ダイエットにも歯にもNG!だらだら食べの習慣から卒業しませんか?

みなさんは毎日の食事は決まった時間に、決まった回数とりますか?
中には、仕事をしながらだらだら食べをしている人もいるかもしれません。
実はだらだら食べは、美容にも健康にも悪影響がある習慣。
だらだら食べをやめるべき理由をご紹介します。

常に何かを食べているだらだら食べは悪習慣

基本的に、食事は一日三食。
朝昼夜と三回に分けてとるものだとされています。
中には、朝ごはんや夕食を抜いている人もいるかもしれませんが、一日三食を決まった時間に食べることで、一日のリズムも整いますよね。

ですが、中には一日三食の間に完食を挟む人もいるでしょう。
3時~4時の間にとる間食は、カロリーオーバーにならなければ体力をキープすることができ、良いとされています。
だらだら食べる習慣のある人は要注意!

一日三食の食事の間に完食が多すぎる人。
オフィスにいる間、仕事の合間にずっと何かをつまんで食べているような習慣のある人は、今すぐやめるべきですよ。

悪習慣!だらだら食べが招くデメリット①▶︎空腹感が感じられない

だらだら食べをしている人というのは、三食の基本的な食事の時間が来ても、なんとなくお腹が空いていない感じだと思っているのではないでしょうか?

これは、だらだら食べが招く、デメリットの一つなんです。

常になにかを食べている状態が続いていると、人は空腹感を感じられません。
本来、人間は空腹を感じてから食事をとる生き物です。
ですが、だらだら食べをしている人は、満腹感を常に感じています。

空腹を感じて食べるという習慣がなくなっていくと、だんだんと食事量がセーブしにくくなり、体重増加の原因に繋がります。

しっかりと食事量をコントロールするためにも、だらだら食べはやめて、しっかりと空腹感を感じてから食事をする習慣に切り替えましょう。

悪習慣!だらだら食べが招くデメリット②▶︎歯の健康に悪い

実は、だらだら食べはダイエットの敵である以外にも歯の健康にも悪い習慣です。

だらだら食べをしている人は、常に口の中に食べ物がある状態になってしまいます。
そのため、虫歯や歯周病などのトラブルを招く危険性があるのです。

食事が済んだら歯を磨き、清潔な状態をキープするようにしないと、歯の健康まで奪われかねませんよ!

悪習慣!だらだら食べをやめる方法▶︎ガムや水で代用

だらだら食べはダイエットにも、歯の健康にも悪影響を及ぼす習慣です。
ですが、どうしてもその習慣から抜け出せない人もいるでしょう。

だらだら食べをすぐにやめることができないのであれば、まずはガムをかんだり、水を飲んだりすることで口さみしさを紛らわせましょう。

ただし、キャンディーやジュースなどの砂糖を含む食品で代用してはいけません。
これらはカロリーも高いですし、歯にも悪いので、歯の健康を維持する機能のあるガムや、水で代用すると◎

お腹が空いていないのに、なんとなく食べてしまっているだらだら食べの習慣がある人は、なんとなく口さみしいと思っていたり、集中力が低下しがちだったり、ストレスが溜まっている可能性もあります。

本気でだらだら食べをやめるなら、心の健康にも意識を向けたいですね。
おやつは良くても、だらだら食べは絶対にNG!
食習慣としても、歯の健康面でもいいことはありません。
今すぐだらだら食べの習慣を改めましょう。
ストレスから何となくだらだら食べをしている場合もあるので、自分のストレスコントロールの方法も新たに考えてみえくださいね。

【関連記事】飲んでおけばOKじゃない!美人が取り入れている「水の正しい飲み方」

♡4MEEE magazine Vol.1 p.68〜「かわいいカラダのつくり方♡」美しい女性は皆、一日に1.5~2リ...

だらだら食べ 習慣

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mariko tsuboi

結婚3年目、読者モデル。
女性ならではの視点で記事を書かせていただいています。

>もっとみる