興味のない男性に「これ以上好かれないための対策」5つ

LOVE

ただの知り合いとしか思っていない男性に、好意を抱かれて困ったことはありませんか?
自分のちょっとした言動がキッカケで、「俺に気があるのかな?」なんて、勘違いさせてしまうこともあるでしょう。
今回は、こんなときに使える「これ以上好かれないための対策」をご紹介します!

「これ以上好かれないための対策」① 忙しい女性を演じる

これ以上好かれたくないなら、忙しい女性を演じるという対策方法がおすすめ!

親しくない間柄の忙しい相手を食事に誘うのは、なかなか難しいですよね?
多忙な雰囲気を出すだけで、自然に距離ができることもありますよ。

デートに誘われたら、「しばらく慣れない仕事が続くので……」と言って断る。
LINE(ライン)が頻繁に来るなら返信を遅くして、「今、余裕がないのかな?」と思わせれば勝ちです!

「これ以上好かれないための対策」② 頼みごとや相談をしない

これ以上好かれたくないなら、好意を利用してはいけません。

ただの知り合いとしか思っていない男性に好意を抱かれたとき、お財布やタクシー代わりにする女性もいるようです。
このようなことを続けると、相手は「必要とされてるんだな〜」と勘違いしてしまうかもしれませんよ……。

好かれないための対策以前に、異性の好意を利用するのは最低です。
また、軽い女性に見える原因にもつながるでしょう。
良心を持っていたいなら、男性の好意を利用するのはやめてくださいね!

「これ以上好かれないための対策」③ 相手と正反対の男性がタイプと言う

これ以上好かれたくないなら、「相手と正反対の男性がタイプ」と伝えるのも1つの対策方法!

これは、自信過剰になりがちなイケメン肉食系や、高収入なハイスペック風男性に効果的な方法だといえます。

自信満々な肉食系男性に「素朴な顔の控えめな男性が好き」、自信満々なハイスペック風男性に「普通の職に就いている男性が理想」と言えば、予想外の言葉に驚くでしょう。

これは逆効果になる可能性もゼロではないので……相手と言葉をよく選んでから、実践してくださいね。

「これ以上好かれないための対策」④ 笑顔、お世辞笑いを減らす

これ以上好かれたくないなら、笑顔を封印するという対策方法もおすすめです。
封印とまではいかなくても、笑顔、そしてお世辞笑いも減らしたほうがいいですよ。

初対面の人、仕事関係者といるとき、相手が笑顔を見せてくれると、少しフレンドリーさが感じられますよね♪
このような場だと、緊張感を和らげる方法のひとつになるのですが、男女間だと、変な勘違いを招く原因につながることも……。

笑顔やお世辞笑いを減らすと、罪悪感が湧くと思いますが、このくらいしないと勘違いに気づいてもらえませんよ。
相手がリアクションを求めてきたとしても、必要最低限の笑顔でやり過ごしてください。

「これ以上好かれないための対策」⑤ そう簡単に近づけない女性を目指す

これ以上好かれたくないなら、そう簡単に近づけない女性を目指しましょう。
ただの知り合いとしか思っていない男性に、好意を抱かれることが多いなら、良くも悪くも普通の女性に見えてしまっているのかも。

好かれたのをキッカケに自分磨きをして、高嶺の花の女性を目指すのも対策方法の1つです。

高嶺の花の女性は非モテなんていいますが……素敵すぎる男性が寄ってくる女性でもあるといえます♡

高嶺の花の女性に抵抗があるなら、気の強い女性を演じるのもあり。
ブラック系の大柄ワンピースやクールなパンツを身につけるだけで、少し気が強そうに見えますよ!

そして、「押せば付き合えそう」と思われないためにも、自分の意思を持った言動を心がけてくださいね!

「これ以上好かれないための対策」をご紹介しました。
本当に距離を置きたいと思ったなら、対策をとりたいですが……感謝の気持ちを持って、一度相手と向き合ってみてもいいのでは?