上質な睡眠のために♡知っておきたいブルーライトの影響について

LIFESTYLE

美容のために大事な睡眠。
たくさん寝ても寝ても、なぜかあまり眠りが良くない……なんて覚えがある方は、もしかしたらブルーライトが原因かもしれません。
なんとなく聞いた事のある「ブルーライト」。
そもそも何なのか、一緒にお勉強してみましょう★

そもそもブルーライトって?

最近よく聞く「ブルーライト」。
でも実際のところ、いったいなんなのでしょうか?単に「目が疲れそう」と思っていたブルーライトですが、実は様々なところに影響が大きいもの!

「ブルーライト」とは、波長が380~500nmの領域にある青色の光のこと。
スマホから出るだけではなく、太陽光などにも含まれているそう。

中でも影響が大きいのは「白色LED」というもの。
これはテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面のバックライトに使われている事が多いため、パソコンやスマホを見るとブルーライトが……と世間で注目されているんです!

ブルーライトはどう体に影響するの?

ブルーライトを長い時間浴びる事で、体の生活リズムをコントロールしている体内時計が狂ってしまう!と言われています。

視界のチラつきやまぶしさを感じて目が疲れたり、頭痛などの症状まで発展してしまう場合も……。

これは、ブルーライトが眠気を誘うホルモン「メラトニン」が出るのを押さえてしまうからなのだそう。

なので、寝る前にパソコンやスマホを長時間使うと眠りが浅くなってしまったりも……!
眠りが浅くなってしまうと美容にも良くないし、次の日の疲労感が取れないという事態になってしまいます。

ブルーライトを避けるには、どうすればいい?

今は仕事にも学生のレポートを書く際にもパソコンを使うし、連絡手段はスマホが主流。
見ないなんて、無理……!というあなた。
もちろん、全部をカットする!なんて生活は、ほぼ不可能です。

でも大丈夫!簡単な対策法もご紹介します。

①夜眠る前の約2時間は、パソコンやスマホ、テレビなどの画面をなるべく見ない!

②寝る前の照明は、なるべく白熱灯や蛍光灯に。

③パソコンやスマホを使わざるを得ない場合は、ブルーライト対策用メガネを掛けたり、画面シールを使うと効果的です!

ブルーライト対策グッズもたくさん♪

引用:item.rakuten.co.jp

近頃では、ブルーライト対策グッズが続々と登場しています!

ブルーライトカットの眼鏡も発売されていますが、毎日常に眼鏡をする訳にもいかないあなたにおすすめなのは、ブルーライトをカットする液晶保護フィルム。

iPhone用やパソコン用と様々な物が発売されています♪

液晶をキズや汚れからも守ってくれて、さらにブルーライトも35%カットしてくれる優れもの。電車でも移動中でも使ってしまうスマホ対策には、フィルムがラクチンでオススメです◎

液晶保護フィルム 覗き見防止 液晶保護シート

¥1,280

販売サイトをチェック

いかがでしたか?
毎日使う、スマホやパソコン。
目が疲れて体が不調に……なんて嫌!少しでも軽減する為に、ブルーライトについても頭に入れておくといいですね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。