そろそろお金の管理ができる女になろう♪家計簿を続けるコツって?

LIFESTYLE

主婦がつけているイメージの強い家計簿ですが、最近では可愛いデザインの家計簿帳や、自分でオリジナルの家計簿をつけている方も多く、家計管理をすることは、若い独身の女性にも浸透してきました。
手軽にスマホアプリで自分の支出を管理する方も多いのですが、基本に戻り、自分らしい家計簿をつける方法や、メリットについてご紹介します。

《家計簿でお金を管理!》家計簿をつけることはメリットがいっぱい!

最近では主婦以外にも、独身の女性が自分のお金を管理をするためにつけている家計簿。
家計簿というと古臭いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、基本に忠実に家計管理をすることは、節約や無駄使い防止になると注目を集めているんです!

SNSで家計簿や家計管理についての投稿をする方も多く、みんなの興味関心が強いことがわかります。SNSに投稿しているのは主婦だけでなく、独身の女性や彼と同棲中の方など様々!

家計簿はスマホアプリで簡単につけられるものもありますが、手書きで自分なりの家計簿を作るという基本に立ち戻った家計管理は、より支出がわかりやすく、無駄使いが浮き彫りに……!
一日の支出をその日の終わりに家計簿に書き出すことによって、ひと月のお金の流れの管理ができるようになるというメリットがあるのです♡

また、自分で紙に書くと好きな色のペンが使えたり、マスキングテープやシールでデコったりできるのが楽しくて、若い女性もハマるようですよ♪

《家計簿でお金を管理!》家計簿をつけるなら、まずやること。

家計簿をつけるために、市販の家計簿ノートを買う方も多いでしょう。
ですが、最近は自分でノートに線を引き、自分だけのオリジナル家計簿をつける方も増えています。

オリジナル家計簿ですが、SNSで人気となり本を出版したカリスマ主婦もいるんだとか。独身だからお金の管理は必要ない!なんてことはありません。
ぜひ、ノートとペンを用意して、家計簿をつけてみましょう。

家計簿の基本的なつけ方は、
①給料日から次の給料日まで、など始まりと終わりを決めてスタートする
②その月の所得を書き出す
③日々の支出を書き出す(買い物の記録を書きます)
④月の終わりには家計簿閉めをして、貯蓄金額を計算する(所得-支出です)

この方法でお金の流れを書き出すことが基本となります。

《家計簿でお金を管理!》家計簿のフォーマットは?やりくり上手の家計簿に近づきたい!

家計簿の基本的なつけ方はわかりましたが、いざ書くとなると何もないところからは書きにくいかもしれないですね。

そこで、決めておきたいのが家計簿のフォーマットです。

家計簿のフォーマットは、
①所得、支出の合計を書く欄を作る(最後に所得ー支出を計算するのが楽ですよ)
②固定費の支出は別枠で設ける(光熱費・家賃など)
③日々の支出を書き出す広いスペースを設ける(細かく品目を書くと節約につながります)
④ひと月の流れを把握するカレンダーがあると尚よいです

こちらが家計簿の基本的なフォーマットです!
まずは基本から初めて、自分のやりやすいように改良していくといいでしょう。

また、使うペンの色も決めておくと便利です。
日々の支出を黒で書き、色ペンで項目ごとにマークを付けるように決めておくと、見返したときに何の項目にたくさお金を使っているのかが、一目瞭然になります。

《家計簿でお金を管理!》一週間で見直しが原則!続く家計簿の技とは?

アプリなど簡単な家計簿ツールを使っているのに今まで続かなかった……という方も多いかもしれません。
続かない原因の一つに、「自分で見てもよくわからない」というのがあります。

家計簿の見直しは一週間に一度が原則です。
一週間の支出を書き出したら、その週の終わりに家計簿を見直してみてください。

カフェに行った日が多くありませんか?余計なお菓子ばかり買っていませんでしたか?家計簿を見つめ、反省する点があれば次の週に活かしてください。
このようにしっかりと日々のお金の流れを見つめることで節約につながり、将来的には大きな貯金もできるようになるでしょう。

一か月続けて、貯金はどれだけだったか。無駄なお金を使っていなかったか。これらのことが見えるのが家計簿です。

地味なイメージのある家計簿ですが、自分のオリジナル家計簿を作り、カラーペンで項目ごとに色分けをしたり、ちょっとマスキングテープでデコってみたりと、手書きだからこそできる技もあります♡
可愛い家計簿を見てモチベーションを上げ、お金の管理をしてみましょう。
今まで、なぜかお金がたまらなかった……という方も、家計簿をつけることで自分の家計と向き合い、貯金ができるようになりますよ!