暑い夏も食べやすい♪冷めても美味しいおかずのレシピを大公開♡

Cover image: レシピブログ www.recipe-blog.jp

お料理はできたてホカホカが美味しいというイメージが強いのですが、暑い夏にホカホカのお料理ばかりでは息が詰まる、なんていう人も多いですよね。
そこで今回は、夏でも食べやすい、冷めても美味しいおかずのレシピをご紹介します。

どうしておかずは冷めると美味しくなくなるの?

お料理はできたてのうちにいただくのが、一番美味しいですよね!
そもそも、おかずは冷めてしまうとどうして、美味しくなくなってしまうのでしょう。

その原因のほとんどは、おかずが「冷たい・冷めている」ということよりも、パサパサしてたり、モソモソした食感になったりしてしまうからなんです。

では、おかずがパサパサ・モソモソしてしまうのはどうしてでしょうか。
それは、食材がもっている水分が飛んでしまうという状態です。

一度蒸発してしまった食材の水分は、元に戻すことはできません。
これを改善するには、水分を逃げにくくする調理法をすることが大切なのです。

普段のレシピに片栗粉を入れるだけで、パサつきが防止できる♡

では、どのような工夫をすれば食材から水分が逃げないのでしょうか。
そのために便利な調味料が、片栗粉!
片栗粉は粉のまま使ったり、水溶き片栗粉にしたりと、様々な使い方がありますよね。

例えば照り焼きチキンを作る場合には、片栗粉を粉のまま鶏肉にまぶし、その後フライパンで焼き、タレを絡めると良いでしょう。
片栗粉をまぶすことで、鶏肉の水分を逃がさず調理することができるのです。

片栗粉を水で溶く場合には、どんな使用方法があるのでしょうか。
おすすめなのは、卵焼きを焼くときに使う方法です。

例えば卵焼きを作ってお弁当に入れても、お昼には水分が飛んでしまい、パサパサになっていた、なんていう経験はありませんか?

これを避けるために、卵3~4個に対して、大さじ1杯の水溶き片栗粉を入れ、その後はいつも通りに調理してみてください。

それだけで水分が飛ばず、仕上がりもフワフワになりますよ♡

“冷めても美味しい”おかずのレシピ①▶「筑前煮」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

では、ここからは冷めても美味しいおかずのレシピをご紹介します。

まずご紹介するのは、筑前煮。

筑前煮などの煮物は、熱した後の冷めていく段階で具材に味がしみ込んでいきます。
つまり、筑前煮は冷めた状態でいただいても、十分美味しくいただくことができるのです。

夏は敢えて冷蔵庫で冷やし、「冷やし筑前煮」としていただく家庭も多いようです。

レシピはこちら♪

“冷めても美味しい”おかずのレシピ②▶「こんにゃくのおかか炒め」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

こんにゃくは、食材そのものに水分が密閉されています。
そのため、炒め物にしてしっかりと味を染み込ませておけば、冷めてもパサつく心配がなく、美味しくいただくことができます。

また、このレシピで使用するおかかには防腐効果も期待できるので、冷まして持って行くお弁当にも最適です。

レシピはこちら♪

“冷めても美味しい”おかずのレシピ③▶「テリーヌ」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

元々冷やしていただくテリーヌは、ひんやり美味しく食べられるので、夏に最適のレシピ!

でも、「テリーヌなんておしゃれなレシピ、我が家では難しいのでは?」と思ってしまいますよね。

ご安心ください♪
今回ご紹介するテリーヌは、お家にある材料で簡単に作ることができるんです。
使用する材料は、ブロッコリーやカボチャ、パプリカなどの野菜とはんぺんです。

はんぺんを使用することで、ふんわりとした食感を楽しめるテリーヌに仕上がるんですよ♡

レシピはこちら♪

“冷めても美味しい”おかずのレシピ④▶「ローストビーフ」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

肉の塊を使って作り上げるローストビーフは、特別なテクニックが必要なお料理に思えますよね。
しかし実際には調理法を覚えてしまえば、失敗せず簡単に作ることのできるメニューなんです♡

ローストビーフを作る1〜2時間ほど前に肉の塊を冷蔵庫から出し、室温に戻しておくことで味がしみ込みやすくなります。

どんなソースを合わせるかで雰囲気の違う味わいを楽しむことができるので、ぜひお家で試してみてくださいね。

レシピはこちら♪

“冷めても美味しい”おかずのレシピ⑤▶「生春巻き」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

生の食材を巻いていただくことが多い生春巻きですが、食材を先にタレに漬け、こんがり焼いてから皮で巻いても、美味しいことをご存知ですか?

焼いてから皮で巻くことで、冷めても美味しいレシピの完成♡
生の食材でいただくのとはまた違った食感を、じっくり堪能してみてくださいね。

レシピはこちら♪

“冷めても美味しい”おかずのレシピ⑥▶「キッシュ」

レシピブログ www.recipe-blog.jp

キッシュも、冷めても美味しいレシピの一つ。

おからを入れて焼くことで、ヘルシーに仕上げることができるので、ダイエット中の方にもおすすめですよ。
夏野菜を使って仕上げれば、季節感あふれるキッシュが完成します。

レシピはこちら♪

おかずは冷めるとまずくなるという偏見は、水分が飛んでしまうことで起こるパサつきが原因でした!
水分が飛ばないレシピを作ることで、冷めても冷やしても美味しいおかずが完成するので、暑くて食欲のわかない夏には、ぜひ試してみてくださいね♡

【関連記事】夏バテ防止にニラレシピ!疲労回復&アンチエイジング効果がスゴイ♡

気温が高い日も増え、夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。そこで今回、夏バテ防止レ...

冷めても美味しい おかず レシピ 料理 時短 簡単 美味しい 夏バテ 和食

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる