不幸を呼び寄せない!厄介な出来事から自分を守る処世術

Cover image: weheartit.com

生きていれば厄介なことは付き物。
女の子は特に、デリケートで傷つきやすいですよね。
今回は、厄介なことから上手に自分を守る方法をご紹介します。

厄介な出来事から自分を守る処世術①弱い自分をさらけださない

weheartit.com

女子は勝ち負けにこだわる人が多いもの。

そこで弱みを出してしまうと、そこから「弱い奴」だと思われてしまいます。

本当に信頼している人間以外に自分の弱みを言ったところで、そこから広がる友情や信頼関係があるのでしょうか?そこまでして仲良くする必要もないかもしれませんよ。

弱い立場にも強い立場にも立たず、自分という立場を確立することで、やっかいなことに深く巻き込まれずに新しい場所へ向かえるでしょう。

厄介な出来事から自分を守る処世術②休む勇気を持つ

weheartit.com

無理に休む必要はありません。帰ったら少し自分の時間をつくるとか、朝活をして自分と向き合う時間をつくるとか、そういったことでかまいません。

「休んじゃダメだ」と思うと、ちょっとしたことでもイライラとし、厄介な出来事に大きく膨らんでしまう可能性もあります。
ですので、まずは自分を落ち着かせることを考えましょう。

厄介な出来事から自分を守る処世術③嫉妬の気持ちをうまくコントロール

weheartit.com

冷静に考えてみてください。その気持ちは今、あなたにしか分かりません。

いろんなむしゃくしゃは、嫉妬や妬みからくるものではありませんか?

もしそうだとしたら言葉に出して、「いいよなー!」「羨ましいわー!」と一人でいるときに声を出してみましょう。

きっと、さっきよりだいぶ楽になっているはずです。

厄介な出来事から自分を守る処世術④傷ついた自分を癒してみる

weheartit.com

厄介な出来事をスルーしようと思っても、できないときがあります。そうしたらもう自分で自分を癒すしかありません。

「なんか悪いことしたかな?」「自分が悪いのか」そう思ったままでは、何も救われませんよ。

そんなときは、自分を悪者にするのではなく、「私は傷ついた」と、認めてあげましょう。そうすると、自然にも受け入れられることが多くなりますよ。
いかがでしたか?
厄介なことから自分を守って人生を明るく生きていきましょう♡

厄介 守る 処世術 生活

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

新川ももか

美容記事を中心に書いています♡

>もっとみる