ヨガと夜ヨガの違いとは

BEAUTY

古代から伝わるインドの身心鍛錬で、呼吸を整え、心と体と魂を繋げるための修行法とされていたヨガ。
最近では、健康や美容維持のために、取り入れている方も多いのではないでしょうか。
そんなヨガですが、朝に行うのと夜に行うのとでは、効果が異なるのだそう。
そこで今回は、ヨガの効果をより高めるために、朝ヨガと夜ヨガの違いについてご紹介します♪

朝ヨガと夜ヨガには違いがある?

健康や美容維持、ダイエットのためにヨガを取り入れている方も多いのではないでしょうか。
最近では、ヨガに関する本もたくさん出ていますよね!

ホットヨガやマタニティヨガ、ハタヨガなど種類もたくさんあります。
そんなヨガですが、朝に行うのと夜に行うのとでは、効果に違いがあることをご存知ですか?

それぞれの効果を知ることで、より効果的にヨガを行うことができるので、チェックしてみてくださいね♪

朝ヨガ▷清々しい気持ちで一日をスタートさせてくれる!

起きたばかりの脳や体は、エンジンがまだかかっていない場合がほとんどです。
そんなときは朝ヨガを行うことで、全身の血の巡りが良くなり、体に活力が湧いてくるでしょう。

おすすめのヨガは、太陽礼拝のポーズ。
太陽の恵みに感謝をしながら行う12個のアーサナ(ヨガの座法・体位)から成り立っており、スッキリとした気分にさせてくれます。

ただ、起きたては体が固くなっているので、時間をかけて行うことが大切です。
余裕をもって少し早く起き、無理をしないように体を動かしていきましょう。

実際にカーテンを開けて、太陽の方を向きながら行うと、本当に気持ちの良い一日をスタートすることができますよ♡

夜ヨガ▷一日の疲れをとり、リラックスさせてくれる!

一日の仕事や家事を終えた夜は、脳も体も疲れきっている状態です。
だからこそ、心身ともに休ませてあげる必要があります。

夜に行うヨガは、一日のストレスを流し、リラックス効果をもたらしてくれます。

子どものポーズやねじりのポーズ、ワニのポーズなど、深い呼吸と緩やかな動きが特徴のヨガを取り入れることが、おすすめです。
これらはベッドの上でもできます♪

夜にヨガをすることで、眠りにつきやすくなり、睡眠中の自然治癒力も高めてくれます。
さらに翌朝の目覚めもよくなり、活動のしやすい状態を作ってくれるんだとか♡

効果の出やすい時間を意識してみよう!

朝ヨガも夜ヨガも、効果の出やすい時間に行うことがおすすめです。

朝ヨガの場合は、朝食を食べる前に行いましょう。
ヨガには内蔵を刺激するポーズもあるので、朝食を食べた後だと気分が悪くなってしまう場合があるからです。

空腹時にヨガを行えば、代謝の効率もアップするので、老廃物の排出を促進してくれます。
どうしてもお腹が空いているときは、おにぎり一個くらいに抑えましょう。

夜ヨガの場合は、食後二時間以内と入浴直後を避けるようにしましょう。

入浴後は体が温まっているので、「より効果を期待できるのでは?」と思われがちですが、血行の変化が急激に起こると、心臓や体に負担をかけてしまいます。
翌朝に疲れを残してしまう可能性もあるので、控えた方が良さそうです。

これらに気をつけながら、朝ヨガはしっかりと時間をかけて体に活力を送り、夜ヨガは簡単なポーズで、心身ともにリラックスさせてみてくださいね!

朝ヨガと夜ヨガの違いについて、ご紹介しました。
朝と夜にヨガを行えば、相乗効果で自律神経を整えてくれるでしょう。
自分の体と相談しながら、時間のあるときは朝と夜の2回、ヨガを行ってみてくださいね。

2017.04.02 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。