新郎のタキシードの色によるイメージの違いって?花嫁さんも必見です。

WEDDING

花嫁のウェディングドレスではないものの、新郎のタキシード選びも結婚式ではとても大切な項目ですよね。
真っ先に気になるのはデザインが挙げられますが、“色”も気になるという声が多いようです。
そこで今回は、新郎のタキシードの色によるイメージの違いをご紹介いたします。

mana yuki
mana yuki
2018.10.17

新郎のタキシードの色はもう決めた?

新郎と新婦

花嫁のウェディングドレスと同じように欠かせない新郎のタキシードですが、結婚式でのタキシードといえばどんな色を思い浮かべますか?
ホワイトやブラックが定番ですが、その他にも素敵な色はたくさんあります。

そして選ぶ色によって相手に与える印象も変わってくるので、タキシードの色選びは意外と重要なんですよ。

そこで今回ご紹介するのは、新郎のタキシードの色によるイメージの違いについてです。
新郎のイメージに合うものや、二人の結婚式のイメージに合うものを選んで素敵な結婚式を迎えたいですよね。

花嫁さんもぜひタキシードの色に注目して、当日の衣装を決めてみてください。

新郎のタキシードの色によるイメージ【1】ブラックのタキシード

黒のタキシードを着た男性

王道のタキシードの色といえば、やっぱりブラック!
「ブラックタキシード」や「ブラックフォーマル」と呼ばれているくらい、ブラックはフォーマルカラーのナンバー1として知られていますよね。

どんなシーンでも外さない色なので、迷ったときはブラックのタキシードを選ぶのが無難ですよ。

ブラックのタキシードならスタイリッシュに決まるので、年齢や体型に関わらずビシッとした印象になります。
また、純白のウェディングドレスとのコントラストも素敵で、花嫁を支えるような男らしいイメージを与えることができますよ。

ただ、「ブラックだと堅くなりすぎないかな」と不安に思ってしまう新郎もいるのではないでしょうか。
きっちり決めることに物足りなさを感じるのであれば、ベストやシャツなどの色を明るめにするのがおすすめです。

また、シンプルなネクタイよりも蝶ネクタイにすることで柔らかな雰囲気を出すことができますよ。
シーンやシュチュエーションを意識しながら、ベストなブラックのタキシードを選んでみてくださいね。

新郎のタキシードの色によるイメージ【2】紺のタキシード

ネイビーのタキシードを着た男性

おしゃれな新郎にぴったりのタキシードカラーは、ネイビーです。
ブラックに近い色なのでフォーマル感はきちんとあるのですが、ブラックよりも明るいので重くなりすぎず、おしゃれに着こなすことができるんですよ。

派手すぎず地味すぎず、絶妙な色合いのネイビーは、これからのタキシードの定番カラーになること間違いなしといえるでしょう。

さまざまなシーンの結婚式に馴染むネイビーですが、とくに海辺で行うリゾートウェディングにぴったり!
さらに、黄味がかった日本人の肌色とも相性がいいので、ブラックと同じように年齢や体型に関わらず着こなすことができそうです。

ただし、ネイビーと一口に言っても、色合いはさまざま!
ボディを引き締めながら落ち着いた大人の雰囲気に決めたいときはこっくりとした濃いめのネイビー、爽やかに、そして個性的に決めたいときは明るめのネイビーを選ぶといいですよ。

また、ネクタイなどを同系色で揃えれば統一感が出せますし、小物をホワイトで揃えると爽やかで紳士な印象を与えることができます。
クールにしたいのであればブラックのネクタイやベストを合わせてみてくださいね。

新郎のタキシードの色によるイメージ【3】グレーのタキシード

グレーのタキシードを着た男性

パキッとした色が苦手な新郎であれば、グレーのタキシードを選ぶのがおすすめです。
結婚式でも定番のタキシードカラーで、グレーを選ぶ男性は多いそうですよ。

グレーのタキシードの魅力は、ブラックとホワイトの中間色であること♪
ブラックのフォーマル感や大人っぽさの中に、ホワイトの爽やかさや優しさが加わるので、マイルドな印象になります。
花嫁を柔らかく包み込んでくれるような、優しい雰囲気の新郎にぴったりですよ。

