ハイスペックな男性に出会って恋愛してきた私の体験談

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第120弾】

いつも読んでくださる、恋愛コラム読者の皆様からは「どうやってハイスペックな男性に出会うんですか?」などの質問を多くいただきます。今回は個人的な実体験を皆さまにシェアしていきます。

斎藤美海さんによる、イベントの開催が決定!最後に詳細があるので、ぜひチェックしてくださいね♪

ハイスペ男性との恋愛歴、約10年

私がハイスペックな男性と恋愛するようになったのは20歳を過ぎたくらいの頃でした。たまたま当時付き合っていたアラサーの彼と年収の話になって流れで「いくら稼いでるの?」と聞いたら「2000万ぐらい」と相手が言っていたので、それをそのまま驚くこともなく「へー、そうなんだ。働く男の人ってそのぐらい稼ぐものなんだ」と無知で世間知らずの私は受け取ってしまったんです。

お買い物が大好きとか、欲しいものが特別あるわけでも、お金にものすごい執着があるわけでも無かったけど、彼とのデートが楽しくて、デート以上に彼が話している内容がとっても面白かった。活躍しているハイスペックな男性特有だと思いますが、鋭い観察眼をもっているところが好きです。

社会で起きているニュースや歴史の話、ビジネスの話を、彼なりの視点で教えてくれたりしました。稼ぎのある男性は勉強ができる人が多いので、「もっと知りたい!」「もっと教えて!」という知的好奇心が強い私は、その彼と別れた後も、「知的好奇心を満たしてくれる相手」をずっと探して恋愛するようになったのです。結果的に、ハイスペックな男性ばかり引き寄せるようになりました。

ハイスペ男性との出会い方、引き寄せ方

ハイスペ男性と出会いたい!と思うのと、実際に出会えているのでは雲泥の差があります。出会えたとしても仲良くなれるのか?という問題もありますしね。こちらでもまた、私の体験談を書きますが、私は住んでいた東京に殆ど友達がいなくてさみしかったので、恋愛相手をつくりたいというより、友達をつくりたいのが先でした。地元を16歳で離れて働いていたので同級生の友達がほぼいなかったんです。

東京は出会いが溢れている街なのでいろんなジャンルの人と知り合いました。そこで様々な出会いを経験して気付いたのは「この人、いいな!」と尊敬して気に入っている友達の友達は、大抵、いい人が多いです。つまり、1人でもハイスペックな男性の友達(キーパーソン)をつくれば、類は友を呼ぶので、その周りの男友達は自分の将来の彼氏になる可能性が高いですね!

ハイスペ男友達の遊びの誘いには積極的に乗ることで出会いを増やしていった

いい出会いやいい縁が欲しいなと20代の頃はずっと考えていたので、新しい出会いに対するアンテナはかなり高く立てていました。例えば「今日来れる人を何人か集めて飲もう!」と社交的な男友達が思いついたとします。そういった時は新しい出会いを紹介してくれる日なのですぐに行けるようにスタンバイして急いで駆けつけるようにしていました。

ちなみに「出会いが欲しい」と口では言っておきながら出会えていない人には、1. フットワークが軽くない 2.ノリが悪いという共通点があります。その誘いに便乗すれば人生が変わるような1日になるかもしれないというキーパーソンからの誘いでも「先約がある」などとクソみたいな言い訳をして断ってしまいます。

いい男をしっかり捕まえられる人や、ビジネスチャンスを自分のものにできる人は、つまりは「運がいい人」と世間では言われているのでしょう。運がいい人は誘われた時に、嗅覚を働かせて判断していますね。誘いに乗るかどうかは、アタマで考えていませんし、先約よりも誘いのほうがなにか楽しそうな感じがするなら平気でそっちを選びます。

ハイスペ男友達のコミュニティーに潜入するのが近道!

私の場合、ほんとうにナチュラルに「知的好奇心を満たしてくれる相手」や「仕事の話をガチで出来る相手」を探していたらハイスペ男性に出会い続ける人生になったというだけなのですが、ハイスペ男性と恋愛や結婚する女友達をみていると、独身時代からスペックの高い男友達が多くてその輪の中で生活しているんですよね。「ハイスペ男はフツウ」という感覚を彼女たちも持っています。

もしもあなたに「ハイスペックな男性と結婚したい」という明確なゴールがあるとするなら、彼らの価値観に馴染むために慣れが必要かとは思います。結婚の1つ前段階に「ハイスペックな男性と恋愛するのはフツウ」になることや、もっと前段階に「ハイスペックな男友達がたくさんいる」という現実を作り上げていくと数年後に「ねらいどおり」の結婚をしている確率はグンとあがるでしょう。

5/19(土)にもっと踏み込んだ詳しい話をしちゃいます!!!

5/19(土)にいつもお世話になっている4MEEEさんと新宿でリアルイベントを開催させていただくことになりました !!

このイベントではトークショー形式でスペックの高い男性との出会い方、付き合い方、他には、過激すぎてコラムには絶対書けないような深〜いお話まで、していきます。

めちゃめちゃリアルで即使える!効果絶大な男女関係のテクニックを現場でお伝えするつもりなので、男子禁制にいたしました!会場には女性しかいませんので、お互いに安心できますね!笑笑

質問コーナーもあります。今まで友達にも誰にも言えなかったお悩み相談、是非お待ちしています!
ちなみにほとんどの方が1人で参加されます。地方の方も大歓迎。学生さんでも熟女のおねえさまも大丈夫です。

女性読者様にお会いできるのがとっても楽しみでワクワクしています!熱い恋愛トークを繰り広げましょう!

参加ご希望の方は、下記応募フォームよりご応募ください。
イベントは各回20名の限定イベントなので、気になる方は早めのご応募がおすすめです♡

◆イベント概要
開催日:2018年5月19日(土)
時間:1部 11:00〜12:30 / 2部 13:00〜14:30
参加費:1部・2部どちらかのみ参加 4,000円 / 両方参加 6,500円(当日お支払いください)
場所:新宿(参加者の方のみにお知らせいたします。)
※今回は女性限定イベントになりますので、カップルでのご参加、男性のみでのご参加はできませんのでご了承ください。
※応募数が定員を超えた場合は抽選になります。
斎藤美海さん限定イベント参加応募はコチラ♡

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!