いつまでも長続きするカップルでいたい・・・♡ 相性抜群の彼を見つける方法って?

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第131弾】

「あなたしか考えられない」とお互いが想えるほどの運命のパートナーはきっと世の中にはいるはず。出会いが溢れている現代で難しいのは「誰がその相手なのか?」を見極めることです。今回は運命のパートナーを見極めるために男性のどんな部分をチェックしたらいいのかを、詳しくご紹介します!

斎藤美海
斎藤美海
2018.06.16

5年後...10年後....。彼がなりたい姿って?

チェック項目その1は、彼が将来どうなっていきたいのか?どんな人になりたいのか?という未来像を確かめること。「今が楽しければそれでいい」という刹那的な恋愛を望んでいるのでしたら彼の未来像は関係ありませんが、何歳になってもずっと一緒にいたいと思える相手を本気で見つけたいのなら、彼がどんな生き方をしてどんな仕事をしていきたいか?などの将来のビジョンを聞いておくといいでしょう。

なぜなら、彼の人生を全部まるごと愛せることが、パートナーシップにおいてはとっても重要だからです。

付き合いはじめて間もない頃は、幸せの絶頂にいるため、彼ならなんでも良くみえるという時期ですよね。けれど付き合い続けていくと相手の嫌な部分も見えてくるわけです。嫌いになった時期を乗り越える秘訣とは、嫌なところをカバーできるぐらい、相手を尊敬していてめちゃくちゃ好きだという事実があれば乗り越えられるというか、乗り越えるしかなくなります。

5年後、10年後、彼がなりたい姿や、彼がどんな仕事や生活をしていきたいといった、ビジョンを知ったとき、女の自分が居心地のいいものであるか?ワクワクするか?

その答えが「YES」であるならば彼の人生をまるごと愛せるでしょうし、困難が起きたとしても2人でやっていける相性でしょう。

価値観は一致している?

男女では価値観のすべてが一致するなんてことはあり得ないですが、相性のいい彼を見つけるにあたって、抑えておきたい価値観のポイントがあります。それが、

「こんな生き方だけは絶対にしたくない」

という価値観がお互いに一致していることです。なぜならコレは、美学やプライドに関する価値観だからです。

個人的な例をだしますが、私の場合は、「過去に囚われるような生き方だけはしたくない」という価値観をつよく持っています。「あの頃は良かったなぁ」と言っている人にはなりたくないのです。ですから過去をなるべく忘れて前に進むように心がけていますし、同じ考えの人を見つけると、長く付き合っていける相手だと思って、安心します。

「こんな生き方だけは絶対にしたくない」ポイントは人それぞれ異なります。「人の悪口を言う人間にだけはなりたくない」という人もいるでしょうし「毎日お風呂に入らない人間なんて有り得ない」という人もいるでしょう。

「どんな価値観を恥ずかしいと感じるか?」

そこが一致していると人とは気が合うので長続きしやすいです!

彼の育ってきた環境は自分に似ている?

相性のいい相手をみつけるには、彼の育ってきた環境や経験が自分に似ているかどうか?を確かめるといいでしょう。離婚した人たちの話を聞く機会があるのですが、育ってきた環境が似ていない者同士は「家族とはこういうもの」「男女とはこういうもの」という世界観がまるで違っています。お互いが正しいと思うこと、大事にしたい優先順位が違いすぎて、折り合えずに別れている印象がありますね〜

「普通ならこうするよね!」という選択に基づいてみんな生活をしていると思いますが、その「普通」とは自分にとっての「普通」であり、万人に当てはまるものでは無いのです。ですが、育ちが似ていると「普通ならこうするよね!」が一致しやすいので摩擦が生まれにくい。

実はその「普通」とは親の影響によるものが大きいです。

彼が育ってきた環境の話や家庭で受けていた教育の話は隅々まで聞いておくといいと思います。その原体験が、彼の「普通」を形成しているからです。彼のあらゆる選択を、居心地がいいものだと思えるかも、相性を確かめるうえで大事なポイントです!

好きだけじゃダメ。『好き×相性のいい相手』を探そう!

経験がある方なら分かってもらえると思いますが「好きだけど別れる」という選択が恋愛にはあります。

好きだから一緒にいられるように努力したけど、自分の人生を切り捨ててまで彼についていくことが出来なかったとしたら、相性の問題が引っかかっています。

これが『好き×相性のいい相手』の場合は結果が変わってきます。

どんな感じかというと・・・

(大好きな彼と一緒にいるために自分の大切なものを捨てたとしても居心地がよい。その先に未来が開ける感じがする。ぴったりとハマっていくような感覚...)

超おすすめは、パートナー探しの段階なら同時進行でいろんな人と付き合ったほうが本当にいいと思います。「ちょっと違うな」と感じる相手はもう違うので、どんどん次にいく。出会い方は合コンでもマッチングアプリでもなんだっていいので。好きだけの人は生き残らないんですよね。相性と好きが両方ある人が最終的に生き残ります。

ぶっちぎりに相性のいい相手だとしたら「最強の相棒」のような関係になります。その人に出会うまでは、探したほうがいいし待ったほうがいいかなと。離婚が多い現実をみると、最強の相棒に出会う手前で妥協しているケースが殆どかなと感じてしまいますね。

最強の相棒って、根気強く探し続けるとどこかで現れるものなんですよね〜。そして相手も同じようにあなたのことを探しています。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。