会社の飲み会も怖くない!お酒の席で知っておくべきマナー

LIFESTYLE

新人歓迎会や忘年会、新年会など、暮れから年度明けにかけて、会社で行く飲み会の機会も増えますよね。
お酒の席が好きな人も苦手な人も、飲み会の席でのマナーをマスターして、程よく楽しみましょう♪

飲み会どうする?お酒の席のビジネスマナー①無礼講?

www.ylakeland.com

社内での飲み会で気をつけたいのは、全員が同じ立場ではないということ。
年齢も役職も異なる相手ですから、友達同士の飲み会のように振る舞うのはやはりNGです。

「今夜は無礼講だ!」と言われても、社会人として最低限のマナーは守りましょう。
もちろん会議や打ち合わせのようにかしこまる必要はありませんが、お酒の席でも発言には気をつけ、みんなで気分よく過ごせるようにしたいものですね。

飲み会どうする?お酒の席のビジネスマナー②集合

www.localplace.jp

会社の飲み会は、特に新人のうちは上司や先輩から好印象を得るいい機会です。

もちろん遅刻は厳禁です。集合時間より5分ほど早めに集合場所に到着しているようにしましょう。

そして移動中は先頭を歩かず、上司や先輩の後ろについていき、お店に入るのも一番最後になるようにしましょう。
飲み会のお店に直接集合する場合も、早めに着いてもさっさと着席せずに店先で待つのがマナーです。

飲み会どうする?お酒の席のビジネスマナー③席次

www.hotpepper.jp

席次とは、飲み会の際に序列の順に座るべき席の順番のこと。もっとも序列の高い人が上座に着き、もっとも序列の低い人が下座に着きます。

基本的に、入り口からもっとも遠い席が上座、その右隣が二番目、左隣が三番目になります。そして入り口にもっとも近い席が下座。

会社によってあまり細かくは気にしないところもあるでしょうから、正確な順序にこだわる必要はありませんが、上座と下座くらいは覚えておきましょう。
新人のうちは、下座付近に着くようにするのがマナーです。

飲み会どうする?お酒の席のビジネスマナー④お酌

www.pakutaso.com

お酒を飲むペースは人それぞれですから、けっこう難しいのがお酌です。

マナー上のタイミングとしては、グラスが空になるちょっと前が適切とされています。相手が飲んでいたものと同じお酒を、「次も◯◯でいいですか?」と勧めましょう。

また、お酌をする順番は、序列の順とされています。お座敷での飲み会であれば、その場で一番序列の高い人には挨拶の意味も兼ねて、一度は席を立ってお酌に行きましょう。

お酒の席のことですから、必ずしもマナー通りにはいかないこともあります。
しかし、全くマナーを知らずに飲み会に参加するのと、マナーを心得て臨機応変に対応するのとではやはり印象が異なりますから、やはり一度はおさらいしておきたいですね。