胸痩せしないダイエット!胸をそのままキープする方法とは

「ダイエットをして痩せたいけど、胸が小さくなるのは嫌」と思っている女性は少なくありません。
ダイエットをすると胸から小さくなっているような気がしてショックを受けている女性も……。
そこで今回は、胸をそのままキープしたい女性のために、胸痩せしないダイエット方法をご紹介いたします♪

胸痩せしないダイエット方法を成功させよう!

痩せて綺麗になりたいけれど、痩せていくのはいつも胸ばかり……。
「痩せてほしいのは胸じゃないのに、なんで?」とショックを受けてしまう女性が多くいます。
実際にダイエットの経験者のアンケートによると、半数近い女性が「ダイエットをしたら胸が小さくなった気がする」と答えているようです。

ダイエットを続けていれば、ウエスト周りや太ももも細くなっていきますが、女性の象徴ともいえる胸が小さくなることは嫌ですよね。
そこで今回ご紹介するのは、胸痩せしないダイエット方法です。

ダイエットをする上で胸痩せは避けられないと思っていた女性の皆さん、まだ諦めないでください♪
今の胸をキープしながら、他の部分を引き締めるこができるダイエット方法はいくつもあるので、自分に合った方法を取り入れていきましょう。

胸痩せしないダイエット方法の前に♪胸が痩せてしまう原因をチェック

そもそも、なぜダイエットをすると胸も痩せてしまうのでしょうか。
まずは原因をしっかり覚えておきましょう。

・胸の脂肪は燃焼されやすいから
胸は、90%が脂肪で残りの10%は乳腺でできているといわれています。
ダイエットをすれば当然脂肪も燃焼されるわけですが、なんと胸の脂肪は柔らかく、他の脂肪に比べて燃焼しやすいという特徴があるのです。
そのため、運動などの振動で脂肪が燃焼されやすくなると、自然に胸の脂肪も燃焼されて小さくなることがあります。

・食事制限によって女性ホルモンの分泌が減少するから
胸を育てるためには女性ホルモンが欠かせません。
しかし、食事制限などによるダイエットを行ってしまうと、十分な栄養を摂れずに女性ホルモンの分泌量も低下してしまうので、乳腺が衰退し、胸がしぼんでしまいます。

運動でも食事制限でも胸が痩せてしまうのですが、胸痩せしないためには原因を踏まえてダイエットに取り組むことがポイントです。
「胸が揺れない運動を心がける」「食事制限をしないで食事の管理をする」ということを意識して胸痩せしないダイエット方法を見ていきましょう!

胸痩せしないダイエット方法▶腹式呼吸

まずおすすめする胸痩せしないダイエット方法は、「腹式呼吸」です。
腹式呼吸はお腹に力を入れ、呼吸に意識を向ける簡単な方法ですが、インナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルが鍛えられることで、胸痩せを防いでウエスト周りの脂肪を燃焼させることが期待できるんですよ♪
自宅で行うことはもちろん、信号待ちや電車待ちのときにも取り入れることができるので、腹式呼吸を積極的に取り入れてみましょう。

<腹式呼吸の正しいやり方>
①背筋を伸ばして立ったり座ったりしたら、鼻からゆっくりと息を吸い込んで、お腹をしっかり膨らませます。
②次にお腹を限界まで凹ませながら、口からゆっくり息を吐いていきましょう。
吸うよりも吐く時間を長く、深く行うことがポイントです。
まずは5回、慣れてきたら8回、10回と徐々に回数を増やしていくといいですよ!

胸痩せしないダイエット方法▶ヨガ

「ヨガ」も胸痩せしないダイエット方法の1つです♪
胸の揺れや振動を抑えることができるだけでなく、ウエストやヒップ、太ももなどを引き締めることができ、女性らしいしなやかなボディを目指すことができます。

難しいポーズもありますが、初心者さんでも簡単にマスターできるヨガポーズも多いので、取り入れやすいのがヨガの魅力でもあります。
数あるヨガポーズの中で今回ご紹介するのは、「下を向いた犬のポーズ」です。
腕の引き締めや太ももの引き締め、ヒップアップに効果的なだけでなく、バストアップにも役立ってくれますよ!

