幸せになるために減らすべきこと4つ

LIFESTYLE

幸せになるためには、今持っていないものが必要だし、増やすことが重要と考えている人が多いかも知れません。
でも実は、増やすことよりも減らすことのほうが重要だったのです!

幸せのために減らすこと①▷他人を気にすること

人は一人で生きているわけではありませんよね。
右を見れば知らない人。左を見ても知らない人がいます。
だからこそ、他人の目を、評価を気にしてしまうのです。

しかし、そのためにいったいどれだけ自分のやりたいことを押し殺してきたでしょうか。
そんなもったいないことだと思いませんか?
やりたいならやればいいのです。

どのみち、他人からの評価を気にしたところで、その評価をあなたが知るすべはどこにもないのですから。
ならばやりましょう、堂々と!

幸せのために減らすこと②▷やたら心配すること

ニュースを見ていると何かと心配になりますよね。
次に自分の身に起こったらどうしよう…と不安になります。

でもそれがいつ起こるかわかりますか?
わかるわけないですよね。一生涯のうちに起こることがないことだってあります。
「いつだろう…」と考えているのはエネルギーの無駄です。

心配しすぎる癖がある人は、直ちにやめましょう!(私あります。)
心配するのは事が起こってからにしましょう。
起こる前に考えていても、何の意味もありません。

幸せのために減らすこと③▷過去に縛られること

誰もが過去を持っています。
過去によってあなたが形作られ、不安や期待をコントロールしています。

ここで言いたいのは、特に不安要素を含んだ過去のことです。
過去で失敗した経験は、成功した経験よりも鮮明に記憶に残っていると思います。
そのため、過去に縛られることによって今を踏みとどまったり、前に進めなくなってしまう危険性があります。

悪い過去の記憶というのは、そういうものだと知りましょう。
必ずあなたのストッパーになってしまうものだと認識しておきましょう。
それがわかっていれば、あなたはもう過去に縛られる必要がなくなります。

幸せのために減らすこと④▷物を増やそうとする心

最後に、幸せのために最も減らさなくてはいけないことは“ものを増やそうとすること”です。
「あれがないから幸せじゃないんだ」
と思い込んでしまいがちですが、全く違います。
人は周りに物が少ないほうが、心が豊かになるのです。

どうしても幸せになるために足りないものがあるのなら、一度立ち止まってみてください。
そして今あるものの中から、必要のないものを減らしてみましょう。
少なくなったものの中から、何か気が付くことがあるかもしれません。
それでも足りないと思うなら、追加しましょう。

この過程を繰り返すことで、無駄に増やす行為をしにくくなります。

いかがでしたか?
幸せになるためには、身の回りの物だけではなく、自分の考え方を簡素化することも重要です。
よりシンプルな生き方を目指しましょう!