きちんとしたおしゃれな色でもあるので、どんな結婚式のシーンにもマッチしてくれるところも特徴です。
中でも、ガーデンウェディングなど自然溢れる場所で結婚式を行うシーンと馴染んでくれますよ。

ナチュラルに決めたいときは光沢感のないマットな明るめグレーがおすすめですが、華やかさを出したいのであれば、やや光沢感のあるグレーを選ぶのが◎
また、グレーはどの色と組み合わせても調和してくれるので、ネクタイやベストは二人のイメージに合わせて決めてみてくださいね。

新郎のタキシードの色によるイメージ【4】白のタキシード

白いタキシードを着た男性

ホワイトのタキシードは、ブラックと同じように結婚式で外せない定番色です。
ホワイトのタキシードを着た新郎は、純白のウェディングドレスを着た花嫁をエスコートする王子様のようで、とっても素敵ですよね。

花嫁と同じように主役級の存在感を演出してくれるので、“二人の結婚式”にふさわしい色だといえます。
ネクタイやベストなどもホワイトで統一した姿は、普段はあまり見られない姿でもあるので、花嫁をキュンとさせることができそうですよ。

爽やかな紳士になって、花嫁の手を引いてあげてください。

しかし、全身をホワイトで統一するのは「ハードルが高い」「膨張色だから気になる」という新郎も多くいるよう!
そのときは、他の色をプラスするのもおすすめですよ。

例えば、ネクタイやベスト、ポケットチーフを引き締めカラーであるブラックに変えるだけでも雰囲気が変わってきます。
また、パンツをブラックにすれば、全体のコーデをキュッと締めてくれますよ。
ぜひモノトーンでおしゃれに決めてみてくださいね。

新郎のタキシードの色によるイメージ【5】柄タキシード

柄タキシードを着た男性

「周りの新郎に差をつけたい」「一生に一度だから冒険したい」という新郎であれば、柄タキシードを選んでみてはいかがでしょうか。

結婚式で着るタキシードといえば無地のものが定番ですが、おしゃれな男性が増えていることから最近では柄物のタキシードを選ぶ新郎も多くいるそうです。
とはいえ、柄もたくさんあるので迷ってしまいますよね。

柄タキシードの中で定番なのは、グレンチェックなどのチェック柄、ストライプ柄、千鳥柄、ボタニカル柄です。
ボタニカル柄は存在感が強いので、シンプルなタキシードをベースに、ジャケットからさり気なく見せるのが流行っているそうですよ。

どの柄もブラックやネイビー、グレーの色のものが人気で、細いラインで淡いピンクなどが入っているとこなれて見せることができます。
「柄タキシードは気になるけど勇気がいる」というのであれば、蝶ネクタイをドット柄やチェック柄にしてもおしゃれですよ。

新郎がタキシードを選ぶときのポイント♡

新郎と新婦

タキシードの人気色のイメージはいかがでしたか?
どれも魅力的な色とイメージなので迷ってしまいますよね。
最後に新郎がタキシードを選ぶときのポイントをご紹介いたします。

《新郎がタキシードを選ぶときのポイント》
①体型に合わせる
②花嫁の衣装に合わせる
③結婚式のコンセプトに合わせる
④昼か夜の結婚式で決める
⑤お色直しの回数に合わせる

①~③は重要なポイントですよね。
その他にも、結婚式では昼か夜によってタキシードの衣装が変わってくるそうです。
昼間に行われる結婚式ではモーニングコート、夜に行われる結婚式では白と黒のタキシードが多いようなので、その点も踏まえて選ぶといいですよ。

また、挙式と披露宴を合わせて男性の衣装総数は2着が一般的だといわれているので、ビシッと決める方とおしゃれに決める方で分けるのもおすすめです。

新郎のタキシードの色によるイメージの違いについてご紹介させていただきました。
新郎の衣装も、ウェディングドレスと同じように全体のイメージを左右する重要なポイントになります。
それぞれの色の特徴を押さえて、素敵なタキシードを見つけてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。