男性が“実は引いてる”モテメイク!+ひと手間で激変するテク

BEAUTY

女子の間では「可愛い♡」と思われているメイク、実は男性から見ると、知らず知らずのうちに引かれていることも!
女性と男性の間にギャップがあり、実際に男性たちが思わず引いてしまった“モテメイク”の実態と、その回避テクニックをご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.10.07

実は男性が引いているモテメイク&回避法① ぷるぷるリップ

ぷるんとつややかなリップは、男性から見ると「思わずキスしたくなる♡」なんて言っているのは、女性目線から考えた“モテメイク”の罠なんです!

実際に男性の意見を聞いてみると、「食事デートでリップがテカテカだと、脂ギッシュな感じがして苦手!」「ベタベタしていそうなので、キスしたくない……」なんていう本音が隠されていました。

何でも適度なバランスが大切ですが、リップメイクだって同じなんです。男性に引かれないための「ぷるぷるリップ」回避法は、下記の3点がポイントです。

▶リップライナーで薄く輪郭をとり、きちんと感を演出。
▶はっきりカラーや人工的なツヤ感ではなく、「色付きリップ」程度の自然なツヤ感が目標。
▶テカテカしすぎるグロスは、ティッシュで軽くオフをする。

実は男性が引いているモテメイク&回避法② はみ出しキャットアイライン

目を切れ長に見せ、伏し目がちな表情をセクシーに見せるために女子が怠らないモテメイクと言えば、アイラインで演出するキャットライン♡

小悪魔的なセクシーな目元を狙ったつもりが、男性から見ると「横顔を見た時に、不自然にはみ出してるのが気になる!」「目の印象が強すぎて、引く!」という意見が続出しているんです……。

やっぱり、アイラインもやりすぎは禁物!
男性に引かれないためにも、しっかりと回避法をマスターしておきましょう。

▶アイラインを目じりからはみ出すのは5mmまでにとどめる。
▶角度は上にはねすぎないこと。
▶引いたラインは、ぼかす作業を忘れずに。
▶濃色のアイシャドウでアイラインを引くと自然に仕上がる。

実は男性が引いているモテメイク&回避法③ ツヤ肌メイク

ナチュラルな美肌を演出し、「スッピンだって美しい」感をアピールできるのが、ツヤ肌メイクの醍醐味♡
男性も、きっと「メイクしてないのに肌が綺麗なんだな、と思ってくれているに違いない♪」……なんて思ったら大きな間違い!

男性から見たツヤ肌メイクは、「ただ“テカっている”だけのように見える」や「夜に会った時にギラギラしてると怖い」などと不評なんです。

「ツヤ肌メイク」を通り越した「ギラギラメイク」にならないように、回避法をご紹介します。

▶ツヤ肌メイク時の下地は、皮脂吸着系を使用する。
▶ファンデーションは、肌の気になる部分だけに、薄く伸ばす。
▶ハイライトは、肌馴染みのいいゴールド系で自然に仕上げる。

実は男性が引いているモテメイク&回避法④ 黒目がちな瞳

今や、メイク以上にパッチリアイを叶えてくれる存在が、カラーコンタクトですよね。
カラコンなしでは外に出られない、と感じる女子が急増するほど人気のアイテム!

うるうるの大きな黒目は、さぞ男性ウケも良いのであろうと思ったら、ここにも大きな落とし穴がありました。
「あまりにも黒目が大きいと、不自然で宇宙人みたい!」といった意見や、「メイクを落とした時よりも、カラコンを外した時のすっぴん感がすごかった!」なんていう意見まで出ています。

カラコンにハマってしまう気持ちもありますが、下記の2点には注意しておきましょう。

▶カラコンは、ナチュラルな大きさのものや、自分の瞳に近い色を選ぶ。
▶どうしても自分の納得いくカラコンをつけたい時は、アイメークを極力ナチュラルにしましょう。“引き算”を心がけることが大切です。

実は男性が引いているモテメイク&回避法⑤ ぷっくり涙袋

整形手術が流行るほど、女子の間では「涙袋メイク」がブームに!
守ってあげたい可愛げな女の子に見えると人気の涙袋メイクは、やりすぎると男性に引かれてしまうようです。

「不自然に白く光っていると、あなたの目は大丈夫なの?と思ってしまう」「整形っぽくて不自然に感じる」という意見は多いもの。
一回やるとどんどん加速してしまう涙袋メイクも、いったんリセットして、下記の2点に注意しましょう!

▶肌馴染みの良い、クリーム系のハイライトで自然に仕上げる。
▶ハイライターはまず少量つけて、バランスを見ましょう。全体にのっぺりつけるのではなく、目頭だけ多めにつけ、あとは薄く仕上げるとナチュラルです。

あなたも、つい「やりすぎ」になっているモテメイクテクニックはありませんか?
男性が好きな顔は、ナチュラルでやりすぎていない雰囲気のメイクです。
これを忘れず、本当のモテメイクをマスターしましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。