ダイエッター必見!罪悪感なく食べられるケーキの選び方って?♪

BEAUTY

ダイエット中でもケーキを食べたくなるときってありませんか?ダイエット成功の秘訣は「我慢しすぎないこと♡」
だからと言ってどれを食べてもOKではないのです!何を選ぶかが大切。
ダイエット中でも罪悪感なく食べられるケーキを紹介しちゃいます♪

<ダイエット中でも食べられるケーキ①>ケーキの材料を考えてチョイス!

引用:www.recipe-blog.jp

ケーキっていろんな種類があるけど、それぞれにどんな材料が使われているか知っていますか?
これを少し知るだけで、ダイエット中でも食べてOKかどうかが簡単に判断できちゃうんです♪

材料によってケーキは大きく3つに分類できます。
バター、生クリームの使用量が多い『脂質系』。小麦粉、砂糖などが多めの『炭水化物系』。卵、牛乳などが多い『タンパク質系』。この3種類です。

どのグループに当てはまるかによってカロリーにも大きな差が……。

①脂質多めケーキ
ミルフィーユなどのパイ生地系・チョコレートケーキ・ショートケーキ・ババロアやムース。
パイを作るときにはバターがたーっぷり使われているし、ショートケーキには生クリームがたくさん。ババロアやムースは一見シンプルでカロリーが低そうですが、実は生クリームの使用量が多いんです!これらは1つあたり400kcal以上になるものが多くて、ケーキの中でも特にカロリーが高いです!

②炭水化物メインのケーキ
ケーキって実は炭水化物メインのものはあまり多くないんです。けれど、ホットケーキはその1つ。小麦粉など粉類が多く使われているので炭水化物系に当てはまります。さらに最近では生クリームがこれでもかってくらいトッピングされているものがありますよね??それだけでとっても危険なケーキになってしまっているので、食べるときは要注意です!

③たんぱく質が多いケーキ
プリンや中身がカスタードのシュークリーム。シフォンケーキやクレープなどは卵や牛乳がメインになるので、比較的カロリーが控えめ♡1つあたり200kcal前後なので、ダイエット中にも安心できるケーキです♡

<ダイエット中でも食べられるケーキ②>これを選べば大丈夫!“安心ケーキ”とは?

引用:www.recipe-blog.jp

ダイエット中は【乳製品や卵が中心のケーキ】を選びましょう♪そんなダイエット中でも安心なケーキはこちら!

①シフォンケーキ
あのふわふわのボリュームは卵白を泡立てることでできています☆生地自体にバターや生クリームは使われていなくて、代わりに卵がメインに使われています。卵は栄養面からも魅力的な食材なのでこれは安心ケーキです♡大きめサイズのシフォンケーキに、生クリームを少しつけて食べても300kcalくらい♡

②シュークリーム
卵や牛乳、小麦粉が使われていて、ケーキの中ではカロリー控えめ♡中に生クリームたっぷりなのはダイエット中は避けましょう!

③プリン
なめらか系のプリンだと生クリームの使用量が増えてしまうので、固めのプリンのほうがおすすめです!しかし、なめらか系でもケーキの中ではカロリー控えめ♡

④チーズケーキ
濃厚なニューヨークチーズケーキはNG。軽めのものや、スフレ系がおすすめです!チーズケーキは砂糖が少なめなのと、デコレーションしないから、その分カロリーが低くなっていて安心です♡

⑤ロールケーキ
生クリームをたっぷり巻き込んでいるのもありますが、実はカロリー控えめなんです!できるだけフルーツがたくさん使われていて、生クリーム控えめのものを選ぶとさらにGOODです♡

<ダイエット中でも食べられるケーキ③>逆に、ダイエット中は避けたいケーキって?

引用:www.recipe-blog.jp

逆にダイエット中は避けたいケーキはこちら!

①モンブラン
あのクリームはバター、生クリーム、砂糖がたっぷり!大きいもので500kcalくらいになってしまうので、食べるときは小さめがいいですね……。

②ミルフィーユなどのパイ系
生地にはバターたっぷりで高カロリー。さらにクリームがサンドされているので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。

③チョコレート系のケーキ
チョコレートに生クリーム。バターやアーモンド粉などが多く使われていてこれも高カロリー。

④ティラミスやムース系
食べた感じは軽めなのに、生クリームの比率高め!あの甘さには砂糖もたっぷりなので注意です!

⑤タルト類
これまたあのタルト生地はバターがたっぷりで、生地だけでも十分なカロリーに……。それでも食べたいときは、フレッシュフルーツがのったものを選びましょう!

頭では分かってるけど、カロリー高めのケーキを食べたいときってありますよね??そんな時はオーバーした分を、他の食事や運動で調整しちゃいましょう♪
あとは、デコレーション控えめのものやサイズの小さいものを選ぶのもおすすめ!少しだけ工夫をすれば、ダイエット中もケーキを楽しめちゃいます★

<ダイエット中でも食べられるケーキ④>食べ方のポイント♡ 最適な時間&食べ合わせ

選び方の次に大切なのは、「食べる時間」。14時~18時くらいの間に食べるのが最も太りにくいんです!1日の間で1番体温が高い時間帯で、エネルギー消費しやすい時間帯なのです。

夕食後や夜遅くに食べると、活動量が少ないこともあり、余分なカロリーは体脂肪として蓄積されてしまいます……。さらに、深夜のほうが体脂肪を合成するホルモンが多く出るそうなので、ケーキはできるだけおやつの時間に!

そして「食べ合わせ」!
ポイントは“食物繊維”です。
食物繊維は血糖値上昇をゆるやかにしてくれて、体脂肪合成を抑制する働きがあります☆
ケーキを選ぶときは、食物繊維の多い食材がトッピングやデコレーションに使われているものをチョイスしましょう!

■おすすめ食物繊維
くるみ、アーモンド、ピスタチオ、豆類、かぼちゃ、さつまいも、ドライフルーツ、ブルーベリー、いちじくなど★

もし食べたいケーキに食物繊維が含まれていない場合は、ケーキを食べる前に食物繊維を摂取すれば同じような効果が期待できます!
市販の食物繊維が多いドリンクを事前に飲むのでもOK♡
でも、あまり時間が空いてしまうと効果がなくなってしまうので、1時間以内が目安です♡

選ぶポイントを知っていれば、女子会でもみんなと一緒にケーキを楽しめちゃいます☆
がんばりすぎず♡でも少し意識しながら夏に向けてシェイプアップ♪