フェスの季節がやってきた!初心者にもオススメ「都市型音楽フェス」

LIFESTYLE

夏!!といえば、海、祭り…そして、音楽フェス!!!

だけど、
「行った事ないから、どれに行けばいいかわからない」
「キャンプ道具要るんでしょ…?」
「車無いと行けない?」って不安ですよね。

そんな方々にオススメなのが、
最近増えている「都市型フェス」。

都市型フェスとは、
キャンプをしたりする自然型フェスの不便さを解消したもの。
言ってしまえば、普通のライブと同じように、
お財布とチケットさえ持っていけば
気軽に参加できるところが最大のメリット。

開催も、電車などで行きやすい場所で行われます。

今回は、そんな都市型フェスの中でも、
特にオススメのフェスをご紹介します!!

(もう今年は終わってしまったもの、
チケットが完売しているのもあるので、
来年に向けて計画を練るのに使ってください♪)

都市型フェスのパイオニア「SUMMERSONIC」

引用:www.summersonic.com

都市型フェスと言ったらこれでしょう。

東京駅から電車で一本!
海浜幕張駅一帯で行われる「サマソニ」。
海沿いの立地から、都市型なのに、海も楽しめるステージがあるのが特徴です。

始まった頃はゴリゴリの海外ロックアーティストが
集うフェスでしたが、どんどんポップに。
最近では、日本のアイドルも出演しているので、老若男女問わず参加できる雰囲気。

雨にもぬれない汗もかかない「SpringGroove」

引用:twitter.com

ちょっと薄着になれる季節、フェスの幕開けはコレ。

こちらも会場は、海浜幕張駅の幕張メッセですが、室内ステージのみ。
天気の心配は無用です。

ジャンルは、洋楽初心者でも楽しめる内容。
誰もが聞いたことあるクラブミュージック、DavidGetta、LMFAO。
最近では、BIGBANGや2NE1などのK-POPアーティストの参加も目立ちます。

クラブミュージックと行っても、昼から始まって、夜には終了。
安心です。

最も自然型フェスに近い?「GREENROOM FESTIVAL」

引用:greenroom.jp

サーフィンをテーマに、
音楽、アート、映像、写真をコラボレーションさせたフェス。

場所は、渋谷から電車で一本の、横浜赤レンガ倉庫周辺。
フードは、芝生の上に座って食べられたり、ハンモックで休めたりと
とてもピースフルな雰囲気。

ファミリーが多いのが最大の特徴で、安心して子どもをつれてこれるようです。
ワークショップなどもやっているので、子どもも飽きません。

そしてとうとう日本上陸「ULTRA JAPAN」

引用:ultrajapan.jp

毎年3月にアメリカのマイアミで開催される世界最大級の音楽フェス「ウルトラ」。

アメリカでは6日間で30万人を動員したモンスターパーティと言われています。
現在では、スペイン、ブラジル、チリ、アルゼンチン、クロアチア、
韓国で開催されていて、日本から毎年韓国に行っている人も。

そんなフェス好き待望の「ウルトラジャパン」。
会場は、なんとお台場!!

出演DJももちろん豪華で、EDMにおいて世界No1という呼び声も高いハードウェル。
同じくEDMを聞かない人でも一度は聞いたことであろう
グラミー賞を受賞したアフロジャック!

今年のスタートで今後が決まるであろうウルトラジャパンから目が離せない!!

フェスは、自分らしい楽しみ方を見つけられるのが、ライブとの最大の違い。
色んなフェスに行って、自分に合うのを探してみるのがベスト!!
フェスきっかけで、聞く音楽のジャンルのが変わるなんて事もあるかも?