「美人じゃないし…」ってもう言わない!真似できる美女の心構え

BEAUTY

本当に美しいと感じる人は、顔立ちよりも雰囲気や内面的な魅力があると思います。
ここでは、私の周りの美しい人の普段心掛けている心構えを書いていきます。

【美人の心構え①】 容姿にとらわれ過ぎない

本当に美しい人は、あまり容姿にとらわれ過ぎていない印象があります。
とらわれ過ぎは、ストレスの原因になっちゃいます。

容姿ばかり気にしている人は、人からの視線が気になる人も多いと思います。

でも、人って結構他人の容姿を見ていません。
ちょっと太ったとか、肌が荒れてるとか……。
中には気付く人も居ますが、なかなか居ないレアな人です。

容姿ばかり気にしていると、他人の容姿も気になります。人の容姿を気にして、人を判断するようになっては悲しい。

【美人の心構え②】 鏡をプラスに活用

容姿に"とらわれ過ぎ"てはいないけれど、鏡で自分をチェック!
鏡は使い方次第でプラスにも、マイナスにもなるものです。

美しい人は鏡の取り入れ方も上手。
例えば鏡の前で笑ってみたり、「私は可愛い!大丈夫!」と自信を持ったり…
人前でするのは勇気が入りますが、家でこっそりなら問題無し!

鏡は自分に似合うものを知れます。ファッション、メイク…色々なものに挑戦♪

【美人の心構え③】 好きなものを大切にする

好きなものって、その人を魅力的に美しくしてくれるものだと思います。
美しい人は好きなものを大切にしています。

大切な家族、友達、恋人…周りの好きな人、
好きな食べ物や場所…趣味だって構いません!

好きなものがあるって、とってもとっても素敵な事です。
好きなことには貪欲になっても良いと思います♡好きなものは大切に!

【美人の心構え④】 笑顔・純粋な気持ちを大切にする

好きなものがあると、自然と笑顔になれます。笑顔は美しい!笑顔が素敵な人ってとても魅力的です。

素敵な笑顔は、笑顔の練習で出来るものではありません。自然と笑顔になれるものを大切にするのが、笑顔を大切にすることに繋がります。

そして、美しい人は純粋な心があります。
子供の頃とは違い大人になると、疑いを持ったり、ワンクッション置いて物事を見てしまいます。

疑うことも時として大事です。
でも子供のような純粋な心で、読み取りたいこともあります。

以上、真似できる美しい人の心構えでした。
美しさってお金を掛けて容姿を磨いて…ということでは無いと思っています。本当に美しい人に憧れます☆