イイ女は美肌が鉄則♡ファンデ&チークの仕上がりを格上げする4つのテク

BEAUTY

イイ女の特徴のひとつとして挙げられるのが”美肌”。

もちろん毎日のスキンケアでも培われるものですが、一番てっとり早いのはメイクテクで美肌をつくりだすことです。

美肌に拍車をかける4つのテクをご紹介します。

ファンデ&チークを塗るコツ①「肌状態に合わせて下地の色を使い分ける」

メイクをする上でマストの化粧下地。
もちろん1色のみでも良いのですが、さらなる美肌を目指すなら色別に使い分けをしましょう。

オーソドックスな3色は、ピンク、イエロー、ブルーです。

この3色の使い分けはこちら。
ピンク・・・血色が悪い方、貧血の方
イエロー・・くすみが気になる方、シミ・そばかすが気になる方
ブルー・・・透明感が欲しい方、ハーフ顔に近づきたい方

その日の肌状態に合わせて使い分けるのも良いし、例えば「頬はピンク、目の下はイエロー」というように使い分けてもアリです。

ファンデ&チークを塗るコツ②「リキッドファンデーションはブラシ&スポンジ塗り」

リキッドファンデーションは、どのように塗っているでしょうか? 

素早いのは手で塗ることですが、ムラになりやすいのでオススメできません。

一番美しく仕上げる方法はブラシ塗りです。
リキッドを均一に伸ばすことができ、まるで薄い膜を張ったかのようなナチュラルな肌に仕上がります。

またリキッドを塗った後、スポンジで上から押さえましょう。
肌への密着度がアップして崩れにくくなるので、美肌をキープすることができます。

このとき、首との境目もスポンジでなじませることをお忘れなく!

ファンデ&チークを塗るコツ③「クリームチークは仕上げのパウダーの前に塗る」

今、大ブームのクリームチーク。
パウダーチークと比べて、肌の内側からじゅわ〜っとにじむような発色と、肌への密着度が高いことで人気です。

一般的にチークは、パウダーの後に塗るものですが、よりナチュラルな仕上がりにするためにパウダーの前に投入しましょう。

上からパウダーを重ねることで崩れにくくなる上、ふんわり感がプラスされて可愛らしさもプラスされます♡ 

ファンデ&チークを塗るコツ④「仕上げのパウダーは一部のみにのせる」

今ドキ顔に仕上げるなら、最後のパウダーは部分的にのせましょう。

ずばり、今のトレンドメイクは”抜け”です。

パウダーを顔全体にのせると完璧すぎてしまい”抜け”とかけ離れてしまうので、額、頬、Tゾーンなどのテカリやすい部分のみでOKです。

肌に抜け感を出すことで隙が演出でき、男性からのモテ度もアップしますよ♡ 

肌は、イイ女かどうかのひとつの指標になるパーツです。
上記の美肌になるテクと、毎日のスキンケアに力を入れて女度をさらにパワーアップしましょう♡