<下を向いた犬のポーズのやり方>
①両手は肩幅に、両膝は腰幅に合わせたら四つん這いになります。
②手のひらは広げ、人差し指を真っ直ぐにしたら、両膝はなるべく腰の下に近づけるようにして、つま先を立てておきます。
③息を吐きなが、両膝を床から持ち上げ、腰を高く天井に向けて伸ばします。
このとき、両腕もしっかり伸ばし、かかとが上がらないように床につけてお尻を突き出すことがポイントです。
④そのまま首や肩の力を抜き、30秒ほど自然呼吸を繰り返します。
⑤最後に膝を曲げ、吐く息で①の状態に戻りましょう。

胸痩せしないダイエット方法▶ウォーキング

続いておすすめする胸痩せしないダイエット方法は、「ウォーキング」です。
ダイエットをするなら運動をいうイメージが強く、ジョギングなどを取り入れる女性が多いと思いますが、ジョギングは胸を揺らしてしまうので胸痩せする原因に繋がってしまいます。

ウォーキングであれば、ダイエットに効果的な有酸素運動でありながら胸を揺らさないことに意識することでシェイプアップをすることが期待できますよ。
必要な器具なども要らないので、簡単に始められますよね。
ただし、このとき意識すべきことは正しいフォームです!

<ウォーキングのやり方のポイント>
・視線は真っ直ぐ前を見るようにし、背筋を伸ばす
・足と足の間に1本の線があることをイメージしながら、その線を挟むように歩く
・つま先で足を蹴り上げたら、かかとから着地する
・両腕をしっかり振る
・いつも歩いているスピードや歩幅より、やや早め&やや大きめを意識する

ウォーキングをする際は、スポーツブラを活用して胸をホールドすることがおすすめです。

胸痩せしないダイエット方法▶筋トレ

「筋トレ」もおすすめの胸痩せしないダイエット方法!
筋トレはウエストや二の腕を引き締めることができるだけでなく、胸を支えるために必要な筋肉を鍛えることができます。

運動不足によって筋力が低下してしまえば、胸を保つことができなくなるので、垂れてしまうことも……。
胸が垂れると小さく見える原因にもなりますので、適度な筋トレは必要だといえそうです。
おすすめは、大胸筋と上腕三頭筋の筋力をアップすることができ、バストアップ効果と二の腕の引き締め効果が期待できる腕立て伏せ!

<腕立て伏せのやり方>
①両腕は肩幅に広げて地面につき、足を伸ばして背筋を真っ直ぐに保ちます。
②そのままゆっくり肘を曲げ、限界のところまで下げたら5秒キープします。
15~20回を1セットに、1日3セット行うことが理想的です。
辛いようであれば、両膝をついた状態から徐々に慣れていきましょう。

胸痩せしないダイエット方法▶過度な食事制限をせずに食生活を見直すこと

最後にご紹介する胸痩せしないダイエット方法は、「過度な食事制限をせずに食生活を見直すこと」です。
過度な食事制限をしてしまうと、胸を育てるために必要な栄養素を届けることができなくなり、女性ホルモンの分泌量も低下してしまいます。

大切なのは、無理に食事制限をして痩せようとするのではなく、食生活を見直して必要な栄養はしっかり摂ることです。
まずは、間食をしていないか、ファーストフードや加工食品ばかりに頼っていないかチェックしてみましょう!

胸を支える筋肉を育てるためにはタンパク質が欠かせませんし、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆製品も欠かせないので、バランスのいい食生活を第一に考えることが大切です。
なので、野菜から食べるようにするなどしてカロリーを抑えていくことがポイントですよ♪
胸痩せしないダイエット方法をご紹介させていただきました。
ダイエットには最適な方法であっても、胸痩せしてしまうダイエット方法もあるので何も考えずに始めるのはおすすめできません。
今の胸をキープしながら痩せたいなら、今回ご紹介した胸痩せしないダイエット方法の中から自分に合うものを見つけて毎日継続していくことが大切です!
ぜひ実践して理想のボディを手に入れてくださいね♪

【関連記事】NYで話題のカリフラワーダイエット。実はすごい実力の持ち主だった!?

ニューヨークで話題の「カリフラワーダイエット」、皆さんは耳にしたことはありますか?カリ...

胸痩せしない ダイエット 方法 キープ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる