甘えてない?気づかないうちに人は評価されてる!

LIFESTYLE

『これくらいでいっか』『どうせ私なんてこんなもんだよね』
恋愛、勉強、仕事…ふとした瞬間、自分を甘やかしてついつい手抜きしていませんか?
人って、自分の気づかないところで、いつの間にか評価されています。
周りをがっかりさせない自分でいるには、どうしたらいいんでしょう?

大切な人が後ろから見ている!と思う

free-photos.gatag.net

あきらめそうになったとき、どうしても手を抜きたくなったときは、大好きなカレや親兄弟など『大切な人がうしろから見ている!』と思うようにしましょう。

大事な人に見られていると思ったら、テキトーなことはできないし、良く思われるために『もっとちゃんとしなきゃ!』と、前向きに頑張ることが出来ます♪
『どうせ自分のことだし…』という孤独意識が怠慢のもと!人って『人の目』があってはじめて頑張れるんです!

自分だったらこうやって励ます!と考える

free-photos.gatag.net

もしも友達が落ち込んでいたり、あきらめそうになっていたら、優しく励ましますよね。
自分を客観的に見て『私が友達だったらこうやって励ます!』っていう言葉を自分にかけてあげてください。
誤った選択や思い込みの原因って『主観的になりすぎること』だったりします。
一歩引いて、ななめ上から自分を見るような気持ちで、冷静に自分の状況を分析してみて♪

自分が相手の立場だったらどう思うかな?と想像する

free-photos.gatag.net

自分では『いい感じ!』と思って何気なくとった行動も、ほかの人からすると大迷惑!なーんてこともあります。
勢いに乗っているときこそ『自分がされたらどう思うだろう?』と想像してみることを忘れないで。たとえば、あなたがいいと思うものは、あなたにだけメリットがあるから、たまたま良く見えているだけかもしれません。
相手の立場に立って考えてみれば、もっとしてほしいこと、必要なこと(=自分がすべきこと)が見えてくるはず。

『こうなりたい!』から逆算する

free-photos.gatag.net

些細なやり取りや、日々やるべきことに追われていると『本当は何がしたかったんだっけ?』なんて、1番大事なことを見失うこともありますよね。

『本当はカレともっと仲良くなりたかったのに…』
『本当はもっとこんなことがしたかったのに…』
その場の感情や、物事の煩わしさに振り回されて、手段と目的が分からなくなることだってあるはず。

そんなときは初心に戻って、自分のしたいこと、本当にやりたいことをもう一度よく見直してみて。すると、しなくていいこと、もっときちんとやるべきことの違いがはっきり見えてくるはず。
息が詰まって苦しくなった時は、ぜひ『目的地のリセット』をしてみてくださいね♪

あきらめそうな自分、サボる自分をいちばん見ているのは、自分だけ!見た目も中身も、いつ誰に見られてもOK!な自分でいたいですね♡